芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/11/23

『スープ〜生まれ変わりの物語〜』  映画道

『スープ』

2012年日本映画 117分
脚本・監督:大塚祐吉
原作:森田健『生まれ変わりの村』(河出書房新社)
撮影:豊田実  美術:山下修侍  編集:米田博之
音楽:安部潤  主題歌:wacci「会いにいくよ」
出演:生瀬勝久(渋谷健一)、小西真奈美(綾瀬由美)、刈谷友衣子(渋谷美加)、松方弘樹(石田努)、古田新太(近藤一)、野村周平(三上直行)、広瀬アリス(美崎瞳)、橋本愛(西村千秋)、大後寿々花(矢野歩)、羽野晶紀[特別出演](石田の母)、伊藤歩(16年後の渋谷美加)、入江雅人(直行の父)、堀内敬子(直行の母)、凜華せら(後藤未来)、堀部圭亮(ボランティアの男)、池田鉄洋(あの世に来た男)、谷村美月(ボランティアの女)、山口紗弥加(花屋店長)、山口香緒里(健一の元妻)、水野今日香(スープガール)、みやなおこ(千春の母)、小松利昌、上田結、奥村佳恵、今村美歩(花屋の店員)、奥田ワレタ(直行の担任)、六角慎司(教師)、竹下宏太郎(体育教師)、蒼あんな、蒼れいな、栞菜、中嶋和也(片山悦夫)


   


うだつのあがらない中年男性の渋谷健一は、何をやるにも生気が感じられない。妻とは5年前に離婚し、それがきっかけで娘の美加とはギクシャクする日々を送っていた。美加の15歳の誕生日、学校をサボった美加と友人の千春が万引きをしたと連絡が入る。店からの帰り道、渋谷は思わず美加を引っ叩いてしう。その翌日、出張中の渋谷と、上司の綾瀬由美の頭上に突如、落雷が直撃。目を覚ました二人が立っていたのは死後の世界だった。渋谷はかつての取引相手で半年前に亡くなった石田に再会し、伝説のスープの存在を知る。そのスープを飲めば来世に別人として生まれ変われるが、前世の記憶が失われると聞き、スープを飲むことを頑なに拒否する渋谷。だが、矢野歩から前世の記憶を持ったまま3回も生まれ変わったという近藤一という男の話を聞き、その秘密を教えてもらいに行く。16年後。渋谷は高校生の三上直行として生まれ変わり、同級生の美崎瞳が石田の生まれ変わりだと知って驚く。更に転校生の西村千秋が綾瀬の生まれ変わりだと直感する渋谷だったが、前世の記憶がない綾瀬は冷たく接する。やがて美加の居場所を突き止めた渋谷は、美加が結婚を控えていることを知る。

生瀬勝久さん初の単独主演作。

ま、ファンタジーではあるのだが、生まれ変わってから16年も待ってようやく思いを伝えるとは随分、悠長な話なことで。伊藤歩さんの好演もあって、花嫁姿の娘との再会シーンはなかなかよかったけど。
ただ、ちょっとところどころ感情が繋がらない面があって、最初は前世の記憶を持ったまま生き返る方法を教えようとしなかった近藤が急に教えてくれたり、それまで渋谷のことを決して快くは思っていなかった綾瀬が最後に抱きついてきたり…。そもそも近藤は3回も生き返っておきながら、渋谷が前世の記憶を持ったまま生き返ることに反対するのだけど、普通なら1回生まれ変わったところでその結論に達するんじゃないか?(笑)

キューブが製作にくわわっているだけあって、主演の生瀬さん以下、古田さん、入江さん、堀内さん…と所属俳優が続々。奥田ワレタさんまで出ているとは。でも『赤い糸の女』の奥村佳恵さんには気づけず。
しかし谷村美月さんにしても大後寿々花さんにしても、あれだけの出演とは何とももったいない…。広瀬アリスさんは松方弘樹さんが生まれ変わった姿だと想像するだけで笑えてきた。


★★1/2

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ