芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2013/10/30

KARA 2nd JAPAN TOUR 2013「KARASIA」  鑑賞道

KARA 2nd JAPAN TOUR 2013「KARASIA」

【名古屋公演】
2013年10月29日(火)・30日(水)
日本ガイシホール
全席指定:8,880円


  


01.Lupin
02.ジャンピン
03.Pandora
04.Damaged Lady
05.2NIGHT
06.Miss U
07.Pretty Girl
08.We Will Rock You(スンヨンソロ)
09.KISSして(ギュリソロ)
10.We Found Love(ニコルソロ)
11.GLAMOROUS SKY(ハラソロ)
12.学園天国(ジヨンソロ)
13.ウィンターマジック
14.HANABI
15.RUNAWAY
16.バイバイハッピーデイズ!
17.ガールズパワー
18.DATE(My Boy)
19.サンキューサマーラブ
20.GO GO サマー!
21.ジェットコースターラブ
〜アンコール〜
22.ミスター
23.スウィート・デイズ
24.今、贈りたい「ありがとう」
25.STEP

KARAによる2nd JAPAN TOUR。
前回のツアーはチケットが確保できなかったので、念願の参戦。

今回のツアーは遊園地がコンセプトのようで、観覧車やジェットコースターなどのCG映像が流れたり、ピエロたちが曲芸を披露したりしていた。
登場も5人が空中ブランコに乗って上から降りてくるという趣向。

韓国語の曲も当然、何曲かはやるんだろうなとは思っていたけど、前半は日本語の曲は「ジャンピン」ぐらいで、ほとんどが韓国語の曲だったのには驚いた。しかも会場内はちゃんと韓国語で合いの手を入れている。一応、4thアルバムの「FULL BLOOM」は買ってあったが、ううむ、勉強不足であった。ライブだから出来る選曲だよなぁ。

中盤に入り、KARA KIDSという子供たちが登場。
最後にジヨンが着ぐるみ姿で参加。
その後、各自のソロパート。
まずはロックな衣裳に身を包んだスンヨンがクイーンの「We Will Rock You」。スンヨンは最後のMCでもWe will, we will→Rock you!のコール&レスポンスをやっていた。
続いてギュリがKOH+(柴咲コウ&福山雅治)の「KISSして」。カウボーイハットを客席に向かって投げていた。
ニコルはリアーナさんの「We Found Love」。やはりエロ担当のニコルらしく(あくまで私の認識)ベッドの上に横たわりながらの歌唱。ドラマでも使われていた曲だが、結構アレンジが変わっていてしばらく気づかなかった。
大阪では体調を崩してソロパートを後回しにしたというハラは、この日は何事もなく元気にステージを務めていた。曲は中島美嘉さんの「GLAMOROUS SKY」。
最後がジヨンの「学園天国」。制服姿が可愛いのなんの。客席を半分に分け、コール&レスポンスでどちらが大きな声が出るかの勝負。勝っても何もないし、どっちが勝ちでもなかったけど(笑)。

後半は日本語の曲が中心。
途中、ゴンドラに乗って客席後方のステージへ(よくバックステージと書いている人がいるけど、バックステージだと舞台裏になってしまうのだけど)。

アンコールの掛け声は特に統一されていない模様。
「KARASIA」と言っている人もいれば、「アンコール」の人も。
すると画面に「アンコール?」と表示され、ハロウィンということでモンスターのマスクをかぶって再登場。
最後の「STEP」でもカラフルなアフロのかつらをつけて歌っていた。

というわけで初参戦のKARASIA、非常に満足であった。
KARAはやはり5人が5人とも華があり、1人でも充分にやっていけるという点が素晴らしい。客を楽しませようとしているのはもちろん、自分たちもライブを楽しんでいるのが伝わってくる。
日本語のMCは時折たどたどしいところもありながら、特にジヨンは名古屋弁を積極的に取り入れていて可愛いのなんの(2回目)。ただ、名古屋と言えばひつまぶしと言うことで、「ひつまぶ」「しー」のコール&レスポンスはどうかと思うけど(そもそも「しー」が言いにくい。笑)。
5人の中ではそれほどいいと思っていなかったニコルですら、実際に動いているところを見ると魅力的。最後のMCでははっきりとは言明しなかったが、報道通りに脱退するとしたら残念。ひょっとしたらこれが見納めということになるのかな
…。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ