2021/1/18  0:03

P-51D ムスタング1/72  飛行機模型

アメリカ陸軍 航空軍

North American P-51D Mustang

              タミヤ・エアフィックス 1/72

1/72手持ちのムスタング全部作ろう!!大作戦も、いよいよ最終ロットになりました。

手持ちの中でも、最後発の部類に入る、タミヤとエアーフィックス新金型であります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも、キレイなスジ彫なので、なんかイイモノが出来そうーな気がする(笑)

 

確か、タミヤのキットが先に発売されていたと思いますが、エアフィックスが先行しています。

最新キットでありますので、作りやすさとか正確さには期待が大きいのですが、さて、どんな

もんでしょう。


内部、コクピットの作りは両社ともよく似ています、  床と冷却器のダクトとを一体にし、

上に、燃料タンクと通信航法機器がモールドされていますので、それらしく塗分けますが

それほど細かくは塗分けません・・・・どうせ見えなくなりますから・・・・

※エアフィックス
クリックすると元のサイズで表示します

※タミヤ
クリックすると元のサイズで表示します

 

先に、エアフィックスが士の字になりました。・・・・・がココまでが大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

主翼と胴体が嵌りませんでした。   無理に押しこむと嵌るには嵌るのですが、上反角

が全くなくなり、調整も出来ないほど、ギッチギチです。   よってカポっと軽く嵌るまで、

主翼と胴体が接触する面を全部削り合わせる必要がありました。   


嵌らないのはフラップも同様で、爪の大きさや角度を削りあわせないと嵌りませんでした。

このフラップの爪は切り飛ばしても大丈夫かもしれません。

こんなはずはないなぁ〜とネットで制作記を捜しましたが、こんなに苦労したという記事は

ありません・・・・・・んん〜んどうしたことか・・・・なんか間違えたか??


主翼は上下貼り合わせてから胴体へ接着という組立図になっているしねぇ〜

コクピットパーツのサイドを削って、胴体幅を絞らなければならなかった???いやいや

前後寸法は物理的に嵌らないので、それだけではないと思うんですけどね。。

 

塗装は、タミヤのデカールを一部流用して、チャックイェーガーの1944の乗機といたします。

クリックすると元のサイズで表示します 



なお、タミヤのキットは現在士の字の手前です。






1

2021/1/13  22:48

Saab J-29 トゥンナン 1/72  飛行機模型

SAAB 29 Tunnan

オーストリア空軍戦闘機

HellerAirfix 1/72

 

体調不良もあり、完成が遅れましたが、完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

画像で見るよりはややスマートな印象ですが、やはり「樽」ですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

銀のアクセントは少々つけたつもりですが、バックのせいか、あまり判りませんね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

組み立て上特に難儀なところはありませんでしたが、車輪のホイールとタイヤの

堺のモールドが少し潰れていて、塗分けが少々しづらい部分があったのと

左舷胴体にあるパネルの凸リベットとモールドが潰れてたので、再現しなければ

ならなかったことぐらいでしょうか・・・・・これらは、古い金型のせいかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

トゥンナンは1961年のコンゴ動乱が唯一の実戦経験で、わずか11機(偵察機含む)

ですが、その奮戦ぶりは評価されています。


この作戦に投入された偵察機型は禍々しいアフリカ呪術に使われる仮面のような

迷彩塗装で凄味がありますので、ググってみてください。




 

 

1

2021/1/8  16:16

Saab J-29 テュナン 1/72  飛行機模型

SAAB 29 Tunnan

オーストリア空軍戦闘機

HellerAirfix 1/72

 

WWU後スウェーデンのサーブ社が開発したジェット戦闘機です。
クリックすると元のサイズで表示します

MIG15F-86等と同様に、それぞれに祖先をたどるとドイツの計画機

Ta-183フッケバインに行きつく初期のジェット戦闘機です。
ちなみにエンジンはイギリス製です。

立派な成功作なのに「樽」という命名は自虐か?? 確かに、同時期の機体

に比べると、ぽっちゃりバディーではありますね。
クリックすると元のサイズで表示します
※・・・案外そうでもないかなぁ

 

Airfixの再販のふれこみだったのに、中身はエレールの古いキットで、やっぱりね

と言う感じでしたが、だまされたー!   と言う気はしませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します 

■昔のパッケージです。

古いだけあって、当然凸モールドです、それも極太! マッチボックスが運河なら

これは「塀」ですか・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※昨今1/48のキットが販売されていますが、そこまでお金を出すほどの魅力は・・・・

 

かなり昔に2個買って、1個スウェーデン空軍で作り、ずっと在庫になっていた

キットです。 


使用国が2カ国しかありませんので、スウェーデンを作ったならばオーストリアも

作らねば・・・・・というある意味落穂ひろいとなります。

 

特にムズカシイところはありませんが、機首に錘を仕込むのがちょいと工夫の

いるところです。  スペースがかなりタイトなので、ココがネックで、前回作った時も

苦労していた思い出があります。


今回はこの錘を入れるのをつい忘れてしまい、機首下面部分とインテークリップを

剥がして錘を入れるというドジを踏んでしまいました。

当然剥がしたパーツを再度接着するとキレイにはなおりませんで、そこでもまた苦労

することに・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

全体銀を吹きエンジン外板部分、排気外板部分のなどに銀を数色使いますが、
極力フリーハンドで色分けし、マスキングはインテークリップのみ
で、済ませました。

現在はデカールも終了・・・・・位置指定のない「11」と言うデカールが謎

の他は黄変もなく全く問題ありませんでした・・・



15年ほど前のキットのはずだが。

 

 

1

2021/1/4  16:43

ケースに入れてみた  ツール

商品名はコレクションボックス

 

先日完成の艦艇模型を ケースに入れてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

 

サイズはW13.5”×D5.2“×H5.2” と日本製なのにインチ表示です。

メートル法でいいますと 左右約34.5p×奥行約13.3p×高さ約13.3p

さらに、ケース内寸は 左右約32.7cm×奥行約12.4p×高さ約118p


小さな置物、人形、フィギィアーなどを飾っておくもので重ね置きができます。

 

あまり出来の良くないnananiya72作でもいくらか見映えがよくなります。
クリックすると元のサイズで表示します

 

 

収納のバランスから考えますと、全長は280o以内くらいが適当のように感じます。


旧海軍の1/700戦艦では金剛クラスが入るには入るサイズで、扶桑クラスが

入りそうですが、フルハルにした場合は高さがキツそうです。

旧軍1/700の重巡洋艦あたりがよさそうです。


また、護衛艦の1/700では、いせ/ひゅうが がジャストサイズでしょうか・・・・

大型の補給艦 ましゅう/おうみ はギリでしょう。

 

近所のダイソーで¥400でした。




1

2021/1/1  0:01

謹賀新年  飛行機模型

謹 賀 新 年

 

本年も相変わりませず宜しくお願いいたします

クリックすると元のサイズで表示します

         87th Fighter Interceptor Squadron

 

先行き不安な新年となりましたが、

ウチの中で模型いじっている分には、リスクは低いと思います。

幸い在庫もたくさんありますので、ゆるゆるとやっていきます。

 

                         2021 1 1

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ