2012/9/15  20:15

「飛べ フェニックス!」  飛行機模型

双ブームを持つ特異なカタチの輸送機、C−119を製作中です。

双ブームの輸送機というと思い出すのが「飛べ!フェニックス」という映画
白黒映画だったのか、テレビが白黒だったのか、とにかく見たのは白黒だった。

砂漠上空で遭難不時着大破した双ブームの輸送機をエンジンの無事なブームの
一方を切り離し、胴体の向こうから右主翼を持ってきて単発機を作るという
おハナシです・・・・・ 重そうだったナ。。。。

誰かが腕を挟まれて怪我してたような・・・・・

火薬カートリッジを使ってのエンジン始動・・・カートリッジは5本・・・
数を数える指が1で親指が立った。
外人はこう数えるのかぁ〜  と(これが一番印象的だったかもしれない)

日本人でも麻雀の点数を数えるのはこうだっけ?・・・・

この双ブームの輸送機、遭難場面の前を覚えていないので、
この機体が、砂漠=アフリカ=植民地=フランス=ノラトラ輸送機 
だとばかり思っていた。

調べてみると C-82「パケット」という機種が登場する。。。

・・・初めて聞く名前である・・・・

写真を見てみると、なるほど双ブームタイプの輸送機で、スペックもノラトラに近い。
クリックすると元のサイズで表示します 

このC-82の拡大版、性能向上タイプがのちのC-119で、試作中にXC-119となったそうだが
C-119になっても初期には同じく「パケット」と呼ばれていたらしい。
小荷物とはかわいいネーミングである。 
たしかに、少々デフォルメすればディズニーのアニメにでも出てきそうな機体である。


ところで、なぜかウィキペディアで和文のC-119が出てこないのだが・・・・・・はて



0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ