2014/9/29  21:17

この頃のお仕事・・・たびたび  飛行機模型

田宮1/48 零戦52型を・・・

 

先日の潟nセガワ48 零戦52型甲の代打として進行していた

田宮1/48 を再開しました。

なにがあったか、腰が引けて先に進めないまま放置・・///Orz
頼まれ物の「飛燕」が幸いして、
日本機熱が熱いうちに・・とばかり

すかさず続行して、今こんなカンジ(笑)です。。

 

まずは航法灯やら、燃料注入口やらステップなどの塗装から
クリックすると元のサイズで表示します

そして日の丸の「赤」#327+?が入ります
クリックすると元のサイズで表示します


マスキングを取り払って、エンジンを装着してみました。
クリックすると元のサイズで表示します

カウルフラップ「開」が良かったのか悪かったのか・・・・
まっ、フラップも「ダウン」だし、キャノピーも「開」だし・・いいのかも。。。。


クリックすると元のサイズで表示します 

大概の場合くっつけ時や後の脱落に不安の残る脚カバーの一部

ですが、しっかりと接着面積が確保されたパーツです。

これが出来ない潟nセガワは今後も田宮を凌駕することは出来ない??

安心して先に組めます(笑)

 

青竹色には、諸説あるのでしょうが、河口湖の復元機の色を見ると

#57番はそのまま使っていいんだ〜・・・って思います。

 

実際はトーンを落とした自己解釈の青竹色にクリアブルーを上掛けして

鮮やかにしてます。。こんなもんでしょうか??

 反論絶賛受付中です(笑)

モチベーションアップに機番を入れてみました。
アンテナ支柱は、購入時から折れていたので、21型あたりのものを
代用しています。あとでカットしますので・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
その名も高きラバウル航空隊なんですが、日の丸の白フチねぇ〜〜

配備直後の新品ということで納得しましょう。
濃緑色で塗りつぶしたのは、勇ましくないし(?!)一般ウケしにくいので
これでよいと思います。

フチを緑にする場合でも、寸法がばっちりなので、キットのデカールが使えます

ただし、このデカール「硬い」です ・・・・
田宮のってこんなに??


1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ