2018/11/11  13:11

過去作T-33A  飛行機模型

KawasakiLockheed

航空自衛隊 T-33A ジェット練習機

アカデミー1/48 2002年作



T-33
の過去作画像を眺めていて「そういえば、アノ疑問は解決してないな・・・」

と・・・・あることを思い出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このT-33を作った時に、右インテーク内側に小さなフェアリングを追加していました。

ガンカメラのフェアリングなのだという・・・・練習機にガンカメラ?? そうえば、機首には

機銃口を塞いだパッチがありますな。。。
クリックすると元のサイズで表示します

とある古い映画のなかでのT-33の機首には、確かにパッチがあたっていました。

この頃のT-33は供与機(#600番台機)と、あっても少数の川崎製

ノックダウン機(#200番台機)が使われている時代、供与機とノックダウン機は

米軍仕様だろうし、AT-33という機種もあるくらいだから、機銃口とガンカメラが

あってもおかしくはない。

国産となってから、航空自衛隊の練習機の装備としても、そのままなのか?

というのがアカデミーT-33A製作当時(2002年)の疑問になっていた訳です。

航空自衛隊T-33の機銃口パッチの画像はいくらでも出てくるのですが、

この右舷インテークが正面よりに映っている画像というのが、ほとんどありません

クリックすると元のサイズで表示します

“かかみがはら航空宇宙博物館”の国産パーツ100%初号機#221で、

やっと機銃口のパッチと右インテークにガンカメラのフェアリングが確認出来ました。

航空自衛隊では、F-86Fを戦闘機として使用し、いざとなったらT-33

戦闘爆撃機として使えるようにリザーブしていたのか、教育課程で射撃訓練も

行えるようにしておきたかったのか、勝手な改造は許されない契約だったのか

全機がこの仕様だったようだ。。。。

ちなみに、純国産ジェット練習機の富士T-1にもM-2機銃を一丁積めるよう

にしてあるらしい・・・・これは訓練用でしょうね。。

クリックすると元のサイズで表示します
                 ※ T-1 練習機 潟nセガワ1/72

この航空総隊飛行隊の(#382)は最終的には那覇の第302飛行隊で

用途廃止となっているようです。
クリックすると元のサイズで表示します
※元は那覇にいたらしく、入間に来てもグレー塗装だった


そして、T-33Aが全機(8機)飛行停止となり、そのまま用途廃止になる事故が

起こったのは19991122日のことでした。

なお、当該機(#648)は国産T-33Aが充足から減勢に転じた対策として、

岐阜の補給処にモスボール保管されていた古い米軍供与機を、総飛行時間が

まだ残っているからと、わざわざ現役に戻したものだったそうだ。。。

 

異常をコールしてから、入間までの途中には十分な広さの田畑、空き地、河原が

広がっているのに、無理することなんかなかったのに・・・・・・

1

2018/11/8  0:29

HondaJet  飛行機模型

Honda Jet

EBBR 1/48

HondaJetの標準色は赤、青、銀、緑、黄色 となっております。

銀はもちろんですが、赤、青、緑、ともメタリックだそうです。   

ただ、黄色は?  となるとメタリックかどうか

写真を見ただけでは、判らない・・・・・っという結論でした。

最初は試しに、#GX4を塗っておきましたが、久しぶりに取り出してみると、かなり黄色が

沈んでいて、黄緑っぽくなっていて、光沢塗料のはずが、艶々していない・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します


そこで、さらにメタリックイエロー自家調色もテストしてみました。

同時にタミヤの曲線用白テープもテストです・・・・・なかなか良好でした。

ラメ成分のおおい、“ラフシルバー”を黄色に加えて、黄色に見えるように整えて塗装しており、

さらに艶が出るように、#48クリアイエローを透明クリアのかわりに乗せています。

クリックすると元のサイズで表示します
※これはゲイツ・リアジェットのパーツです。 少しメタリックに見えますね。。
  でも、金色になってもらっては困るのです。。

クリックすると元のサイズで表示します
※こちらは、クリアイエローを吹く前ははもっとメタリックしていました

イエローメタリックなんて、族車でもない限り市販車では見たことないので、そもそも塗料が

それも、プラモデル用があるのか???  と思い、調べてみると、クレオス#GX203というのに

たどりつきました。 実際ぬってみなきゃわからないということで、買いに行こうとしましたが、

水曜日は近所の模型屋も行きつけの“ホビーショップはせがわ”も定休日、

そして、自分は通院日・・・・一日かかるのよね〜・・・・

明日にはこのGX203GXなんとかのクリアイエローで再度テストしてみますが、

高いんですよね¥が・・・

1

2018/11/6  0:04

Honda Jet  飛行機模型

Honda Jet

EBBR 1/48

本田の創始者の夢が結実した、ビジネスジェットです。
クリックすると元のサイズで表示します 

2003年初飛行成功、2015年型式証明取得 引き渡し開始となっており、

初年度受注残がいきなり100機とか・・・

ところで、この機体の名前って HondaJetでいいのか??

実は50年も前からコツコツと技術を積み上げていたそうですから、即、金にならない

プロジェクトは潰れていくのが、今時の日本の会社なのに、大したものです。。。

「ホンダ」という名のせいか、キットのメーカーは「エブロ」というミニチュアカーのメーカーです。

パーツ分割は胴体が見たことのない特殊な分割で、2色の塗り分けがある機体を

一応レベルで、手軽に無塗装で完成させられるように出来ています。
クリックすると元のサイズで表示します
         こんな分割で黄色いのがこのうえにかぶります   

ノーマルの全色+N、を並べようというのが課題であり、各自割り当て色の塗装を

行いますので、上面パーツと下部胴体のすり合わせは慎重かつ根気のいる作業。

・・・ということで、何回も何回も脱着して、合わせ目チェックの繰り返し・・・

クリックすると元のサイズで表示します

思うに、通常の左右分割なり上下分割なりにして、2色整形は出来なかったのか?

曲線塗り分けの境界にマイナスモールド(スジ彫り)があれば、ラクですね。。

というカンジがします。   メーカーの企画段階ではどうだったのでしょう。

 

接着(これも慎重に)して、段差を確認し、削ったところで下地がこれだけ露出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

機首廻りはまずまずとして、接着面が内側にうねり、客室パーツも加わってくると

胴体部分では、かなり厳しい・・・・やはりちょっとの溶きパテは必要ですね。。

冬に向かって、水を使ってのペーパー掛けは指先が傷みます。

ヒルドイドソフト軟膏でも塗って寝よう。。

0

2018/10/27  16:22

FALCON-10  飛行機模型

DASSAULT-BREGUET

 FALCON-10 HASEGAWA 1/48

フランス製ビジネスジェット ダッソーブレゲ― ファルコン-10 完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

塗装でお判りの通り、スウェーデン空軍 Tp-90A人員輸送機です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します  

軍用ですので、アンテナ類が増設されていて、オリジナルのスルっとした

優美さが損なわれていますが、軍用機仕様ですので、多少マッチョ感が

あった方が好ましくもありますが、塗装の派手さとはアンバランスですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

キットは精度がよくて、組立てにはなんらストレスはありませんでしたが、

合いがよすぎてエンジンポットは塗料分を削らないとパチンと嵌りませんでした。

主翼も、ギリギリ嵌りましたが、キツイ・・・・・。。。


ただし、キャノピー窓は相当削り込まないと、キレイにはなりませんので、

ここは要注意です。  キリ粉や塗料の吹き込みとピラーのモールドが消えてしまう

ので、あらかじめのケアが必要でしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

主脚はダブルタイヤの4輪共の接地が難しかったので、支柱の接着位置を調整

しています。

クリックすると元のサイズで表示します

実機は1972年ごろ販売開始ですから、随分昔の機体です。  その後-100

なって、1991年まで生産が続けられました。

ビズジェットは日本では、自衛隊、海上保安庁、報道関係(運航会社)で使われることが

おおく、民間社有機や個人所有のものは僅かですので、あまり馴染みがありません。

潟nセガワのインストによりますと、「お好きな塗装をしてあなただけのプライベートジェットに

してお楽しみください」 ってなことが書いてありますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

というわけで、デカールのスクラップブックを眺めていて涌いたアイディアを膨らませてみました。

 

 

 

※この作品は実在のスウェーデン空軍とは関連がありません。

1

2018/10/23  21:20

FALCON-10  飛行機模型


DASSAULT-BREGUET

 FALCON-10 HASEGAWA 1/48

スウェーデン空軍 人員輸送・連絡機 Falcon-10 塗装完了しました。

クリックすると元のサイズで表示します

ストライプは、黄色を吹いて、黄色を残すマスキングのあとにブルーを吹いています。

黄色の上に黄色のマスキングテープでは、センターが取りにくいので、急遽タミヤの

曲線用白テープを買いに走りました。

クリックすると元のサイズで表示します

外側は黄色のマスキングテープですので、少しはやりやすくなりましたが多少偏芯して
います。      まぁまぁでしょう。。。

国籍マークは黄色の丸を吹いてからデカールを貼って偏芯を防止しています。

最近はさすがの人員輸送・連絡機でも、こんな派手な塗装はしていませんで、

白黒のラウンデルの小さいのが、垂直尾翼にちょこんと付いているだけで、

あっさりしたもんです。

197080年代の多用途機の派手な塗装が再現できたと思います。

あとは、脚周りとアンテナ類の取り付けが残っています。

コクピット窓のピラーは細切りのデカールで作ることにしています。

もう一息・・・・・

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ