2016/8/14  21:23

F-16量産開始「第2LOT」  飛行機模型

LockheedMartin F-16 Fighting Falcon

 

アメリカ空軍の標準的な塗装ではないF-163種仕掛けておりますが

たまたま、F-16の代表的な垂直尾翼3種が揃いました。

 クリックすると元のサイズで表示します

手前から、ドラッグシュート収納型

次がBlock5〜20あたりの初期型

一番奥がBlock25以降のECM関連機器を収納し

根本が長く幅広になったタイプです。

 

ドラッグシュート格納部付きは各Blockに存在します。

初期導入のヨーロッパ系ではドラッグシュートを降ろして、

このスペースに電子機器を搭載している例があります。

パイロンにはフレアーインジェクターが装備されたり、

各種レーダーアンテナがマウントされたものがあります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

やはりF-16のキャパシティは上限に行きついているのでしょうか・・・

 

さて、模型的なお話を・・・

一枚目の垂直尾翼のタイプの表示とともに製作途中の様子になっています。

普通、エキゾーストノズルは本体塗装後にくっつける場合が多いのですが

このキットの場合、エキゾーストノズルのパーツが機体側の一部を持っている都合上

後付では、塗装とマスキングが面倒なことになりますので、

先にノズルを塗装して、マスキングしてから装着しています。

クリックすると元のサイズで表示します 

ハセガワのF-16の制作にあたってはケッコウ重要だと思う。。。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ