2018/9/2  17:52

SU-37 Super Flanker  飛行機模型

SU-37 Super Flanker

Mini Hobby Models 1/48 Made in China

 

ちょっと都合がありまして、随分と間があいてしまいました。

こんな景色がみえる部屋で半月弱ほど暮らしておりました()
クリックすると元のサイズで表示します

 

ボチボチと再開していますが、あれこれ、あちこち、アラが目につきだしまして、

なんかエンドレスなカンジでヤスリ続けています。


それでもやっとこ、水平尾翼が取りつきまして、垂直、ベントラルフィン、カナード

をテープ組をしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

うう〜ん。。。なんとかカタチにはなってくれそうです。

                しかし


削った分だけ、彫起こしが必要になるので、気がおも〜い。。

0

2018/8/14  22:57

SU-37 Super Flanker  飛行機模型

SU-37 Super Flanker

Mini Hobby Models 1/48 Made in China

 

 

予想以上のガッタガタぶりに、ちょっと中断すると、なかなか再開できない状態

が続いています。
  

なんとも似ていない機首レドームのカタチを修正しました
クリックすると元のサイズで表示します

こんなものかな??


インテークは、幅不足なのでプラ板はさんで、広げます
クリックすると元のサイズで表示します

パテも一回では収まらないので、削ったあとにも再度パテ盛り・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

主車輪の格納部分はココ丸くするんだよね・・・きっと
クリックすると元のサイズで表示します

なんとかフランカーには見えてきたかな?
クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/8/7  18:58

SU-37 Super Flanker  飛行機模型

SU-37 Super Flanker

Mini Hobby Models1/48 Made in China

 

中国製のキットの初期のもので、アカデミーのコピー品らしい。 初期の中華パクリ

とくれば、キットの出来は推して知るべし ┐( -“-)┌ヤレヤレ

神田神保町の不気味なエレベーターでのぼる、ウラモデル屋さんで、ただ安いという

理由だけで買ってから、10数年・・・・今般これが作品展のテーマになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

 

SU-35に推力偏向ノズルを付けたのがSU-37で、結果的に実験機どまりとなった

機体です。   偏向ノズルの動画はYoutubeで見られますが、どういった仕掛け

なのか、生き物のどこかの器官のような不気味な動きを見せます。

 

 

先のバッカニア並みに変形がひどく、小さいパーツまで押しピン跡や

尾翼や動翼(別パーツ)の分厚さはなんなんだ??

パクるなら、もっと性根を据えてしっかりパクったらどうなんだ??・・・・って思う。。

 

 

多大な時間を費やし、多量のプラ粉を生産?し、いまココ
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

双垂直尾翼の大きさはこれでよいのか?? 大きすぎ??

クリックすると元のサイズで表示します

機首にオモリを仕込みましたが、固定用のパテとレドームパーツをふくみ
37g・・・重い。。
接着は強化しないとね。。

1

2018/7/28  21:37

MIG-23 Flogger  飛行機模型

USSR MIG-23  Flogger

ITALERI 1/48

 

迷彩色とパターンに関して、もっと資料を見るようにご指導を頂ていますが、

70年代のカラー画像と現代の用途廃止展示機やゲートガードでは、本当の

色は無理だと思ったんですよね。

・・・っという訳で 他の塗装例の色指定に疑問のあるイタレリ指定ではありますが、

一応FSナンバー(東側でも有効か??)での指定ですので、それに従い完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 

可変翼のピボットがなんとも頼りない造りですので、翼を水平に揃えるのに多少の

仕掛けが必要でした。

クリックすると元のサイズで表示します

全体的にはボカシを入れたおかげで、かなり迷彩塗装らしくなりまして、実戦機の

雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

デカールは、よく見ないと分からなかったのですが、カルトグラーフでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チェコスロバキアのラウンデルは胴体、翼面、左右それぞれに方向の規則があるのですが

塗装図はテキトーで方向角度もウソクサイ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

画像の色は、光線(撮影時期時刻)で変化するので、あてにはならないというのが持論です。

印刷物やカラーチャートも経年変化には無縁ではありませんので、その場その場での最適解

を採用して納得しています。

エッシー原産なうえに、なじみの薄いチェコスロバキア空軍のMIG-23に、それほどの調査時間

をかけるといったマインドを持ち合わせておりませんので、ほどほどということで・・・・

 

素直に銀色のソ連機にすべきだったかな??

銀色だと、表面のディティールが決定的に不足しているのよね〜このキット///Orz

だから、迷彩塗装を選んで、ヨゴシも入れて雰囲気を出したつもりなんだが・・・・


2

2018/7/20  13:35

MIG-23 Flogger  飛行機模型

USSR MIG-23  Flogger

ITALERI 1/48

 

指定通りの色を使い、迷彩塗装をしました。

事前にGoogleマップでチェコの地面の色を観察しましたが、#310は濃いかな・・・・

濃緑色はもっと黒いかな・・・

と思いながら、指定色で塗装しましたが、どうでしょうか・・・・

クリックすると元のサイズで表示します 

 これから、境界をボカシていきます。。。。前作に続いてエンドレスにならなきゃいいが。。。

 

塗料を切り替えるたびにピースを洗いますので、ツールクリーナー(エンジンシンナー)の

減り方が激しい。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ