芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2007/4/30

「The World Is Tilting」(2)  筒井道

Notes on "The World Is Tilting"

"The World Is Tilting"も結構長いですね。
その上、手強そうな感じ。ま、ボチボチいきまひょ。
なお、記事中のページ数、行数は英訳本のものを示しています。原文からの引用は『夜のコント・冬のコント』を参照し、「 」で表しました。



続きを読む
0

2007/4/29

『神童』  映画道

『神童』

2007年日本映画 120分
監督:萩生田宏治  脚本:向井康介  原作:さそうあきら
出演:成海璃子(成瀬うた)、松山ケンイチ(菊名和音)、手塚理美(成瀬美香)、柄本明(菊名久)、甲本雅裕(調律師・長崎和夫)、西島秀俊(成瀬光一郎)、貫地谷しほり(加茂川香音)、串田和美(御子柴教授)、吉田日出子(桂教授)、浅野和之(小宮山教授)、キムラ緑子(菊名正子)、三浦友理枝(相原こずえ)、岡田慶太(池山晋)、佐藤和也(森本)、安藤玉恵(三島キク子)、柳英里沙(女子中学生)、賀来賢人(清水賢司)、相築あきこ(体育教師)、頭師佳孝(井上)、モーガン・フィッシャー(リヒテンシュタイン)、竹本泰蔵(指揮者)、田口主将(主催者)、鈴木淳評(試験の係員)、さそうあきら(審査員)
ピアノ演奏:和久井冬麦(asうた)、清塚信也(asワオ)



続きを読む
0

2007/4/28

台湾ドラマ『地下鉄(メトロ)の恋』  鑑賞道

『地下鉄(メトロ)の恋』
Sound of Colors

2006年台湾ドラマ 全21話
監督:陳家霖(チェン・カーリン)、張敏(チョン・マン)
脚本:地下鐵創作組  原作:幾米(ジミー)『地下鉄』
出演:霍建華[ウォレス・フォ](陸雲翔/ルー・ユンシャン)、林心如[ルビー・リン](傳晶晶/フー・ジンジン)、郝蕾[ハオ・レー](傳明明/フー・ミンミン)、黄【孟力】[ファン・モン](范陽/ファン・ヤン)、孫興[スン・シン](程高/チェン・カオ)



続きを読む
0

2007/4/27

「The World Is Tilting」(1)  筒井道

英国のAlma Booksより出版された筒井康隆さんの英訳短篇集『Salmonella Men on Planet Porno』(訳・Andrew Driver)に収録された作品を少しずつ紹介しています。
そうそう、発売が遅れていたアメリカ版も今月25日に無事、刊行されたようです。

第9弾は「The World Is Tilting(傾いた世界)」
原作は1989年、「小説新潮」新春号に掲載され、短篇集『夜のコント・冬のコント』(新潮社)に収録されました。現在では新潮文庫から刊行された自選ドタバタ傑作集『傾いた世界』で読むことができます。
これまで1970年代の作品が続いていましたが、ちょっと最近の作品ですね。



続きを読む
0

2007/4/26

Julian Barnes「Arthur & George」  筒井道

Arthur & George

著者:Julian Barnes(ジュリアン・バーンズ)
出版社:Vintage(2005年初版)



続きを読む
0

2007/4/25

『フランシスコの2人の息子』  映画道

『フランシスコの2人の息子』
2 FILHOS DE FRANCISCO - A História de Zezé di Camargo & Luciano

2005年ブラジル映画 124分
監督・製作・脚本協力:ブレノ・シウヴェイラ
脚本:パトリシア・アンドラージ、カロリーナ・コトショ
製作・脚本協力:ルシアーノ・カマルゴ  脚本協力:ドミンゴス・ヂ・オリヴェイラ
出演:アンジェロ・アントニオ(フランシスコ・ジョゼ・ヂ・カマルゴ)、ジラ・パエス(エレーナ・シケイラ・ヂ・カマルゴ)、マルシオ・ケーリング(ミロスマル/ゼゼ)、チアゴ・メンドンサ(ウェルソン/ルシアーノ)、パロマ・ドゥアルテ(ジルー)、ダブリオ・モレイラ(少年時代のミロズマル)、マルコス・エンヒケ(エミヴァウ)、ジョゼ・ドゥモン(ミランダ)、リマ・ドゥアルチ(ベネディト)、ゼゼ・ヂ・カマルゴ(本人)、ルシアーノ・カマルゴ(本人)、フランシスコ・ジョゼ・ヂ・カマルゴ(本人)、エレーナ・シケイラ・ヂ・カマルゴ(本人)



続きを読む
0

2007/4/24

『檸檬のころ』  映画道

『檸檬のころ』
れもんのころ

2007年日本映画 113分
脚本・監督:岩田ユキ  原作:豊島ミホ
撮影:小松原茂  美術:仲前智治  衣装:青木茂  編集:日下部元孝
音楽:加羽沢美濃  主題歌:林直次郎(平川地一丁目)「hikari〜檸檬のころ〜」
出演:榮倉奈々(秋元加代子)、谷村美月(白田恵)、柄本佑(佐々木富蔵)、石田法嗣(西巧)、林直次郎[平川地一丁目](辻本一也)、浜崎貴司(担任・丹波先生)、石井正則 [アリtoキリギリス](金子晋平)、織本順吉(金子商店主人)、大地康雄[特別出演](白田恵の父)、中村麻美(保健室・咲子先生)、山田辰夫(秋元加代子の父)、伊藤さやか(秋元加代子の母)、田島ゆみか(大住志摩)、波瑠(吉井薫)、島田悟志(ドラムス・林尚弘)、嶋崎徹(ヴォーカル・藤山剛史)、小林百合子(白田恵の母)、仲村瑠璃亜(高塚のぞみ)、田村恵利(永井美香)、積田佳代子(柿谷真希子)、吉野憲輝(白田恵の弟)、新島成孝(佐々木章蔵)、吉田涼(佐々木海老蔵)、佐藤望[RADIO BERRY](ラジオの声)



続きを読む
0

2007/4/24

『孔雀 我が家の風景』  映画道

『孔雀 我が家の風景』
孔雀 PEACOCK

2005年中国映画 136分
監督・製作:顧長衛(クー・チャンウェイ)  脚本:李檣(リー・チャン)
出演:張靜初[チャン・チンチュー](カオ・ウェイホン)、馮瓅[ファン・リー](兄カオ・ウェイクオ)、呂玉來[ルゥ・ユウライ](弟カオ・ウェイチャン)、フォアン・メイイン(母)、チャオ・イーウェイ(父)



続きを読む
0

2007/4/23

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』  映画道

『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』

2007年日本映画 142分
監督:松岡錠司  脚本:松尾スズキ  原作:リリー・フランキー
出演:オダギリジョー(ボク・中川雅也)、樹木希林(オカン・中川栄子)、内田也哉子(若い頃のオカン)、小林薫(オトン)、松たか子(ミズエ)、冨浦智嗣(中学、高校時代のボク)、田中祥平(小学校時代のボク)、谷端奏人(幼少時代のボク)、渡辺美佐子(筑豊のばあちゃん)、佐々木すみ江(小倉のばあちゃん)、原知佐子(現在のノブエおばさん)、結城美栄子(現在のみえ子おばさん)、猫背椿(ブーブおばさん)、伊藤歩(タマミ)、勝地涼(平栗)、平山広行(磯山)、荒川良々(えのもと)、辻修(ホセ)、寺島進(ハイカラな男)、小島聖(若い頃のノブエおばさん)、吉本菜穂子 (若い頃のみえ子おばさん)、光石研(小料理屋の客)、千石規子(病院の借家の老婆)、仲村トオル(ラジオ局のディレクター)、土屋久美子(高校の女教師)、小泉今日子(不動産屋の事務員)、板尾創路(「かっぱ」の客)、六角精児(編集長)、宮崎あおい(アイドルDJ)、田口トモロヲ(郵便配達)、松田美由紀(中目黒の大家)、柄本明(笹塚の診療所の医者)、田中哲司(東京の病院の医者)、塩見三省(葬儀屋)、岩松了(催促する編集者の声)、江本純子(風俗嬢C)、安藤玉恵(風俗嬢A)、栗原瞳(風俗嬢B)、麻里也(堕落した日々の彼女)、竹下玲奈(大学時代の彼女)、小林麻子(似顔絵教室の女子社員)、ぼくもとさきこ(東京の看護婦)



続きを読む
0

2007/4/22

『北斎とお栄』  演劇道

『北斎とお栄』
HOKUSAI TO OEI

クリックすると元のサイズで表示します

《ハポンフェスティバル2007》
2007年4月11日(水)〜22日(日)
K・D Japon
予約:3,.000円  当日:3,300円  別途ドリンク代500円

作・演出・美術・音楽・振付:原智彦  主題歌:知久寿焼(ex.たま)
映像:真月洋子  宣伝美術:アマノテンガイ
出演:原智彦(北斎)、夕沈(お栄)、村松優子(花魁)、野畑幸治(力士)、青木佳文(力士)、水野孝彦(力士)
芸者&ムシ:湯浅美奈、長浦恵、森川アオイ、大澤鮎美、中西菜津希、中川貴美子、田口明里、安藤鮎子、あたしよしこ、樋口仁志、松下拓真、柏木綾子、伊神多恵子、女々子、夢々子、脇山康貴、奥村明日香、鏡味ちえこ、鈴木裕子
続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ