2019/5/14  16:18

次の作品展は・・・  飛行機模型

S.L.B 2020作品展テーマは?

ウラル山脈から西のヨーロッパ機とでも申しましょうか。。

 

・・という漠然としたテーマとなっていますが、そこはそれ、各人趣向を凝らした作品を

仕掛けてくると思われます。  まぁ〜概ねロシア(ソ連)からイギリスまでが範囲でしょう。

幸い、お手付きキットの数点が、テーマにあたりますので、出だしは順調・・・(笑)。

お初の東欧産 「AJ MODEL」のヘリコプターキット

ポーランドのヘリコプター PZL W-3T Sokół 「ソクウorソークウ」 であります。

クリックすると元のサイズで表示します 

なんでも、ポーランド語では「はやぶさ」という名前のようです。。

1974初飛行の汎用ヘリコプターで、各型合計で15種類ほどのバージョンがあるようです。 

各タイプのキットも出ていますので、東側ではよく知られたヘリコプターなのでしょう・・・

・・・がキットはもそっと何とかならんのか??
クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら・・まぁ〜酷いキットでありまして、全面が梨地なのですりおろすと、
体によくなさそうな黒い粉がボロボロとわいてきまして、それが炭の粉のように
手指にくっつきます 
ちょっとヤバいんでないのコレ・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
窓のパーツはどうにもこうにもな代物なので、ブラインドとし、隙間をパテ埋めし
裏側から#61を吹き、面一になるまで、削りましたので、中身は放棄・・・・

ただし、それほどの中身はありませんので、これでいい。

別パーツとして、エンジンポットが背中につけば、本体はほぼ完了ですが、

精密に作ろうとすると、小物の数がすごそう・・・。。

窓の透明パーツもガッタガッタなら、このエンジンポットもガッタガタでパテのお世話に

なりました。  まぁこんなもんでしょう。    窓のマスキングに入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
・・・・と ここまでやっていますが、ちょっとくじけそうです。

3色迷彩はエナメルで済まそうと思っていましたが、なかなかに面倒そうな迷彩

パターンでありますね。。
コピーを撮って、色鉛筆(UNI 60色)でそれらしい色を塗りました。

斜線で色を表現しているのですが、これって絶対間違えるよね・・・きっと
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

 

というわけで、今日はここまで、

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ