2012/9/16  19:56

レドーム追加  飛行機模型

イタレリ1/72 C−119フライングボックスカー

プラ材の、めくれ・ササクレをなんとか押さえ込み
合いにくい、四角い胴体の修正も終わりました。

ほっとしたのもつかの間・・・・・・

今回カナダ機にするにあたってのもっとも特徴的パーツの
装着を忘れておりました。。。

黒いですけど、レジンなので、ゼリー状接着剤で接合

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

箱絵とだいぶ印象がちがいますね


パーツのリップ部分が厚いので、段差が出てしまうのですが、
パーツを削るべきか、パテで滑らかに整形すべきか・・・・・悩むゎ。

実機だって無理やりくっつけているんだろうから、それほど
きれいにくっついているわけではない・・・と思うのですよね。

さぁ〜どうする??

B787−8 DreamLinerでもやりながら考えるか

 

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ