2020/10/25  9:56

Italian TONYU  飛行機模型

AeroMacKi-61U Yen

イタリア空軍 戦闘機 

          アリイ(オオタキ) 1/48

息抜きと称してイタリアンテイストの飛燕をもう一機同時に作っていました。

用意していたデカールは先のスモークリング迷彩用の茶色ベースの機体と、

ドイツ空軍風グレー系の迷彩機用のものでしたので、2機作るとなると、

どうしても2種類作りたくなるというもので、胴体側面のモットリングに

多少の不安を抱えながらもなんとかなるだろう精神で、スタートしました。
クリックすると元のサイズで表示します


イタリア機にする際のスペックもすでに決めていまして、

機首延長、後部胴体延長、右翼短縮、冷却器フェアリングの大型化、風防枠

の変更、機首左側面エアスクープの大型化、機関砲の増設、尾輪の大型化、

プロペラの変更等々。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


機首を切断していて、ノコギリに違和感が・・・空洞だと思っていましたが、

なんと!エンジンが入っていました(えらいゾ アリイ!)、それも、割に

妥当な形状のものでした。

クリックすると元のサイズで表示します


自分で組んでおいて記憶が蒸発していましたね。 

まぁ13年もたっているし、その間も色々たくさん作っているので・・・


国籍マークの違いは失脚した独裁者が返り咲いたため、空軍も2つに
分かれたためのようで、まだ詳しくは調べがついていないのですが、
国旗をあしらったもののほうが、どうやらファシスト派側の機体のようです。

なので、ドイツ空軍風な塗装なのだと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します


機首部分は主翼の根本から9mm 後部胴体は垂直尾翼の直前から
6mm延長しています(ちょうど黄色帯の部分)。   

後部胴体と垂直尾翼の間は直線的に延長してFw-190Dドーラの雰囲気が
欲しかったのですが、6mmではそのカンジがちょっと足りませんね。

クリックすると元のサイズで表示します


主脚も時間と気力があれば、重くなった機首を支えるためにもうちょっと
頑丈で長く、前方に傾斜させ、タイヤも違和感のないような大サイズに
したかった。


クリックすると元のサイズで表示します

全体、特に側面をみると、脚とタイヤが貧弱なのが目につきます、

アリイのキット全般に言えることなのですが、これはちょっと残念!。

ですが、こちらも上反角はピッタリでした


2007年以来いつかはやろうと思っていたアイテムです。


今回やれる条件が重なって2機とも完成できてヨカッタヨカッタ(^^♪。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ