2010/7/24  13:28

RQ-4B 完成!  飛行機模型


グローバル・ホーク 無人偵察機完成であります。
1/72でありながら、全幅550mmもある(こればっかww) 
超高空をグライダーのように悠然とソアリングする。

Global Hawk (NASA)完成

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

NASAでは、すでに地球温暖化の観測に毎日10時間以上飛ばしているんだとか・・・・ 

無人偵察機といっても、遠隔操作のラジコンではなく、自律での長距離長時間飛行
が可能ですでに大西洋横断の実績もあるのだそうだ。

お隣の韓国でも導入(売ってやる)が決定したようですが、
38度線の上空で監視するのでしょうか。
竹島上空でも飛ばすなら、撃墜できるよう対策が必要ですな(爆)
公称の上昇限度が20000mならば
探知も迎撃撃墜も可能なのではないでしょうか・・・
でも公称だからね(実はもっと上がれるかも)

敵機にロックオンされた場合の回避方法なども組み込まれているのでしょうから、
そう簡単には問屋が卸さないように出来ているかもしれませんし、
そのうちミサイルを撃ち返すようになるかも・・・

冗談はさておき、一日2回くらいしか目標上空を通過できず、航路変更が寿命を
縮める偵察衛星よりも、自由度がたかく、経済的?で有効な偵察機でしょうけれども、
通信衛星は必要でしょうね。

それに、糸の切れた凧になっても困るでしょうから、これを追尾したり、
誘導したりといった技術も必要でしょう。  

今月号の「航空ファン」誌には、この無人機同士で空中給油する想像図が出て
いました。
無人機タンカーだったら、おんなじ形にすることもなかろー と思うが・・・・
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ