2019/1/2  22:41

元旦の行事  

けまして 2019 始動!!

 

畏みて、新春のご挨拶を申し上げます。。。


当地はお天気も良く、気温も高めなせいか、人出が速くて且多く、

どこの神社仏閣の初詣も混んでおりました。

そんな中、例年のルーチン通り、午前中は娘夫婦との初詣にはじまり、

参拝後はおみくじ・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します       

なんとか全員吉の字付きだったようです。

複数の、お守りをいただき、家族それぞれにそれなりなカンジのものを支給し、

自分のは無し・・・

よく考えたら病系のお守りも「治らない病気」なので、いらなかった・・・

川越市内を抜け
クリックすると元のサイズで表示します

帰宅後は例年の宴会に突入
クリックすると元のサイズで表示します
定番のお節料理に始まり、エビカニそのうちラムのソテーに進む・・・

途中から、義弟&甥っ子+ワンコも加わり深夜まで・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 

今年は、なんでだろうか、飲みのペースが穏やかで、

なんか、やんわりと調教されているような・・・・・




1

2019/1/1  0:03

新年のご挨拶  

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/12/31  15:06

2018 買い物納め  

NISSAN PULSER EXA 青島1/24

    HINO CONTESSA1300CUPE アリイ1/32

今年の買い物(積みプラ)納めで・・・・

 

若かりし頃の愛車「日産 パルサーEXA」です。
クリックすると元のサイズで表示します

サンルーフ付き、そのもののバージョンです。

色がブルーメタリックでしたので、これも塗色でグダグダ言いそうです()

難関はシートと内装の塗装・・・・細かい縞柄なのですが、案外細かいので、

筆で描くか?マスキングか?・・・なんかいい手はないもんか・・・

ネットで作例を見ますと、なかなか良い出来のようで・・・

元々おもちゃっぽいので、模型に落としても、それほど違和感がないのかも・・

 

目についたら、買っておこうと思っていた「日野コンテッサ1300クーペ」です。
クリックすると元のサイズで表示します

カーモデラーではないので、よく知りませんが、全スケール

を通じて、このアリイの1/32が唯一のキットではないだろうか・・・・・

実車のイメージでは、シャープでカッコ良かった記憶がありましたが、

キットはちょっともっさりしています。 そして、コレジャナイ感

なので、ネットで実車の画像を見てみましたが、記憶の美化でした。。。

先のPORSCHEもベレットGTもそんな感じでしたので、このシリーズは

こんなシリーズなんでしょう。

ちなみに、「コンテッサ」とは伯爵夫人という意味のイタリア語だそうで、

なにやら、色っぽいんだが・・・・ww

1

2018/11/4  17:29

いすゞ ベレット 1600GT-R  

ISUZU BELLETT 1600GTR

アリイ 1/32 OWNERS CLUB

1969年式 いすゞ ベレット 1600GTR 懐かしの国産GTカーです。
クリックすると元のサイズで表示します

指揮者の岩城宏之さんが、当時わざわざヨーロッパまで運んで、乗り回して

いたという、マエストロに惚れこまれたクルマでありました。

当時プリンスがスカイラインGT2000でトヨタがコロナ1600GT、日産は

ブルーバードSSSGTカーとして轡を並べておりましたね。。。

クリックすると元のサイズで表示します

このキットは出来てみると、「ん〜ん、コレジャナイ感」が・・・・ 本当はモスグリーン

にしたかったのですが、ストライプのデカールが、オレンジORホワイト用なので

オレンジ(#59 サファリオレンジ)にしました。 ボンネットを艶消し黒の

指定なのですが、黒のストライプにしました。。。 これが大変なことに(+_+)

クリックすると元のサイズで表示します

ストライプを塗装し、デカールをはりましたので、デカール固着のために、さらにクリアー

吹きかけました。

クリアーは、希釈シンナーガイアT07(香料、リターダー入り)に東邦化研

エンジンリターダー追加したものです。    窓パーツにも透明感を出すために吹きました。

いつもと同じ作業でしたが、窓が曇るので、さらに吹付      塗装が溶けました。

 

さて、塗装の修正は可能でしょうが、窓の曇りはどうなんでしょう。。

反省材料として飾っとこうか。。

1

2018/10/31  20:56

PORSCHETURBO  

PORSCHE TURBO

アリイ 1/32 OWNERS CLUB

長い間、押入れで眠ってもらっていましたが、整理整頓の一環で引っ張り出しました。

クリックすると元のサイズで表示します

アリイのこのシリーズはオート3輪とかトヨタS800とか観音ドアのクラウンとかが、人気

のようで、わざわざこのシリーズでポルシェターボを作る人はいないかも・・・・

なぜならば、もっと見映えのする立派な完成品を得られる他社製品があるからね。。。

ピカピカのボディ塗装をやってみたかったので、お手軽値段のこれと、ベレット1600GT

仕入れて、ボディパーツの光沢塗装をし、メソードを習得したつもりになって、それっきり

にしていたキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


数年を経て、塗装状況を眺めますと、ちょっとクルマにしては深みがないな・・・・ 

    っと・・・

さらに、光沢塗料を上掛けしていきましたが、乾いてみると、均一な光沢になってい

なかったり、ちょっとホコリがついたり・・・・モチロンだが、指紋をつけたり()

垂れる寸前までという光沢塗装を極めようと、ムキになってしまった///Orz 

塗料の垂れもやすって修正という、ダメ直しの連続作業・・・

ここまでやったら、ちゃんと完成させましょう・・・・と、ゆー気になって 完成させました。

しかし、デカールと組立て図が紛失していて、室内色指定が判らず、ダッシュボードの

メーター類もなしなので、色分けはテキトー・・・・シートベルトはマスキングテープ

リヤにもPORSCHEのロゴがはいるはずが、デカールがないのでそのまんまです。

ゲージタイプのロールバーを付けるようになっているのですが、フロント側が高さ不足

でみっともないので、不採用。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このサイズと当時の技術で仕方ないのかも知れませんが、透明パーツの窓という窓が

奥まっていて、実感を損ねています。  トミカ並みだよなぁ~。。。。

タイヤがタイヤハウスのなかに丁度良く収まらないので、折角付けたトライブトレーン

剥がして、位置を調整していますので、この程度で収まっています。

中身パーツとボディーパーツの間の隙間が大きく、窓越しにその隙間が見えるという

造りですので、値段も値段とはいえ、クルマ模型として、抜けてないかい??

いすゞベレット1600GTRも同様に作成中です。

このシリーズの日野コンテッサクーペは魅力的、見かけたら買っておこう。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ