芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2009/9/19

連続テレビ小説『つばさ』(150)  『つばさ』道

第25週「最後のラブレター」(第150回)

作:戸田山雅司
音楽:住友紀人
主題歌:アンジェラ・アキ「愛の季節」
語り・ラジオの男:イッセー尾形

出演:多部未華子(玉木つばさ)、高畑淳子(玉木加乃子)、中村梅雀(玉木竹雄)、金田明夫(宇津木泰典)、佐戸井けん太(鈴本宏夫)、井上和香(篠田麻子)、小柳友(大谷翔太)、冨浦智嗣(玉木知秋)、広岡由里子(宇津木佑子)、ROLLY[ローリー](浪岡正太郎)、脇知弘(ロナウ二郎)、三浦アキフミ(鈴本俊輔)、吉田桂子(宇津木万里)、インペリオ・ド・サンバ、エンゼルプロ、テアトルアカデミー、劇団ひまわり、山本未來(横矢みちる)、宅間孝行(真瀬昌彦)、松本明子(丸山伸子)、手塚理美(大谷佐知江)、西城秀樹(斎藤浩徳・回想)、冨士眞奈美(城之内房子)

タイトルバック制作:佐内正史  脚本協力:今井雅子
撮影協力:埼玉県、埼玉県川越市


『つばさ 完全版 DVD-BOX I』発売中。『同 II』は10月21日発売予定。



川越キネマでの最後の放送が始まり、ファックスやメールでメッセージが届けられる。竹雄、加乃子、知秋があまたまを差し入れに来訪、麻子も料理を作って持ってくる。名残を惜しむ人たちが一人また一人と集まってくる。家族のように集まる広場になることができたと言うつばさの放送を聴き、ラジオをつかむ房子。麻子はつばさのインタビューに対し、店の雰囲気は客が作るものであり、川越キネマのあったかくてほっとする雰囲気も皆さんが作ったと答える。他のリスナーにもインタビューを続けるつばさを見ながら、佐知江は翔太に「つばさちゃんかぁ。もう少し女心ってものが分かってたらね」と言う。真瀬は「なんでもクエスチョン」のコーナーでどうして川越キネマにラジオぽてとを開いたのかに答える。川越でコミュニティ放送を開こうと思い立った真瀬が最初にしたのは場所探しだった。川越キネマに案内された瞬間、声が聞こえた気がしたと言う真瀬は、たくさんの人が過ごした幸せな時間が息づいているキネマが人と人を繋ぐラジオ局にぴったりで、街のみんなが集まれる広場になれると思ったと話す。みちるは今の真瀬を千波に見せてあげたいと言う。夕刻。ラジオを通して人と人を繋ぎたいと放送をしてきたが、繋いでもらってるのは私の方でしたと話すつばさ。壁にはたくさんの人たちからのラブレターが集まっていた。市民が壁にメッセージを書いているのを見ながら、真瀬は翔太に人と人を繋いできたのは川越キネマという場所の力ではなく自分の力だということに気づいていないと言い、翔太は斎藤がつばさは太陽だ、会う人を明るく照らし、人と人を隔てる冷たい壁を溶かしてしまうと言っていたと話す。日が暮れ、房子が伸子と様子を見に来る。敵情視察としてラジオを房子に渡す伸子。つばさは最後に川越キネマを街の広場にしようとしたある人が祭りを見せると言っていたと話し、「カーニバルに涙はいりません。人生には思うようにならないこともあるけど、笑って踊って吹き飛ばしましょう」とサンバをかける。踊り出す市民たち。そこへ覆面をかぶった鈴本と俊輔が来る。鈴本が房子に気づいて慌てていると、宇津木夫妻がやってきて房子たちも押されて中に入る。踊り続ける一同。つばさは「それでは川越キネマから…さようなら」と番組を締めくくる。ブースから出て集まった市民に礼を言うつばさたち。房子にも礼を言うが、房子は川越キネマにはロクな思い出がないと突っぱね、自分がやりたいことを先にやっていたつばさたちが目障りだったと言う。つばさに水を向けられ、知秋が置いた台に乗って観光物産館に対する思いを語る房子。「建設予定地は」と言葉を飲んだ房子は、「これから探します」と言う。ざわめく一同。つばさは房子の言葉に驚きながらも、笑顔を見せて頭を下げる。一同とともに涙を流して喜ぶつばさ。サンバダンサーが現れ、房子も混じって踊り始める。帰り際、みちるはつばさを呼び寄せ、真瀬と翔太を見てどっちにするのか尋ねる。何を話しているのかと聞かれてごまかすつばさ。みちるが去り、房子が出てくる。房子は私からのラブレターとして封筒を手渡す。中身を見て驚くつばさ。帰宅して、房子が蔵造り通りの店を貸してくれることになったと聞いた玉木家は大喜びする。

おいおい、真瀬さんよ。「人と人を繋ぐラジオ局」はつばさの受け売りだし、「街のみんなが集まれる広場」というのも斎藤が言ってたことじゃないの。よくもまぁいけしゃあしゃあと川越キネマを紹介された時に声が聞こえたとか言えたもんだ。つばさが来るまでほとんど行動してなかったくせに(笑)。
あと、昨日前振りしていたんだから、浪岡と二郎がコーナーを担当している様子もちゃんと映しておかないと。1カット入れるだけで充分なのにそれをしないんだよなぁ。

さて『つばさ』もあと1週間。
何だかんだ言ってきましたが、本日の多部ちゃんの涙を見たらすべて許せてしまいますね(笑)。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ