芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2012/3/28

連続テレビ小説『カーネーション』最終週「あなたの愛は生きています」(148)  『カーネーション』道

作:渡辺あや
音楽:佐藤直紀  演奏:フェイスミュージック
主題歌:「カーネーション」椎名林檎

出演:夏木マリ(小原糸子)、新山千春(小原優子)、あめくみちこ(川上)、竹内都子(山口孝枝)、小笹将継(水野浩二)、中山卓也(篠山真)、千田訓子(フミ子)、西園寺章雄(院長)、徳田尚美(看護師長)、伊吹友木子(糸子の客)、森畑結美子(その娘)、野田琴乃(小原優子・回想)、森川航(周防の息子・回想)、日本芸能センター、テアトルアカデミー、劇団ひまわり、劇団東俳、放映新社、NAC


完全版DVD-BOX 1は3月21日発売!
   


平成17年(2005)12月。白髪の女性客は同い年の糸子がまだ現役でデザイナーをやっていることが嬉しいと言い、糸子はまだまだどころではなく、これからだと言う。そこへ優子から電話がかかってくる。孝枝は来週水曜は空いていないと答え、スケジュールを確認して前日が名古屋で講演で、翌日は岸和田への移動日だが、今の体でそんなに無理をさせるわけにもいかないと返答する。迎えの車が来たため、客は娘とともに店を出る。見送りに出るフミ子。糸子の携帯電話が鳴る。それは優子からのもので、糸子は来週の水曜の用件を引き受ける。昼食時、孝枝は糸子の体の心配をしながら必死に組んでいるのにアホらしくなると言いながら、薬を準備する。優子も本気で体のことなんか考えてないという孝枝は、糸子の前に薬を置くと、親子揃って好きなだけ仕事したらいい、どうなっても知らないと怒って立ち去る。糸子は水野、篠山、フミ子に後でなにか機嫌を取っておくように言うが、誰も相手にしない。優子から頼まれたのは東京の病院での講演で、優子が引き受けていたが、どうしても都合が悪くなってしまったのだった。院長はより含蓄のある話が聞けそうだと言い、前の看護師長の川上もボランティアでいいからと手伝いに来ていた。川上は岸和田に住んでいたことがあり、友人から病院のファッションショーの新聞記事を送ってもらって感動したと話す。講演会が始まり、職員たちに自己紹介をする糸子。洋服を作ることに生涯を捧げてきた糸子が、医療の現場の皆さんにお話しできることはただ一つと話し始める。講演が終わり、孝枝は優子に連絡を入れる。院長と看護師長が挨拶を済ませて立ち去った後、孝枝は玄関に着いた優子を迎えに行く。川上は糸子にお茶を出し、タクシーの時間になったら迎えに来ると言って立ち去ろうとするが、糸子は川上に声をかけて話を始める。糸子の話が素晴らしくて何度も涙が出たと言う川上に、岸和田の看護師長を紹介すると請け合う糸子。岸和田には24歳までいて、結婚で東京に来たという川上は、岸和田弁が出ないのは10歳まで長崎にいたからだと言う。それを聞いて何かを感じる糸子。死んだ父が一時、糸子の世話になっていたという川上の言葉を聞き、「おたくどちらさん?」と尋ねる糸子。川上は周防龍一の娘だと名乗る。到着した優子はその会話を聞いて驚く。涙を溜める糸子を見た川上は謝罪をして立ち去る。川上の後を追う優子。孝枝は泣き続ける糸子の背中をさすってやる。川上と優子はベンチに座って話をする。子供の頃、弟が優子を突き飛ばしたことを詫びる川上。優子は母が申し訳ありませんでしたと頭を下げる。川上は人を憎むというのは苦しいものだが、ただ一つ救いだったのは父の相手が糸子だったということだと言う。憎むには当たらない方だと年を取ってから思えるようになったという川上は、汚い感情がまったくなかったかと言えば嘘になるが、さっき糸子の目を見て消えた、糸子もずっと思い続けて生きてくれたのだと思ったと泣きながら話す。川上の話を聞いて優子も涙を流す。「長い長い記憶を持ってる。それが年寄りの醍醐味とも言える。守り続けて闇の内に葬るはずやったもんがうっかり開いてまうこともある。老いぼれた体に轟くこと、打ちのめすこと、容赦のうて。ほんでも、これを見る為に生きて来たような気もする」と考える糸子。

昨日から半年が経過して糸子は92歳。
携帯電話なんて持っていたんですね。
いくら孝枝が糸子の体のことを考えてスケジュール管理をしても、直接頼まれてしまっては防ぎようがありませんわな。

そんな優子の依頼が病院での講演。
病院に縁がありますなぁ(笑)。
そこで現れたのが川上なる女性。
最終週ですから、周防も何らかの形でストーリーに絡んでくるとは思いましたが、こう来ましたか。2005年現在、優子が68歳ですから、周防の娘も70歳ぐらいにはなっているはずですが、両者ともそうは見えませんけどね。
娘の口からさらっと言われていましたが、周防は既に他界したようですね。
まぁ周防の場合、誰が演じてもブーイングが出たでしょうから(下手したら糸子以上に)これで正解かも。ちなみに北村もほっしゃん。が演じる北村より魅力的な北村というのが思い浮かばずに死んでもらうことになったとか(笑)。

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ
にほんブログ村
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ