2021/1/8  16:16

Saab J-29 テュナン 1/72  飛行機模型

SAAB 29 Tunnan

オーストリア空軍戦闘機

HellerAirfix 1/72

 

WWU後スウェーデンのサーブ社が開発したジェット戦闘機です。
クリックすると元のサイズで表示します

MIG15F-86等と同様に、それぞれに祖先をたどるとドイツの計画機

Ta-183フッケバインに行きつく初期のジェット戦闘機です。
ちなみにエンジンはイギリス製です。

立派な成功作なのに「樽」という命名は自虐か?? 確かに、同時期の機体

に比べると、ぽっちゃりバディーではありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
※・・・案外そうでもないかなぁ

 

Airfixの再販のふれこみだったのに、中身はエレールの古いキットで、やっぱりね

と言う感じでしたが、だまされたー!   と言う気はしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

■昔のパッケージです。

古いだけあって、当然凸モールドです、それも極太! マッチボックスが運河なら

これは「塀」ですか・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※昨今1/48のキットが販売されていますが、そこまでお金を出すほどの魅力は・・・・

 

かなり昔に2個買って、1個スウェーデン空軍で作り、ずっと在庫になっていた

キットです。 


使用国が2カ国しかありませんので、スウェーデンを作ったならばオーストリアも

作らねば・・・・・というある意味落穂ひろいとなります。

 

特にムズカシイところはありませんが、機首に錘を仕込むのがちょいと工夫の

いるところです。  スペースがかなりタイトなので、ココがネックで、前回作った時も

苦労していた思い出があります。


今回はこの錘を入れるのをつい忘れてしまい、機首下面部分とインテークリップを

剥がして錘を入れるというドジを踏んでしまいました。

当然剥がしたパーツを再度接着するとキレイにはなおりませんで、そこでもまた苦労

することに・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

全体銀を吹きエンジン外板部分、排気外板部分のなどに銀を数色使いますが、
極力フリーハンドで色分けし、マスキングはインテークリップのみ
で、済ませました。

現在はデカールも終了・・・・・位置指定のない「11」と言うデカールが謎

の他は黄変もなく全く問題ありませんでした・・・



15年ほど前のキットのはずだが。

 

 

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ