芦川いづみさんデビュー65周年記念 DVD10タイトル発売!

2008/7/25

「Salmonella Men on Planet Porno」(11)  筒井道

タタミカバやクジリモを乗り越えて。




<p.218>
 l. 3-4 on the move 動いて
 l. 5-6 dark and eerily foreboding 暗くて気味が悪いほど不吉な →「百鬼夜行と思える」
 l. 9 come in handy 役に立つ、助けになる
 l.13 a multi-species regenerative system 多者再生系
 l.16 mammal(s) 哺乳類
    ◆ワニなのに(笑)。
 l.20 risible 滑稽な
    fabricate(d) 作り上げる、でっち上げる
 l.23 reptile(s) 爬虫類
    amphibian(s) 両棲類
    die out 死に絶える
 l.24 the Mesozoic 中生代
    ◆三畳紀(Triassic)、ジュラ紀(Jurassic)、白亜紀(Cretaceous)に分けられます。
 l.25 be stuck for 〜に窮して、詰まって
 l.28 in the nick of time 際どい時に
 l.31 mating 交尾
 l.34 organ rupture 内臓破裂
 l.36 have it off 性交する →「交尾(さか)」る
    ◆与八らしい物言いですね。

<p.219>
 l. 4 regardless とにかく
 l. 6 incorporate(s) …を組み入れる
 l. 8 expression 発現
 l. 9 in any case いずれにせよ
 l.15 unproductive 不毛の
 l.17 muffled 不明瞭な
 l.18 what's more その上
 l.23 adaptive concentration 適応集中
    ◆説明しよう(byヤッターマン)。「適応集中」とは異なる生物でも、
    環境に適応して似た形態に変わっていくことである。
 l.24 marsupial(s) 有袋類
 l.26 undergo(underwent) 経験する
    adaptive radiation 適応放散
 l.27 diverge(d) 分岐する
 l.28 epitherian(s) 後獣類
    ◆辞書には見当たらず…。
 l.29 eutherian(s) 真獣類 
 l.31 a jumping hare トビウサギ
 l.32 Tasmanian tiger-wolf フクロオオカミ
 l.32-33 a northern marsupial mole フクロモグラ
 l.33 akin 似通って、類似して
    a koala コアラ →「フクログマ」
    ◆フクログマってコアラのことだったのか!
 l.33-34 a rabbit-eared bandicoot フクロウサギ
     ◆bandicootだけだと「フクロアナグマ」。
 l.34-35 a common brushtail possum フクロギツネ
 l.35 a dasyure フクロネコ
 l.36 an opossum フクロネズミ →「フクロリス」
    a mouse ネズミ →「リス」

<p.220>
 l. 2 pouch(es) 育児嚢(のう)
 l. 4 Fujioni Ishiwara イシワーラ・フジオーニ
    ◆元ネタは石原藤夫氏ですね。
 l. 5-6 genetic-information carrier(s) 遺伝情報物質
 l. 6 scope 範囲
 l. 7-8 the Law of Universal Orthogenesis 「万有定向法則」
     ◆orthogenesisは「定向進化」

…議論の途中ですがこの辺で。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ