2021/9/30  16:57

出戻り三式戦闘機  飛行機模型

 

三式戦闘機「飛燕」1/48  飛行機模型

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61飛燕(丙と丁)

         潟nセガワ 1/48

 

244戦隊のあの迷彩は、浜松へ展開時に急遽徹夜で塗られたと言われています。

大忙しのなか、元の塗装を落とすこともなく、型紙もなく塗装されたと思われますので、

エナメル塗料で、手描きしました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

機首の一部や、側面などは画像や映像も残っていますが、上面となるとそのパターン

は見たこともありません。

よって、全くの想像なのですが、実戦部隊の整備兵が手分けして塗装するのですから、

プラモデルの塗装図のような左右対称パターンという訳にはいきますまい。

クリックすると元のサイズで表示します

 

おなじく、左右翼上面が対称なパターンになんぞにはなるわけがありません。

タミヤもハセガワも考えた方がよくないかなぁ〜??

クリックすると元のサイズで表示します

 

ギモンなのは、尾翼を赤に塗ったのは「みんな特攻隊」との意識共有戦意高揚の

ために塗ったらしいのですが、掩体ではない近隣の雑木林に秘匿するとなると尾翼

が赤いままなのは、ちょっと辻褄が合わないと思うのですが、本当はどうなのか・・・・・

 

プロペラの軸は本体にチョンと差し込むようにしかなっていません、

気付いていたら、それなりの仕掛けが出来たのでしょうが、

今からではクルクルと回るようには・・・ちょっとムズカシイ

潟nセガワのキットでこんなプロペラ取り付け法は普通でしたっけ??

クリックすると元のサイズで表示します

 

 

マスキング販売 さんのキャノピーマスキングシートなんですが、なんで「丙」型と「丁」型

で二つあるのだろうか・・・・と思っていましたがよく見ると第一風防の三角窓のカタチが

ちょっと違っています。   実機からして違うのか、キットだから違うのか・・・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

 

キットが違ってた・・・に3000点(笑)

クリックすると元のサイズで表示します








 

 

 

1

2021/9/21  9:03

出戻り 三式戦闘機  飛行機模型

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61飛燕(丙と丁)

         潟nセガワ 1/48

 

丙型を有名な244戦隊の迷彩機にしようとしています。

クリックすると元のサイズで表示します  

過去作の1/481/32 も244戦隊だったんですが、迷彩機にするのは初めてです。

クリックすると元のサイズで表示します
※1/48 潟nセガワ

クリックすると元のサイズで表示します
※1/32 潟nセガワ

 

実際の塗装の変遷どおり、銀防空白帯尾翼の赤ストライプまだら迷彩と

いう順番に塗ったような仕上がりになればいいのですが、あーだこーだと苦闘中(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

 

この状態で胴体に赤帯入れて、主翼前縁の識別帯、防眩黒を入れてマスキング

してから、銀塗装になります。

 

そして、それから先が・・・・・・・

 

 

1

2021/9/14  18:09

出戻り 三式戦闘機  飛行機模型

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61飛燕(丙と丁)

         潟nセガワ 1/48

 

二度目の出戻りで、やっとこちらの飛燕にまた掛かれるようになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

永らく、制作中や仕掛かり中断品が箱ごとこれらの上に積み上げていたせいで、

士の字状態だった丙型が主翼が真っ二つに折れ、コクピットがばらばらになり、

ラジエターも割れて中身が飛び出し、左水平尾翼がはずれていました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

 

再び、いや三度目の士の字・・・・かな? 操縦席のチョンボもあるので、

どっちかは、四度目のような気がする(笑)

 

やっと始めましたが、塗装順の整理がついていませんので、また止まってしまう

かも知れません。






1

2021/9/11  8:23

ストライカー一等兵  

アメリカ陸軍 M1126 ストライカー(ICV

                 

トランぺッター 1/72

 

忘れるくらい前に、1/72輸送機モデルの積荷として購入していたものです。

陸ものは詳しくありませんので、似てる、似てねーという評価はできませんが、射出成型品

としての出来のほどはすばらしい。。。。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

武装は7.62o機関銃から105o砲まで何種類かの搭載武装のバリエーション

があり、さらに指揮通信車から救急車などのベースになる汎用性が特徴ですが、

いざ、紛争地域に投入してみると、まず輸送機で戦地まで運ぶことが現実的ではない

ということがわかり、さらに山賊共の重武装化によるロケット弾や地雷、簡易爆発物など

に対して脆弱であったことなどから、運用や調達も限定的になってしまったようです。

装甲の目安が、ハイラックス搭載の対空機関砲だった??の?

 

おやおや、輸送機のランプに置けば、いい情景になると思ったんですが・・・・・

今後1/72C-130や、ましてや1/72C-17(超高価)なんて作る予定は

ありませんから だれかにあげよう(笑)

 

 

0

2021/9/3  12:35

F-86D 「月光」  飛行機模型

NorthAmerican F-86D

航空自衛隊 全天候戦闘機 「月光」

      アルカンシェール/マルサン1/50

 

デカールとフィギィアー塗装を除いて、ほぼ作業終了です。

クリックすると元のサイズで表示します

 

アカデミー/モノクローム版のデカールは小牧のシャチホコしか入っていないので、

千歳の103飛行隊にしました。  これなら複数人が作ってもダブりは少ないと思います。

 

終了間際に補助翼に瞬間接着剤が少量付着していたので、削り取って

サフェ&再塗装・・・ついでに銀も別モノに変更・・・・終了と思ったら、またしても

ハリアー以来のピースのうがい吹きでカップから飛び出したシンナーの飛沫が

再塗装を終わったばかりの補助翼に付着・・・またやり直し  ┐( -“-)┌ヤレヤレ

クリックすると元のサイズで表示します

 

キットでは簡単に胴体を分割していますが、実機ではこの間におおくの配管、配線

操縦索等があるはずですが、参考になる資料もありません。

クリックすると元のサイズで表示します

F-86の「世界の傑作機」があったはずななのですが、処分してしまったのか、

見当たりません・・・・エンジン取り外しの写真が載っていたはずなのですが。。。。

クリックすると元のサイズで表示します








 

 

 

 

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ