2018/7/28  21:37

MIG-23 Flogger  飛行機模型

USSR MIG-23  Flogger

ITALERI 1/48

 

迷彩色とパターンに関して、もっと資料を見るようにご指導を頂ていますが、

70年代のカラー画像と現代の用途廃止展示機やゲートガードでは、本当の

色は無理だと思ったんですよね。

・・・っという訳で 他の塗装例の色指定に疑問のあるイタレリ指定ではありますが、

一応FSナンバー(東側でも有効か??)での指定ですので、それに従い完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

 

可変翼のピボットがなんとも頼りない造りですので、翼を水平に揃えるのに多少の

仕掛けが必要でした。

クリックすると元のサイズで表示します

全体的にはボカシを入れたおかげで、かなり迷彩塗装らしくなりまして、実戦機の

雰囲気です。

クリックすると元のサイズで表示します

デカールは、よく見ないと分からなかったのですが、カルトグラーフでした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

チェコスロバキアのラウンデルは胴体、翼面、左右それぞれに方向の規則があるのですが

塗装図はテキトーで方向角度もウソクサイ。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

画像の色は、光線(撮影時期時刻)で変化するので、あてにはならないというのが持論です。

印刷物やカラーチャートも経年変化には無縁ではありませんので、その場その場での最適解

を採用して納得しています。

エッシー原産なうえに、なじみの薄いチェコスロバキア空軍のMIG-23に、それほどの調査時間

をかけるといったマインドを持ち合わせておりませんので、ほどほどということで・・・・

 

素直に銀色のソ連機にすべきだったかな??

銀色だと、表面のディティールが決定的に不足しているのよね〜このキット///Orz

だから、迷彩塗装を選んで、ヨゴシも入れて雰囲気を出したつもりなんだが・・・・


2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ