2020/10/6  18:54

三式戦闘機「飛燕」1/48   飛行機模型

Kawasaki

陸軍三式戦闘機キ−61飛燕(丙と丁)

         潟nセガワ 1/48

 

このキット、上反角がつけにくいとの評判があるので、主翼を付ける作業に

没頭するあまり、あろうことか、コクピットを入れずに主翼を接着してしまいました。

そして、ご丁寧なことに、上反角をキープするために重石を乗せて数時間の養生も

してしまいました。


コクピットは胴体接着後、下側からはめ込む方式なので、主翼接着後では入れる

方法がありません。

やることは一つ!  上反角をキープした主翼をはがしました。

再度の主翼装着と上反角決め・・・・ご想像ください(笑)

 

コクピットが入りました。  

クリックすると元のサイズで表示します 

ヘッドレストは機体側に先に組んでいたのですが、微妙にあわなかったので、

現在このようになってます。

バルクヘッドが機体側切り欠きと面一でなくともいいのだろうか

 

・・・・どうだったか・・・

 

この辺が組立図では表現されておらず、ちょっとわかりにくい。

ヘッドレストがシート背もたれよりも大きく前に出るということはないので、これで

いいのだろう。。


一応、十文字になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

丙型は機首機銃(陸軍流だと機関砲??)を撤去していますので、埋めて

赤くペイントするのですが、ちょっと面倒です。


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ