2020/9/19  14:36

一〇〇式司令部偵察機V型改 完成  

三菱一〇〇式司令部偵察機 

-46V型改(乙+丙)“武装司偵”

                                  タミヤ 1/48

 

武装司偵完成しました。

クリックすると元のサイズで表示します


無線機の移設の証左として、武装司偵には最後部のキャノピーに短い棒状のものが

立っていて、そこにアンテナ線が引き入れられている写真がありましたので、これで間違い

ないな・・・・ということで、 単座の武装司偵として完成です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

プロペラを最後に付けましたが、ポリキャップのためかややガタがでました。

防止策として、ギヤケースと一緒にプリキャップ付きでプロペラを組んでおき、最後に

エンジン本体に接着すれば、ガタなしで組めます。 もちろんくるくる回るように調整が

必要です。 組立図の順番はそうはなっていませんが、これは田宮様の言うことを
聞かなくとも問題ありませんので、念のため・・・・

 

いつものように、クレポリメイトをキャノピーに塗布して透明度をアップさせて、
一連の仕上げ作業を完了します。

クリックすると元のサイズで表示します 

アンテナ線は37o上向砲のフェアリングから、垂直尾翼上端までとなっており、
元になったV型よりは短いアンテナ線となっていますが、問題はなかったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

 

旧日本軍機の機上無線(電話)は聞こえないので降ろしたとか、アンテナ支柱を
「ノコギリで切ってやったワイ」とかの武勇伝があり、役に立たないものというイメージが
定着しています。

しかし、そんなことはなく、ちゃんと整備すればちゃんと使えたし、8000mまであがれば、
全国の基地の電波を受信できた、とかの証言もありますので、使い方と扱い方がちゃん
としていれば、役に立たなかったということではなかったようです。

クリックすると元のサイズで表示します

 

機上装備の37oもの大口径砲は ホ二〇四と呼ばれる機関砲で、特に戦車砲とか
速射砲ではなく、アメリカの名銃 M-2(これ、いまだ現役)12.7o機銃の機構を
模倣して、口径を拡大したもので、重量は130Kg、初速710/s 400/分と
いった性能だそうです。

これを、風防の目印で標準して至近距離から発射するのでしょう


この大口径で初速はまぁまぁとして、毎分400発って・・・・ホントか??
クリックすると元のサイズで表示します

携行弾数は35発とも42発とも言われていますので、ほぼワンチャンスの迎撃では
弾不足にはなかったのではないかと思われます。

模型では再現されていませんが、薬莢の回収ケースとか回収袋があったのだと
思われますが、作っている最中はこれ気が付かなかった。。。

回収するギミックがあるのであれば、場所、スペース的に無線機の移設も納得が
いきます。

クリックすると元のサイズで表示します

 

なお、解説によれば、U型やV型でも大口径砲を装備した現地改造機が存在した
そうですが、当時の事とてその詳細は不明だそうです

 

武装司偵は合計75機ほどが確認されており、うち15機ほどがこの37o砲装備とか
言われております。   
しかし、命中率や取扱いの問題から下ろしてしまったものも多かったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

ともかく、大口径砲を70度におったてた姿は、模型映えいたします。







2

2020/9/17  22:36

一〇〇式司令部偵察機V型改  飛行機模型

三菱一〇〇式司令部偵察機 

-46V型改(乙+丙)“武装司偵”

                                  タミヤ 1/48

 

キレイすぎなので、スミ入れし、クリアーも吹きました・・・最近多用しているクレオス#114

のスムースクリアで、軽いつや消しになりました。  明るい色はそれほどのつや消しには

なりませんが、このような暗い色に使うと、つや消しの度合いが少しきつくなるようです。

クリックすると元のサイズで表示します 


ドキドキのキャノピーマスキングはがしを行い、稼働部のキャノピーも乗せてみましたが、カポっと

嵌りましたので、一応ほっとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

37o上向砲と 後席撤去で積んだ無線機(想像です)

クリックすると元のサイズで表示します
※武装司偵の特徴である段付き風防と20o砲

 

残りの小物類の仕上げで、今プロペラとスピナーの塗装をやってますが、プロペラの

茶色が見つかりません。。   プロペラ色というのがありますが、気に入らないので別に調色

して、取ってあったのですが・・・・・

さらに、前面は茶色ですが、双発機の場合の裏側は何色?? まあいいや茶色で・・・・

 

心づもりでは、今日完成のはずだったたのですが・・・・・どこでサボったのやら。
クリックすると元のサイズで表示します
明日にはきっと完成するでしょう。





0

2020/9/14  22:55

一〇〇式司令部偵察機V型改  

三菱一〇〇式司令部偵察機 

-46V型改(乙+丙)“武装司偵”

                                  タミヤ 1/48

 

塗装完了、デカール完了です。 

上面、下面とも暗めのテキトーですので、上面4色使いました。
クリックすると元のサイズで表示します

まだ、緑分が・・・・これだったら#18が良かったんじゃないかなー??とちょっと

思ったりしています。

クリックすると元のサイズで表示します

上面下面の塗分けはフリーハンドで済ませました。


下面は、まぁ#56でいいんじゃないかな??ということで、単色です。

色名としては、中島下面色ではあるのですが、暗い下面ということで採用です。
クリックすると元のサイズで表示します

作例作者は知り合いですので、聞こうかとも思いましたが、「覚えてるわけねーだろ」

と返されるのがオチなので、やめました。

 

終戦間際の現地部隊での塗装ですので、キレイ過ぎないというのはよいでしょう・・・

ただし、日の丸はデカールにしたので、キレイすぎです。。。

筆を入れるのは、ちょっと勇気がいります。   スミ入れでなんとかなるでしょうか。。

 

MAの作例を踏襲して、黄色の帯は入れていません。

 

脚柱は、収納部分を先に入れてしまったので、脚柱の幅にゆとりを持たせるために

切れ目を入れて隙間がでるようにしました。  角度をセットしてから補強でOKでしょう




1

2020/9/10  17:42

一〇〇式司令部偵察機V型改  飛行機模型

三菱一〇〇式司令部偵察機 

-46V型改(乙・乙+丙)

                             タミヤ 1/48

 

キャノピーの固定部分を先付けして、塗装しようと思います。   パーツの精度がいいので、

いつもどおり後付けにするつもりでしたが、ちょっと趣向を変えまして「マスキング販売」さんの

マスキングシートを目立たせようという目論見です。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※これが一枚200円です。


クリックすると元のサイズで表示します

なぜか、ココの一箇所だけがちょっと合わないのかな??・・・暑いのでシートが伸びたか??

 

後部キャノピーは中央部から順次合わせていくのがいいみたいです。

最後尾と中央よりを先に付けたら、可動部のキャノピーが合わせにくいということに

なってしまいました。

前部(操縦席)キャノピーは前、後ろ、中央の順でも問題ありませんでした。

 

固定部分は胴体と同時に塗装しようと思います。

さぁ〜やっとこさ塗装に掛かれます




1

2020/9/8  18:32

一〇〇式司令部偵察機V型改  飛行機模型

 

三菱一〇〇式司令部偵察機 

 

-46V型改(乙・乙+丙)

 

                             タミヤ 1/48

 

 

 

V型甲の組み立て説明図しか入手していなかったので、排気管を合わせるときに困った

 

ことに・・・・  1本余るの?? カットか?? NETになにか書かれていないかい??

 

 

 

捜しました・・・・有りました・・・ ホビーサーチという模型の通販サイトです。  ほとんどの

 

キットは箱絵から全パーツ、組立図、塗装図まで見せてくれています。

 

※知らなかったのはnananiya72だけだったりして(笑)

 

 

 

気が付かなかったのですが、カウリングパーツの排気管部分が薄くなっていて切り欠くように

 

指示がありました。   さらに着陸灯の切り欠きも確認できました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※カットしました。
クリックすると元のサイズで表示します
※それらしく嵌りました
クリックすると元のサイズで表示します
※早まってカットしなくてよかったよww

困った時はここですな。。。早速ブックマークです。

※検索キーワードはけっこうシビアです・・・・

 

さらに、珍しいことに、主脚が先に組み立てることになっています。

これには、違和感があり、塗装の邪魔になりますので、後からつけることにしました。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、主脚柱を仮組するときに合わせのキツさで、力を入れたら収納部がナセルから

外れてしまいました。。。    ・・・・田宮様の言いつけを守らない報いですね(笑)

クリックすると元のサイズで表示します

ナセルの中で浮いてしまったので、ナセルに穴をあけて、収納部につっかえ棒を差し込み

支えて、流し込みで再接着して修理しましたが、もっとがっちり接着しておくべきでした。

こんなにキツイとは・・・さすがタミヤの精度です。

クリックすると元のサイズで表示します

 

士の字になりました。   モデルアート誌の作例によりますと、標準より暗く塗っていて、

下面色も暗くしてあって、日の丸も白フチつきで、黄色い識別帯もなしとなってます。

資料豊富な作例作者ですので、そのまま信じることにしています。


暗いグリーンを数色選択して、ムラムラにしようと思っています。



キャノピーのマスキングは例の「マスキング販売」製に頼ります(何故か2枚買ってたww)




1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ