2005/8/30

大量発生する生き物、続き  

クリックすると元のサイズで表示します
モクズガニ、というカニを御存じだろうか?
全国の河川に広く分布する、あまり珍しくはないカニだ。
うちの近所の相模川等にも生息している、中型のカニである。
名前の通り両手(?)のハサミに藻くずを生やし、
もし色鮮やかならば、甲殻類のチアリーダーといったところ。

で、こいつが実はあの「上海ガニ」と物凄く近縁なのだそうだ。
最近のグルメブームによって、生きた上海ガニが大量に
輸入される昨今、逃げた上海ガニとの交雑が懸念されているらしい。

ええええっ、その辺の川で上海ガニが捕れるようになるかもっ?
自然環境の破壊ではあるが、旨くもないブラックバスが増えるより
上海ガニが増えるなら、世間の風当たりも強くないのではないか?

などと妄想していたら、すでに環境省が上海ガニの
取扱いに関するガイドラインを作成したらしい。

ごもっともで。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ