2005/8/28

かゆい!  

クリックすると元のサイズで表示します
駐車場の草刈りをした。
未舗装の駐車場のため、草が生え放題だったのだ。
そのため常に周囲の湿度が高く、車とバイクの
錆の進行に絶大な貢献をしてくれやがるのだ。

しかも、やぶ蚊が大量に生息していて、
バイクと車のメンテ時に猛攻を受けざるをえなかった。
そこで、その生息環境の破壊を目論んだのである。

しかし、なんで蚊というのはあんな生物に進化したのだろうか。
少々の血液ならケチケチせずにくれてやるというのに、
わざわざカユミという不快感を残して不興を買うマネをする。
おまけに独特の羽音がまたじつに不愉快。
カユミと羽音という敵対行為で、発見次第虐殺されてしまうのだ。
適者生存の仕組みからすると、大きな過ちだと思うのだが。


無音で飛び、吸血時に快感物質でも注入する蚊がいたら、
血液を10ccくらいまでなら差し上げる覚悟は、ある。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ