2018/10/16  21:40

U-125A 救難捜索機  飛行機模型

British Aerospace   BAe125-800

航空自衛隊 U-125A 救難捜索機

クリックすると元のサイズで表示します
                              2012 百里基地 

何年前になるのでしょうか・・・・と前回書き出しましたが、調べてみると2006

の未完成品集合写真に載っていましたので、足掛け13年も経っていました。。

やる気になっていたのでしょう、監視装置コンソールと操縦席の計器盤がすでに

出来ていましたので、それぞれを塗装して、シートにベルトを付けて内装は完成。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



製作者に怒られそうですが、よく計算して工作しているんですねぇ〜

すんなりと収まりました。

クリックすると元のサイズで表示します

胴体後部には、救難用の機器、物量投下設備が設置されているのですが、

見えないところは省略です。

 

 救難団のUH-60ヘリコプターはすでに洋上迷彩が施されていますので、U-125Aは

やらないのかな?? っとおもっていましたが・・・・・

試験用でしょうか2パターンの迷彩塗装機があらわれました。

027号機と#028号機が別々の洋上迷彩になっていますが、

どちらに決まるのでしょうか・・・・こちらの塗装開始までには決まっていて欲しい。

 

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ