2016/1/31  17:39

下駄をはいたZERO  飛行機模型

HASEGAWA 1/48

二式水上戦闘機



クリックすると元のサイズで表示します 

「強風」に引き続き2式水戦を仕掛かっています。

前作同様に途中まで作ったものの、委嘱品です。

 

 

箱には、今では貴重なおまけがはいっていました。 

HobbyShopはせがわ製のレジンパーツ「フロートセット」であります。

 

比較のため主フロートを並べてみました。。オリジナルと形状を見比べてください。

田宮製2式水戦から20年以上経ての新製品でしたので

もともと田宮のフロート形状に少なからず不満があった、HobbyShopはせがわ店主殿が

潟nセガワのこれをみて、「これはイカン!!」と作ったオリジナルパーツなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
手前がキットの主フロート・向う側がレジンパーツ
 クリックすると元のサイズで表示します 

当時存在していた資料や写真からの推量に基づいて作られていますが、

その後の新資料と比較しても「僅差」だったそうで、

名人、職人の目見当とか形を見る能力って・・・・

ちなみに、このレジンパーツの製造販売は終了しています。



不要なスジ彫りを埋め、サフェ―サーを吹きました 

クリックすると元のサイズで表示します 

主翼下面のパーツが2式水戦用の追加パーツなのですが、

このパーツの翼端が妙に分厚くなっているのは、なんで??

気になったので、修正しておきました。


クリックすると元のサイズで表示します 

ドリーは完成したかに見えるものでしたが、よく見ると歪んでいます。

組立て図をみると、なるほどこりゃ作りにくい・・・・・・

バラしてヤスリがけと組直し、艦底色#29を塗りました。

指定は黒#2ですが、錆止めだからいーのいーのww


二式水上戦闘機の開発時点では、中古機を改造するつもりが
防水、防蝕、電蝕対策で、結局新造となったそうです。
そして何の都合か右側から乗り込みに変更されているそうですが、
足かけとか足乗せの形状とか位置がわかりません。。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ