2018/10/16  21:40

U-125A 救難捜索機  飛行機模型

British Aerospace   BAe125-800

航空自衛隊 U-125A 救難捜索機

クリックすると元のサイズで表示します
                              2012 百里基地 

何年前になるのでしょうか・・・・と前回書き出しましたが、調べてみると2006

の未完成品集合写真に載っていましたので、足掛け13年も経っていました。。

やる気になっていたのでしょう、監視装置コンソールと操縦席の計器盤がすでに

出来ていましたので、それぞれを塗装して、シートにベルトを付けて内装は完成。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



製作者に怒られそうですが、よく計算して工作しているんですねぇ〜

すんなりと収まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

胴体後部には、救難用の機器、物量投下設備が設置されているのですが、

見えないところは省略です。

 

 救難団のUH-60ヘリコプターはすでに洋上迷彩が施されていますので、U-125Aは

やらないのかな?? っとおもっていましたが・・・・・

試験用でしょうか2パターンの迷彩塗装機があらわれました。

027号機と#028号機が別々の洋上迷彩になっていますが、

どちらに決まるのでしょうか・・・・こちらの塗装開始までには決まっていて欲しい。

 

0

2018/10/15  17:09

FALCON-10  飛行機模型

DASSAULT-BREGUET

 FALCON-10 HASEGAWA 1/48

旅客機の背中とヘリコプターの腹は合わせにくいと思っていて、苦手というか

時間をかける工作なのですが、小型旅客機とはいえ1/48ともなると、

1/200スケールの中型旅客機ほどの背中になります。

このキットは合いが良くて(調整した結果なんですがね・・・)、胴体、主翼、

エンジンポット、尾翼を別々に塗装してから組むことが出来ますので、

まずはエンジン、水平尾翼、胴体、主翼の順(特に意味はないww)

に塗装を開始しました。  楕円の窓のマスキングがメンドクサいね。。

クリックすると元のサイズで表示します

リターダーをたっぷり使って、最初から光沢塗装を狙いましたが・・・・・・

上面は白で、胴体下面はグレーにします。

仕上げは、民間プライベートや社有機ではなく、軍用の要人輸送機に

したいと思っています・・・・・国籍はまだ決まっていません(調査中)

0

2018/10/12  15:00

U-125A 救難捜索機  飛行機模型

British Aerospace   BAe125-800

航空自衛隊 U-125A 救難捜索機 1/48

何年前になるのでしょうか、 U-125飛行点検機とU-125Aの記念塗装をやるので、

「ノーマル塗装で、おひとついかが?」と もらったフルスクラッチビルドキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

信じられますか? これすべてプラ板で作られています。

クリックすると元のサイズで表示します
内装は自作しなければなりません。

クリックすると元のサイズで表示します

機首パーツ・主翼付きの中部、後部胴体 とエンジンポット 垂直尾翼水平尾翼付き

と内部のパーツ すべてプラ板を曲げた、名人の手作り工芸品です。

 

私が放っていたのではなく、製造元から機首の変更があるので、「ちょっとタンマ」

ということで何年も止まっていたものですが、製造元が製作を開始しした模様なので

こちらも、遅れてはならじと開始しました。  まずは長年のストックですので、パーツ

と資料の確認と、工法の検討中です。  

0

2018/10/10  23:22

FALCON-10  飛行機模型

DASSAULT-BREGUET

 FALCON-10 HASEGAWA 1/48

フランス製ビジネスジェット ダッソーブレゲ― ファルコン10です。
クリックすると元のサイズで表示します

潟nセガワが意欲を見せていたビジネスジェットシリーズですが、このFALCON10

とリアジェットの2機種がでただけでやめてしまった残念なシリーズです。

バリエーションで前者はフランス海軍バージョン、後者は海上自衛隊バージョンが

出ただけと記憶しています。  なかなか美しいスタイルの機体なので、新発売

当時に購入して以来在庫になっていましたが、時々箱を開けてはちょっといじり、

ちょっといじりしていて、もうランナーに残っているのは、足回りパーツだけになっています。

クリックすると元のサイズで表示します

窓から中身は全然みえませんので、操縦席だけちょっと塗り分ければ、胴体の接着

が出来るところまで進めます。    パーツはキレイで、合いは良好です。
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンボジェット並の巡航速度で、4〜7人の乗客を乗せて3300Km ほどの

航続距離を持ち、パリからならモスクワ、北欧、地中海沿岸の中東、北アフリカまで

行ける距離です。

欧米のビジネスジェットであれば、大西洋横断が当たり前かと思っていましたが、

ファルコン10はそういった上位ビジネスジェットとは違い、小型、高速を狙った機種

とのことのようです。  

塗装はキットデカールがつまらないのと潟nセガワ製ではすでに死んでいて、あて

にはならないので、ちょっと考えなければなりません。

試しにメーカーに返品してみようか・・・・・・とか。。  

0

2018/10/5  14:18

SU-37 Super Flanker  飛行機模型

SU-37 Super FlankerTerminator

Mini Hobby Models 1/48 Made in China

 

スホーイ37 スーパーフランカー またの名は ターミネーター ロシアの実験機

完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します


前進翼でめちゃくちゃ人気のあった「ベルクート」というヤツもSU-37と言われていた

ような気がするのですが  調べてみるといつの間にかSU-47に変更されていました。

 

ざっくり言うと SU-35の推力偏向ノズルの実験機がSU-37として2機作られて

いて、フランカーEと呼ばれていました。 
スーパーフランカもターミネーターも正式な名称ではではなく、呼称だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なお、この機体#7112002年に墜落し、もう一機はSU-35に戻されたので、

SU-37という名前だけが残りました。  

Youtubeなどで、拝見すると、変態的曲技デモ専用機でしょうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

次期主力戦闘機はSU-57というステルス(?)機となるそうで、SU-27派生の

推力偏向ノズル機の正式採用は見送られた模様です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

このキットは、後にトランペッターからもSU-27のファミリーとして、単座型・複座型
共に複数種発売されていますが、見かけても買ってはいけません  
やめておいたほうがよろしい。
 

すでに持っている人はプラゴミとして分別処分しましょう()


こんなのに時間をかけるなら、もっと作るべき、作っておくべきキットがあるはずです。

ミニホビーモデルズに名誉があるかどうかはわかりませんが、念のために申し添えると

パクリ元のアカデミーSU-27系もそこそこ酷いものらしいので、そっちも要注意です。

 

初めてのフランカーですが、出来てみるとなかなかカッコいいではありませんか。。。

次のSU-34フルバックはもっとカッコいいはず、そして、最近のキットなので、きっと

こんなに苦労させられることはないはず   っと信じたい

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ