2019/6/29  14:15

AW-101 MERLIN MH.1/2   

ROYAL NAVY 

Agusta Westland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1 & HM.2

 

塗装工程をゆるゆる進めております。  中央エンジンのエキゾーストがなぜか胴体と一体に

なっておりまして、整形しにくいし、色も塗りにくい  
この部分のためにだけこのマスキング×2(笑)

クリックすると元のサイズで表示します 

 

自分的にはかなりな汚し塗装をやっています。 さらにスミ入れ・・・ぬぐったら、
さらに汚れアップ


写真ではっきりわかる汚しは、実物では「ワ!、きったねー・・・」となるので、要注意です。

まぁこんなものかなー・・・・。
クリックすると元のサイズで表示します

 

これもヘリの中では大型の部類に入るので、フト代表的大型ヘリコプター チヌークとは

どうなんだろうと思いついて、 胴体部分だけ並べてみました。
クリックすると元のサイズで表示します
流石にタンデムローターの胴体は長いですね。。  積載量はかなわないんでしょうね。

 

チヌークも作りたいね。。。 引っ張り出しちゃったからなぁ〜。。。
空自タイプにするのはメンドーだしなぁ〜・・・イギリス機だったらテーマ内だな〜・・・・。




1

2019/6/26  23:41

AW-101 MERLIN MH.1/2  

ROYAL NAVY 

Agusta Westland AW101 Merlin

艦載対潜哨戒ヘリコプター HM.1 & HM.2

 

キャノピーや側面窓をマスキング。   あ、、忘れていました、操縦席の天井窓はスモーク

でした。  

急遽#101(スモーク)を塗布・・・濃度の統一感は??クリックすると元のサイズで表示します  
まぁこんなモンだろー。。。

通常ならば、こういったキャノピーの着色は内側からやるのですが、忘れていました。


指定通りに#308(ゴーストライトグレー)の一色塗装です。   実機画像では所々に

色の違う部分が見られますので、おいおい加えていくつもり・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

側面窓のシールド用マスキングをした状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

指定は黒系なのですが、実機画像では白っぽいグレーから黒系まで、色々あるようです。

日常整備の都合なんでありましょうか。。    

統一性はなさそうですが、窓の役割機能によって、 違っているのでしょうか・・・よくわかりません。   


まぁ、テキトーにやりますわ(笑)。

 



0

2019/5/10  13:03

第33回SLB作品展E  

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

フルスクラッチのU-1252種、塗装3パターンを個別撮影しました。

制作のいきさつは、13年前(だと思うww)にクラブのクラフトマンNMKI氏より

「記念塗装で作りたいので、ノーマル塗装をおひとついかが?」・・・と言われて引き受け、
直後に「機首に問題ある、修正するのでちょっと待って」 で、13年(笑)で
ようやく動き出し、
作品展に向け作ることになりました。  


NMKI
氏にとっては20数年(初配備ごろ?)ごしの計画が結実することに・・・・・

ただし、都合と状況は変化していて、記念塗装のはずだったNMKI氏のほうは
飛行点検隊、救難飛行隊ともにノーマル塗装で、ノーマルだったこちらは、洋上迷彩
ということになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
制作中のすり合わせなく、3機が揃うのは、この作品展が初めてのこと、

クリックすると元のサイズで表示します
完成度のたかさは、
さすがにご本家の作には数歩譲りますが、洋上迷彩に隠されて、
まぁまぁ
OKレベルの 点数
をいただけたのかな???。

クリックすると元のサイズで表示します

前任のMU-2Jとのツーショットです・・・・ちなみにこれもフルスクラッチ。

入間基地飛行点検隊に3機配備されていたU-125FC1機が事故で失われ、

残った2機もそろそろ耐用年数が気になり始める状態だそうで、後継機として、
セスナサイテーション680A・ラティチュードというちょっと大柄な機種に交代していくようです。

クリックすると元のサイズで表示します 

同じく前任のMU-2Aとのツーショット。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

洋上迷彩は航空自衛隊小松基地に22パターンが存在していまして、好みとして

027号機のパターンを採用しましたが、最近ローテーション配備によりノーマル塗装に
戻されて、
他の飛行隊へ・・ というわけで、この塗装パターンは現在存在しないようです。  

また、U-125Aの洋上迷彩化も採用されるのか、不明な状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

機体にとりつくアンテナ類や脚柱、アクチュエーターカバー等の小パーツを始め、
機番のマスク版やデカールまで支給していただき、楽しく作ることが出来ました。

NMKIさんに感謝です。

これで、第33回SLB作品展のレポートを終了いたします。

2

2019/5/9  22:11

第33回SLB作品展D  

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

前回に引き続き、展示模型を掲載します。

前回に引き続き、展示された多数の1/721/48レシプロ作品のなかから、個人の好みにより

ピックアップした作品を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します

左フジミ右ハセガワの1/48 F-15Jです。
最近模型店でよく見るフジミのキットですが、
たしか「現用のF-15Jとは細かい
ところが違っています」みたいな断り書きがされていた気がしましたが、

並べてみると、なるほど上面だけでもかなり違いますね。。

確かに値段は安いんですが・・・ 
ハセガワにしたって同様の断り書きが必要のような・・・以下自粛

クリックすると元のサイズで表示します
モノグラム1/48ベースのB-17G 会話を小耳にはさんだかぎりですが、透明パーツは自作
らしい・・・・モデルアート別冊の作例らしいので、詳しくは同誌をご参照ください。

クリックすると元のサイズで表示します
MPM1/72 グロースター・ミーティアF-8プローン・パイロット という実験機らしい。。
なんでも、前方の席には
被実験者がうつ伏せ(プローン)状態で乗り込み、耐G
研究をしたらしい。

Gスーツは実用化されているはずなので、併用しているのかな??

・・・・が、こんな機首形状では、高いGをかけたら・・・・折れない?  心配ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

同じくミーティアのターボプロップエンジンの実験機 ミーティア・トレントです。
ロールスロイス・ダート(YS-11のエンジン)の開発に貢献したそうです。

プローンパイロットと同じ作者ですが、こんな面白いものを見つけるのにも
感心しますが、
ほいほい買えるその財力にも感心します。

ワタクシなんてとても、とても・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します
1/72ハセガワの航空自衛隊F-15Jです。繊細なつくりで、完成度が高いようです・・・
が繊細すぎて、
ちょっと動かしたら、ミサイルが取れ、修理中にパイロンごとタンクはとれるわ、
果ては、主翼も
外れるわで、接着剤は何使ってるの??  という声が・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1/72レベル F-18E ホーネットもカッチリ作られており、お手本のような作風です。
ん?  この2機ともSLB総帥の作か・・・・なるほど、さすがだわ。。


クリックすると元のサイズで表示します
アズール1/72 ダッソー MD 315 フラマンは、第二次世界大戦後間もなく
フランス空軍向けに製造した
汎用小型双発輸送機です。  
各型があり、アルジェリア戦争では地上攻撃機として参加
しています。
有名機ではないが、実用性が高いのか、1980年ごろまで現役してたらしい。

なお、フラマンとはフラミンゴのことだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
MPM 1/72 Me-262 a1aU3偵察機だそうです。 
エアーブラシワークの見事さにはため息しか・・・


クリックすると元のサイズで表示します
ファインモールド 1/48 陸軍九五式戦闘機です。  
この、一分のすきもない仕上がりは、作るうえでの
意識向上をうながされます。。  
張線も少ないので、やってみたいキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

1/48 田宮 ソードフィッシュ  モデルアート別冊の作例です。  
詳しくは同誌をご参照ください。

クリックすると元のサイズで表示します

1/72の大型機がこんな風に展示されていて、「展示が遠い!」 とまたも批判の的
になりそうです。
向こう側のバリアントはマッハ2のキット、US-2はアニグランドのレジンキットで、
値段はビックリの
3万円越えだそうです。  発売されているとはしりもしませんでした。   
本来ならば飛行艇を
シリーズ化しているハセガワの仕事なんでしょうが、
新金型の二式大艇もあれ以後作ってくる人が
いないってのも・・・・  
売れていない証拠なのかな??

マーチン飛行艇やネプチューンは久しぶりで見ましたが、なかなか新鮮に映ります。  

P2Jの改造そろそろやらないと、レジンパーツが歪んでしまぅ〜。。。。

===============================

 

取り上げた作品はあくまでも個人的な嗜好で選んでおり、評価や批評をしたものではありません。
これですべての作品が写っているはずです。

次回は自作関連の作品を主に掲載したいと思います。

・・・・・続く


0

2019/4/2  23:11

桜前線  

花は桜木・・人は?

身近な桜はこんな具合です。

この頃寒い日が多いため満開になるには、まだすこしかかるようです。

なにせ今朝あたりは、2月の気温とか・・・・・

彼岸桜などは、早目に咲いています。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

ソメイヨシノはこんなもの。。

クリックすると元のサイズで表示します

花見の宴はやっちゃったけど、見ごろはこれから

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ