2017/11/15  21:53

英海軍雷撃機「ターポン」  飛行機模型

Grumman

RoyalNavy Tarpon  Mk.T

ITALERIAccurate Miniatures 1/48

 

英国海軍雷撃機/艦上攻撃機 「ターポン」 完成しました。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

蛇の目を纏っているものの、イギリス機にはない雰囲気はやはりなるほどグランマン
鉄工所製で、
とことん頑丈一途なスタイルです。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

「ワイルドキャット」、「ヘルキャット」にも通ずるシルエットは簡潔で大量生産の
工業製品という感じがします。

・・・が、あんまりカッコよくはありませんなぁ〜・・・

※ペラと脚と風防つけるまではそんなんでもなかったよーなぁ〜。。。。

 クリックすると元のサイズで表示します

 クリックすると元のサイズで表示します

 

この「アヴェンジャー」がアキュレイトミニチュアから新発売のころは、
SLB展示会にはいくつも
出品されていましたが、最近は見かけなくなったばかりか、
「ターポン」ともなると過去にも
出品はないと言われていて、前作の「バラクーダ」ともに
SLBとしては、初モノとなりそうです。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

 

「ターポン」の武勇伝を探しましたが、ほとんどありません。 
各型併せて1000機ほど供給されて
いますが、載せる空母がそんなにあるわけもなく、
言わせてもらえば、そんなに強力な敵艦隊がいるわけでもなく、

稼働率50%としてもケッコウ余っていたのではないでしょうか・・・・

主な敵は、U-ボート?? とか??
輸送船団護衛とか沿岸警備とかがミッションだったのでしょうか。

 

ところで、イギリス海軍としての本機の名称はやはり「アヴェンジャー」で、「ターポン」は
部隊での愛称
という説があります。 イギリス海軍機は、通例として「魚の名前」を
採用しているので、素直に
信じられますが、「ターポン」という魚は「美味しく食べるには」
という項目があるくらいで、通常
美味しくない魚なのだそうです。   
日本では、南の方でたまに釣れるらしいですけど、

一般的な釣りの対象ではないような・・・・・・ 古代魚の仲間ともいわれると、
ますますマズそう
ですね。。。 

 

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ