2019/6/18  17:44

AW-101 MERLIN MH.1/2  飛行機模型

ROYAL NAVY 

AgustaWestland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1 & HM.2

 

クリックすると元のサイズで表示します
AW-101 Merlin
 HM.1/2胴体貼り合わせ、削りあがり、キャノピー装着で胴体完了

しました。 

これから各窓とキャノピーをマスキングして、サーフェーサー塗布となります。

この時点で、これからは、ほぼ並行作業となるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

ドアを開け、テールブームとローターを折り畳む、HM.1は奥側です。
クリックすると元のサイズで表示します

MH.1MH.2の外観の違いが判らなくなってきました。  新造ではなく改修のMH.2

あるのだろうけど、窓の数やアンテナの数カタチが、どうにも・・・・


もっとも、画像のキャプションもあっているとは限らないがMH.1に関してもっともあてにならない

のが、イタレリではなかろうか(笑)



1

2019/6/12  22:25

AW-101 MERLIN MH.1/2  飛行機模型

ROYAL NAVY 

AgustaWestland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1 & HM.2

 

AW-101 Merlin HM.1大体削りあがりましたので、後発のHM.2を開始しました。


手前が先行のHM.1 向こうがHM.2 であります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

HM.2には箱絵にあるように、対潜魚雷が4発追加され、その他アンテナ類やらなんやら

で、下面をにぎやかにしています。

HM.1の胴体貼り合わせの際に、下面がぶよぶよしていて、接着に苦労しましたので、

HM.2にはあばら骨を仕込みました。  少々角度がついていますので、ペンチで少し

曲げました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

主脚はダブルタイヤになっていませんが、救助用のホイストのパーツはついているので、

ちょっと安心しました。 カナダのCH-149作ったときに余ったホイストは何処にとってあった??

まぁ、カタチがあっているか調べてからだな。。

 

最近のグッズ

LEDライトです。
クリックすると元のサイズで表示します  

ダイソーで100円・・・・その辺の使用済み単3で充分明るいが、

明るい以上に眩しい  撮影用の補助光として使えないかと思いましてね。。


ない場合。
クリックすると元のサイズで表示します


ある場合。
クリックすると元のサイズで表示します


模型を撮るにはよろしいのではないかと思います。



1

2019/6/10  23:29

AW-101 MERLIN MH.1  飛行機模型

ROYAL NAVY 

AgustaWestland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1

 

英国海軍、対潜哨戒ヘリコプターであります。 昔の名前はEH-101 MERLIN HAS.

であります。  イタレリの箱にはそう書いてあります・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
  

近年呼称が変更されまして、AW-101 マーリン HM.1 が、現在の名称となっています。


ユーロ・ヘリコプター・インダストリアルがM&A的なすったもんだの末に、アグスタ・ウェストランド

に合併され、当初のEHI-01→誤記のままEH-101→吸収合併AW-101 となった模様

数年前に作ったカナダ国防軍 レスキューユニット CH-149 の姉妹機であります。

クリックすると元のサイズで表示します
                                  nananiya72


その時に、あそこもここも、あれもこれも とマズイところを数々修正しましたが、これはどうで

ありましょうか・・    まぁ〜イタレリでありますね。。。早いのはよいことなんでしょうが・・・・

キットは箱絵違いで2個もっていますので、2機目購入時の動機通りに、1機目のこれを、

ローター折り畳み、尾部折り畳み、両サイドのドアオープン状態で、作ろうと思います。

機内のレイアウトや機材は資料もありませんので、これを信用するしかない・・・・

・・・・と言いつつ、大して信用はしておりません(笑)  軍事機密なんでしょうね。。

クリックすると元のサイズで表示します

せめてもの細工として、エンボス加工の紙テープをキャビンに貼った程度の加工です。

機体側上面のエンジン周りに色々とインテークがありますので、高密度ウレタンで内側から

塞いでおきました。

これから、胴体左右を貼り合わせます。


今気づいたのですが・・・ローターの折り畳みが「変」 

対潜ヘリとはいえ、救助活動があるだろうに・・・ホイストが「ない」

タイヤは?「ダブル」じゃないか・・・ 

先行き不安である。。。。

1/72ヘリコプターの前々作と前作の口直しのつもりで作り始めましたが、

イタレリでは相手が悪かった・・かな?・・・・ってことのならなきゃいいんですが。。

 

 

 

2

2019/6/7  21:37

SUPER PUMA Heller1/72 完成  飛行機模型

FRENCH NAVY SUPER PUMA

フランス海軍、シュペル ピューマ

Heller 1/72

 

シュペル・ピューマ エクゾセミサイル搭載、対艦攻撃ヘリコプター 完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

デカールを貼ると、なぜか横に長く見えてきました。
クリックすると元のサイズで表示します  

 

しかし、フランス海軍の軍用機・・・シュペルピューマとは呼ばれないらしい 

軍用の派生型はAS523クーガーというのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
   

キットのデカールでは、AS332Cという型式表記のデカールがついているので、これは

軍用派生型の最初の形式で、暫定または社内形式と思われる。

さらに、調べてみると、フランス海軍ではエクゾセ空対艦ミサイルは、ヘリコプター用

としては採用していないようだ。←Wikipediaよホンマでっか?

このシュペルピューマ(クーガー)にエクゾセを搭載したのは、南米・中東のユーザーとなっています。

このキットはもしかしたら、エクゾセ搭載シュペルピューマ(クーガー)の販促デモンストレータ

なのでは??・・・ホントに存在してのか??・・・・ エクゾセ搭載状態のフランス海軍ヘリの

画像はたしかに探せなかったね。    

完成したのはいいのですが、このような見切り発車の製品化とは・・・

Hellerよアンタもそうだったのか?

 

口直しのつもりが、さらに後味の悪い感じ・・・・・さらなるくお口直しが必要。

そして、アエロスパシアルがエアバスヘリコプターになって、機種名も変わっているので、

さらにややこしいことに・・・・

 

キット的な出来のほどは、おのれの腕をちょっと置いといて、言わせてもらえば、後発の

イタレリのほうに分がありそうです。

1

2019/6/6  23:11

SUPER PUMA Heller1/72  飛行機模型

FRENCH NAVY SUPER PUMA

フランス海軍、シュペル ピューマ

Heller 1/72

 

シュペル・ピューマ エクゾセミサイル搭載、対艦攻撃ヘリコプター ほぼ完成です。
クリックすると元のサイズで表示します

 

このキットのウリである、エグゾセミサイルのランチャー支持架の取り付けが難解で、

最終的には、箱絵を見て確認しました。  前後のステーを左右揃えて接着

するのが、なかなか難しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

デカールはちょっと傷つきやすくなっていたようですが、変色もなく、キレイに貼れました。

ストライプ系のデカールは恐ろしくって使えませんので、塗装と細切りデカールで対処

色調は地味なのですが、 透明ニス部も目立ちませんので、 「良」の部類です。

クリックすると元のサイズで表示します

キット評価としては、サイドのスポンソンや吸気口、車輪など小物の出来は

イタレリ(後発)のほうがいいと思います。  



ほぼ完了したので、撮影してみました。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ