2016/8/17  22:11

F-16量産開始「ノルウェー空軍機」  飛行機模型

LockheedMartin F-16 Fighting Falcon

Royal Norwegian Air Force

 

ノールウェーのF-16Bはいまこんな状態です。 補強板は薄めのカッティングシートがよいようです

下面のフィンの角度や水平尾翼の角度に苦労しましたが、こんな感じでしょう。。 それにしても

この水平尾翼、ファントムのと同様で、ナニ考えてこんな造りなんだろうか。。凸(-_-メ)

クリックすると元のサイズで表示します 

このごろの(っと言っても20年以上も前ww)F-16の場合 翼端ランチャーには
AIM-120を装備している
例が圧倒的ですが、この場合、翼端のランチャーは
ハセガワの主翼に一体モールドされた
ランチャーでは不適合なので、
切り飛ばして適合のランチャーに差し替えました

なんでも、AIM−120を翼端に装備したほうが、燃費がよかったらしく、以後これが

標準的な装備形態になった・・・・という記述がありました。。

ランチャーもしっかり型式名があるのですが、ちょっと複雑なようなので、省略。。。。

 

今日は、2種類のミサイルを作っていました。
クリックすると元のサイズで表示します

左側はAGM-154 JSOW 右がAGM-84H SLAM-ERです。

・・・・・・なにに吊るすか検討中

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ