2019/5/14  16:18

次の作品展は・・・  飛行機模型

S.L.B 2020作品展テーマは?

ウラル山脈から西のヨーロッパ機とでも申しましょうか。。

 

・・という漠然としたテーマとなっていますが、そこはそれ、各人趣向を凝らした作品を

仕掛けてくると思われます。  まぁ〜概ねロシア(ソ連)からイギリスまでが範囲でしょう。

幸い、お手付きキットの数点が、テーマにあたりますので、出だしは順調・・・(笑)。

お初の東欧産 「AJ MODEL」のヘリコプターキット

ポーランドのヘリコプター PZL W-3T Sokół 「ソクウorソークウ」 であります。

クリックすると元のサイズで表示します 

なんでも、ポーランド語では「はやぶさ」という名前のようです。。

1974初飛行の汎用ヘリコプターで、各型合計で15種類ほどのバージョンがあるようです。 

各タイプのキットも出ていますので、東側ではよく知られたヘリコプターなのでしょう・・・

・・・がキットはもそっと何とかならんのか??
クリックすると元のサイズで表示します

残念ながら・・まぁ〜酷いキットでありまして、全面が梨地なのですりおろすと、
体によくなさそうな黒い粉がボロボロとわいてきまして、それが炭の粉のように
手指にくっつきます 
ちょっとヤバいんでないのコレ・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
窓のパーツはどうにもこうにもな代物なので、ブラインドとし、隙間をパテ埋めし
裏側から#61を吹き、面一になるまで、削りましたので、中身は放棄・・・・

ただし、それほどの中身はありませんので、これでいい。

別パーツとして、エンジンポットが背中につけば、本体はほぼ完了ですが、

精密に作ろうとすると、小物の数がすごそう・・・。。

窓の透明パーツもガッタガッタなら、このエンジンポットもガッタガタでパテのお世話に

なりました。  まぁこんなもんでしょう。    窓のマスキングに入ります。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
・・・・と ここまでやっていますが、ちょっとくじけそうです。

3色迷彩はエナメルで済まそうと思っていましたが、なかなかに面倒そうな迷彩

パターンでありますね。。
コピーを撮って、色鉛筆(UNI 60色)でそれらしい色を塗りました。

斜線で色を表現しているのですが、これって絶対間違えるよね・・・きっと
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

 

というわけで、今日はここまで、

1

2019/5/10  13:03

第33回SLB作品展E  

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

フルスクラッチのU-1252種、塗装3パターンを個別撮影しました。

制作のいきさつは、13年前(だと思うww)にクラブのクラフトマンNMKI氏より

「記念塗装で作りたいので、ノーマル塗装をおひとついかが?」・・・と言われて引き受け、
直後に「機首に問題ある、修正するのでちょっと待って」 で、13年(笑)で
ようやく動き出し、
作品展に向け作ることになりました。  


NMKI
氏にとっては20数年(初配備ごろ?)ごしの計画が結実することに・・・・・

ただし、都合と状況は変化していて、記念塗装のはずだったNMKI氏のほうは
飛行点検隊、救難飛行隊ともにノーマル塗装で、ノーマルだったこちらは、洋上迷彩
ということになりました。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
制作中のすり合わせなく、3機が揃うのは、この作品展が初めてのこと、

クリックすると元のサイズで表示します
完成度のたかさは、
さすがにご本家の作には数歩譲りますが、洋上迷彩に隠されて、
まぁまぁ
OKレベルの 点数
をいただけたのかな???。

クリックすると元のサイズで表示します

前任のMU-2Jとのツーショットです・・・・ちなみにこれもフルスクラッチ。

入間基地飛行点検隊に3機配備されていたU-125FC1機が事故で失われ、

残った2機もそろそろ耐用年数が気になり始める状態だそうで、後継機として、
セスナサイテーション680A・ラティチュードというちょっと大柄な機種に交代していくようです。

クリックすると元のサイズで表示します 

同じく前任のMU-2Aとのツーショット。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

洋上迷彩は航空自衛隊小松基地に22パターンが存在していまして、好みとして

027号機のパターンを採用しましたが、最近ローテーション配備によりノーマル塗装に
戻されて、
他の飛行隊へ・・ というわけで、この塗装パターンは現在存在しないようです。  

また、U-125Aの洋上迷彩化も採用されるのか、不明な状態です。

クリックすると元のサイズで表示します

機体にとりつくアンテナ類や脚柱、アクチュエーターカバー等の小パーツを始め、
機番のマスク版やデカールまで支給していただき、楽しく作ることが出来ました。

NMKIさんに感謝です。

これで、第33回SLB作品展のレポートを終了いたします。

2

2019/5/9  22:11

第33回SLB作品展D  

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

前回に引き続き、展示模型を掲載します。

前回に引き続き、展示された多数の1/721/48レシプロ作品のなかから、個人の好みにより

ピックアップした作品を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します

左フジミ右ハセガワの1/48 F-15Jです。
最近模型店でよく見るフジミのキットですが、
たしか「現用のF-15Jとは細かい
ところが違っています」みたいな断り書きがされていた気がしましたが、

並べてみると、なるほど上面だけでもかなり違いますね。。

確かに値段は安いんですが・・・ 
ハセガワにしたって同様の断り書きが必要のような・・・以下自粛

クリックすると元のサイズで表示します
モノグラム1/48ベースのB-17G 会話を小耳にはさんだかぎりですが、透明パーツは自作
らしい・・・・モデルアート別冊の作例らしいので、詳しくは同誌をご参照ください。

クリックすると元のサイズで表示します
MPM1/72 グロースター・ミーティアF-8プローン・パイロット という実験機らしい。。
なんでも、前方の席には
被実験者がうつ伏せ(プローン)状態で乗り込み、耐G
研究をしたらしい。

Gスーツは実用化されているはずなので、併用しているのかな??

・・・・が、こんな機首形状では、高いGをかけたら・・・・折れない?  心配ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

同じくミーティアのターボプロップエンジンの実験機 ミーティア・トレントです。
ロールスロイス・ダート(YS-11のエンジン)の開発に貢献したそうです。

プローンパイロットと同じ作者ですが、こんな面白いものを見つけるのにも
感心しますが、
ほいほい買えるその財力にも感心します。

ワタクシなんてとても、とても・・・・・


クリックすると元のサイズで表示します
1/72ハセガワの航空自衛隊F-15Jです。繊細なつくりで、完成度が高いようです・・・
が繊細すぎて、
ちょっと動かしたら、ミサイルが取れ、修理中にパイロンごとタンクはとれるわ、
果ては、主翼も
外れるわで、接着剤は何使ってるの??  という声が・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
1/72レベル F-18E ホーネットもカッチリ作られており、お手本のような作風です。
ん?  この2機ともSLB総帥の作か・・・・なるほど、さすがだわ。。


クリックすると元のサイズで表示します
アズール1/72 ダッソー MD 315 フラマンは、第二次世界大戦後間もなく
フランス空軍向けに製造した
汎用小型双発輸送機です。  
各型があり、アルジェリア戦争では地上攻撃機として参加
しています。
有名機ではないが、実用性が高いのか、1980年ごろまで現役してたらしい。

なお、フラマンとはフラミンゴのことだそうです。


クリックすると元のサイズで表示します
MPM 1/72 Me-262 a1aU3偵察機だそうです。 
エアーブラシワークの見事さにはため息しか・・・


クリックすると元のサイズで表示します
ファインモールド 1/48 陸軍九五式戦闘機です。  
この、一分のすきもない仕上がりは、作るうえでの
意識向上をうながされます。。  
張線も少ないので、やってみたいキットです。

クリックすると元のサイズで表示します

1/48 田宮 ソードフィッシュ  モデルアート別冊の作例です。  
詳しくは同誌をご参照ください。

クリックすると元のサイズで表示します

1/72の大型機がこんな風に展示されていて、「展示が遠い!」 とまたも批判の的
になりそうです。
向こう側のバリアントはマッハ2のキット、US-2はアニグランドのレジンキットで、
値段はビックリの
3万円越えだそうです。  発売されているとはしりもしませんでした。   
本来ならば飛行艇を
シリーズ化しているハセガワの仕事なんでしょうが、
新金型の二式大艇もあれ以後作ってくる人が
いないってのも・・・・  
売れていない証拠なのかな??

マーチン飛行艇やネプチューンは久しぶりで見ましたが、なかなか新鮮に映ります。  

P2Jの改造そろそろやらないと、レジンパーツが歪んでしまぅ〜。。。。

===============================

 

取り上げた作品はあくまでも個人的な嗜好で選んでおり、評価や批評をしたものではありません。
これですべての作品が写っているはずです。

次回は自作関連の作品を主に掲載したいと思います。

・・・・・続く


0

2019/5/9  12:03

第33回SLB作品展C  飛行機模型

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

前回に引き続き、展示模型を掲載します。

今回は多数の1/721/48レシプロ作品のなかから、ピックアップ(個人の好みですが・・・)

した作品を掲載します。

クリックすると元のサイズで表示します
最初は多数のミステルのなかから、JU88とMe109の組み合わせです。
架台もしっかりしているところから、ちゃんとした資料があったように見えます。
ワタシも一つFw109との組み合わせのキットを持っているのですが、
こんな架台だったかな・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
イタレリ1/48のRF-4Eです。  存在は知っていましたが、箱を開けた瞬間から
やる気の失せるキットだったはず。。。 ちゃんと作るとこうなるのね。。。
背中のカンジはハセガワよりもいいかも。

クリックすると元のサイズで表示しますMiGー29フルクラム1/48(アカデミー)

 



クリックすると元のサイズで表示します垂直尾翼に人物が・・・・

クリックすると元のサイズで表示しますこちら側にも・・・・
別売りのデカールなのですが、どこのものかを聞き忘れました。
おそらく、ホビーショップはせがわ店内の膨大な在庫のなかから選んだのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
このJU88の垂直尾翼のマークが目を引きました。
クリックすると元のサイズで表示します拡大してみると、船舶の撃沈マークのようです。
ドイツ機マニアには知られているのかもしれませんが、初見でした。

クリックすると元のサイズで表示します
マイルス マーチネット標的曳航機 というんだそうです。 初めて見ましたが
1700機(練習型合計?)も作られていたんだそうです。
左舷に突き出た風車で標的(吹き流し風な・・)を巻き上げるようです(想像だが)
なぜ、黒と黄色に塗分けられていないのか・・・については、目立つと撃たれるから・・・
というので衆目の一致・・・・納得です。

クリックすると元のサイズで表示します
B-24Jリベレーター  中立国スイスに不時着(避難)して接収された機体だそうです。
全面のアルミテープを貼り付け、ルーラーでリベット打ちを・・・・途中で気が狂いそう・・とか
言っていましたが、やろうと思うこと自体どうかしている(笑) 重量感、実物感とも
存在感は圧倒的ですね。

まだまだご紹介したい作品がありますが、ちょっと時間が無くなってきましたので、
また次回ということで・・・・・

==========================================================
 

あくまでも個人的な趣味で選んでおり、評価や批評をしたものではありません。

1

2019/5/8  12:46

第33回SLB作品展B  飛行機模型

33SLB(ストックレスブラザーズ)作品展

 

前回に引き続き、展示模型を掲載します。

今回は1/48のレシプロ機たちですが、ここも密集展示です。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
97艦攻はモデルアート別冊の作例です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
イギリス機の迷彩色が、けっこう多彩なカンジ

これらの全体を撮るとこんな感じになりますが・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ファインモールドの新作も並んでおりますが、神風号は??
あの人が絶対作ってくると思っていたし、最適任なのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
真ん中のヘンシェルは32では??


クリックすると元のサイズで表示します
各種のミステルがみたこともないほどの機数が並んでいました。
本当のところどうなのよ・・・と話題のタネになりました。

クリックすると元のサイズで表示します
1/48のB-24リベレーターです。左側のスイスマークはアルミテープ
が貼り付けられ、フルリベット表現されています。

まだまだご紹介できていない作品がありますが、今日のところは
ここまでにさせていただきます。

・・・・・・・・・・・ 続く。



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ