2019/9/14  14:19

JA-37 VIGGEN1/48  飛行機模型

SAAB JA-37 JACTVIGGEN

スウェーデン空軍戦闘攻撃機

サーブ JA37 ヤクトビゲン  ESCII 1/48

 

北欧の稲妻 スウェーデン空軍のビゲン戦闘攻撃機です。
クリックすると元のサイズで表示します 

ビゲン=サンダーボルト=雷電でありますね。。。。太目なところが共通なのがなんとも・・・・


調べてみますと、このキットは箱替えで1980の発売となっていますので、40年もの間

眠っていた勘定になります。  

模型仲間からのもらい物なのですが、ウチに来てからでも20年くらいかな??
陸自ヘリコプターがクラブテーマの年で、陸自のりっくんランド展示のそのあとのはず・・・・


ですから1718年かもしれません。。。残念ながら、記録も記憶もありません(笑)


まぁESCIIであれば、イタレリ版も含めてケッコウな数をサバいている実績があるのですが、

このキットに食指が動かなかったのは、森林迷彩の4色塗装がネックになっていたからです。


一口に森林迷彩といっても、4色のマスキングをこの複雑にうねる立体に施すのはなかなか

根気の必要な作業なんであります。

過去にエレール1/72でビゲンと、アカデミー1/48KV-107ヘリコプターで森林迷彩
4色塗装をしています。

エレール1/72 複座型のビゲン
クリックすると元のサイズで表示します

アカデミー 1/48 KV-107 空自バージョンを改造
クリックすると元のサイズで表示します

満足感の大きい割には、よしもう一機行ってみよう!とはなりませんでした。

そうこうしているうちにスウェーデンの新興メーカー「TARANGUS」より待望のニューキット
クリックすると元のサイズで表示します

もしかしたらこのままではESCII版は、作らずに終わるかも・・・・・と思っていたのですが、

今回のテーマが古今東西+南北ヨーロッパ・・・



親しいメンバーもビゲンを作ると言ってますので、この際だから「ESCII」も「TARANGUS」も

両方とも森林迷彩で作ることにしました。(あっ・・・言っちゃったヨ)。


まずは、ESCII   予想通りのガッタガタぶりとヒケ

 クリックすると元のサイズで表示します

根気よく削り合わせると、なかなか良い具合に主翼ははまりましたが、カナード翼は
恐怖のクレパス出現でパテのお世話になっています。


塗装開始は2機ともサフェーサー完了してからになりますので、まだまだ先が長いのです。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

=========================================
 

ビゲンは1/100 1/144 でもキットは出ていますが、みな手に入りにくいアイテムに
なっています。

比較的入手しやすいのは、1/72 1/48 で、Amazon等の通販で手に入ります。


気を付けなければいけないのは我らがH社で、最近無塗装の初期型動態保存機の
公開飛行がありそのマーキング(ナンバーリングのみ)で昔々も大昔のキットを箱替えと
なにかとのコンボ2機入りで発売しています。


これは値段もさることながら、キットは初期型どころか試作機なので、背中の形状が
大きくちがい、ますので、塗装が簡単〜(^^♪  と飛びついてはいけません。  



1

2019/9/8  17:52

MIG-27 Flogger 1/48  飛行機模型

ソビエト連邦空軍 

MIG-27 Flogger-D戦闘爆撃機

イタレリ・エッシー1/48


MIG-27
 フロッガーD 完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

塗装図の色指定に疑問があったものですですから、茶系と緑系の

濃淡で判断して、塗分けましたが、少々明るめな迷彩になってしまったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

 

実機写真を見ると、もっと濃い感じとともに汚い色どりなので、これでいい

 

クリックすると元のサイズで表示します


キットの武装はちょっとナニでありましたので、武器庫からの寄せ集めで武装をしました。

いずれもソ連のウェポンです。   空対空ミサイルを立派にしすぎましたので、

センタータンクがはまらなくなって、航続距離が短くなってしまいました(笑)。
クリックすると元のサイズで表示します

翼下のタンクは磁石で吊っています。
翼の角度を変えたら、ちょいとひねって角度をあわせます。

 



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

デカールはカルトグラフでしたので、作業は楽でしたが、国産某社のデカール

とのこの差はなんなんだといつも思います。  

静岡4+1社はみな同じ会社にデカール発注をしているそうなんですが・・・・

これから少し涼しくなったら、もそっとペースがあがるのでしょうか・・・・

 

1

2019/8/29  14:39

MIG-27 Flogger 1/48  飛行機模型

ソビエト連邦空軍 

MIG-27 Flogger-D戦闘爆撃機

イタレリ・エッシー1/48


上面の4色迷彩、塗装完了しました。

色指定の疑問が発生しましたが、なんとか折り合いがついたような・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

 

 

なんかどっかで見たことあるような配色ですなぁ〜・・・西欧、中東侵攻

だけではなかったということなんでしょうか。。

 

 

反省点としては、下面を先に塗装しておくべきだったかもしれない。。。。



ここまで来たら、マスキングテープはケチらないことですね。\_(´∀`*)ココ大事

1

2019/8/25  23:36

MIG-27 Flogger 1/48  飛行機模型

ソビエト連邦空軍 

MIG-27 Flogger-D戦闘爆撃機

イタレリ・エッシー1/48


塗装にかかりましたが、イタレリの色指定と白黒のの塗装図に疑問が出ました。

一番濃い塗りつぶしには#310の茶色の指定です。

実機写真を数例見比べますと、この塗り潰し箇所は濃緑色#18とかになります。
クリックすると元のサイズで表示します


塗装図はどうやら間違ってるようです、ちなみに箱絵を参照すると、図ではやや薄い茶色

の指定ですが、赤茶色に描かれていました。



まるっきり塗装図の緑系と茶系の表現が狂っているようです。


というわけで、一番濃い塗りつぶしを濃緑色ということで、他の3色の濃淡を

きめていきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在薄いほうの緑の3色目を塗装したところです。

この緑をさらにマスキングして、濃緑色の塗装部分を残します。

それにしても、この色使いはなんでしょう・・・・・中東方面での行動を意識して
いたのでしょうか。。。。。 

計4色の迷彩となりますが、この後にはスウェーデン空軍の森林迷彩機が控えて
おりますので、その練習のつもりで根気よく・・・・

1

2019/8/13  12:01

MIG-27 Flogger 1/48  飛行機模型

ソビエト連邦空軍 


MIG-27
 Flogger-D戦闘爆撃機


      イタレリ・エッシー1/48


機首の改造をしかけたまま、ずいぶんと止まっていましたが、再開しました。

形状はなんとかなる見込みですが、表面がなかなかツルツルになりませんでした。

やはり、パテを複数種使ったのが災いしましたかねぇ〜・・・・
クリックすると元のサイズで表示します


エポキシパテ、ポリパテ、は厚盛なので、削るとスが出来ました それを溶きパテで

埋めるのですが・・・・・うまくいきません。   混ぜ物瞬間も使いましたが、

さらに、削れかたが微妙に違うので、なかなか面一になってくれませんでしたが、

なんとか、なったのでしょうか・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します


伸ばしっぱなしであった、機首先端を切り詰めました。  まぁまぁですかな?
クリックすると元のサイズで表示します


こんな状態なのに、早くも武装を気にし出しています。

爆弾はこれがついています。
クリックすると元のサイズで表示します

大型のクラスター爆弾なのでしょうが、これではなんか嘘くさい・・・・


ということで、貰い物の爆弾とマルチラックで見映えをよくしましょう。。
クリックすると元のサイズで表示します


可変翼キットの翼下の吊るし物は、可変角に連動した角度に向くような仕掛け

は作れそうにありませんから、ネオジム磁石でパイロンを吊ることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

強力なはずのネオジム磁石ですが、パイロン側の金属面積(体積)が小さいせいか

吸着力がつよくありません。タンクまで付けたらどうなるのか、あやしい感じです。

そろそろ、軌道修正していかないと、あとが苦しくなるのがわかっているのですが、
こうも暑い日が続きますとねぇ〜・・・・・


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ