2021/4/19  17:00

レインボーフリートMD-90  飛行機模型

JAS 日本エアシステム

 

MD-81,87&レインボー・フリート MD-90

                                ハセガワ 1/200

 

MD-90 量産中です。   なんでも黒沢レインボーは 各デザインが複数機存在し

12号機パターンは3機ずつ、3号機〜7号機パターンが2機ずつの合計16機で

運航されていました。 そして、その23機目は「影武者」と言われていたそうです。


在庫が2個あった12号機を地上姿勢で2組作るのはバズナンバーが被るので、

一組は飛行姿勢にしようとしています。

クリックすると元のサイズで表示します

 

エンジンポットは4色塗分けが18個だし、車輪はちっさい主脚が28個で、

もっと小さい首輪が14個・・・・主翼と水平尾翼は銀とエアクラフトグレーの

塗分けです。     延々と単調な作業続くことになります。  気が重くなりますが

始めたからには、そうそう簡単にはやめられません(笑)

クリックすると元のサイズで表示します


一番ハードルが高そうなのが4号機・・・・鼻っ先から青だか、緑だかわからない気持ち

の悪い、西洋の怪物の顔色しています。
クリックすると元のサイズで表示します   

 

巨匠黒沢もなんだかなぁ〜・・・

もっとも色はJASが決めていて、原案スケッチをみると、鉛筆でざっと描いた程度のもので、

イラストと呼べるか微妙・・・・これでby「黒沢」の仕事になるのかい?? 

と言うのが当時の感想でした。

 

・・・・でその気持ちの悪い色の4号機の前胴体部は調色したもので塗装となります。

この微妙な色が果たして出せるか・・・・・不安、、、、





1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ