2019/2/27  23:59

SU-34 Fullback  飛行機模型

Russia air force

SU-34 Fullback Fighter-Bomber

        HobbyBoss 1/48

ロシア航空宇宙軍、戦闘爆撃機SU-34  下面のエンジン部、金属塗装完了です。

はっきりとした、色調差はありませんが、まぁ光の加減で部位別の色がわかりますので、

OKでしょう。。。。っと自己満足かもしれませんけど。。。

クリックすると元のサイズで表示します

下面はいろいろと細工が必要で、このところひっくり返しての作業が多いので、

上面の塗装保護のため、ペーパーウェスを貼り付けました。   割と安心感・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

キットの機首形状がNGなので、レジンの別売りレジンパーツをとりつけました。

装着はうまくいきました。   塗装しましたが、その塗装がペロンと剥がれる

食いつき不良のアクシデント・・・・   レドーム部分の塗装を全部はがして、

再塗装です。。・・・・

一皮むくようにペーパーをかけて、下地としてプライマーを塗布し、サーフェーサーを

かけて、白塗装しました。  レジンパーツは過去も使っていて、これほどの

失敗はなかったのですが、このくらいの面積は、そーいえばなかったかもね。  

今度は大丈夫・・・・なはず。。

 

現在、脚収納部の塗装の準備です。

ここが終われば、かなり完成に近づきます。

1

2019/2/24  23:45

SU-34 Fullback  飛行機模型

Russia air force

SU-34 Fullback Fighter-Bomber

        HobbyBoss 1/48

ロシア航空宇宙軍、戦闘爆撃機SU-34  下面のエンジン部、金属塗装です。

写真を見るとそれほどの色調差がないようですが、模型はもう少しオーバーに・・・

3色使って、さらに各パネルも色の差を持たせたいと思い、一枚一枚マスキング

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

ケッコー時間がかかりました。
   |
   |
   |
肩凝るわ〜

1

2019/2/21  21:03

SU-34 Fullback  飛行機模型

Russia air force

SU-34 Fullback Fighter-Bomber

        HobbyBoss 1/48

ロシア航空宇宙軍、戦闘爆撃機SU-34  さらにグズグズで、やっています。

予定では、2月中のロールアウトを目指していたのです、 ちょっと無理かなぁ〜

・・・と思い始めましたが、塗装も小物も終わっているから、あとは一気に!!

いけるかな、いけないかな、  と 弱気なきょうこのごろ・・・・・


 3色目の塗装も終わり、フリーハンドでぼかしをかけていました。
クリックすると元のサイズで表示します

上面、下面ともケッコー色変わりな箇所がありまして、ちまちまとマスキング中です。
クリックすると元のサイズで表示します

下面はまでやってません、なにしろ下面エンジン部の金属塗装すら、まだやってない

いま引っかかっているのが、この部分
クリックすると元のサイズで表示します

でかいブームのこの部分はAPU(オグジュアリー・パワー・ユニット)を
内蔵しているのですが、

インテーク、エキゾーストともにモールドが落っこちています。
クリックすると元のサイズで表示します  



そこここに、「やっぱり中華キットか〜」なところが散見されます。 

まぁいくら中露の仲といっても、最新鋭機を軍関係者でも
ない、模型業者に

見せる訳もなし、写真が見られるようになったのはつい最近・・・・

リサーチ不足もしょうがない・・・と甘目に見ておこう。。

2

2019/2/16  22:59

SU-34 Fullback  飛行機模型

Russia air force

SU-34 Fullback Fighter-Bomber

        HobbyBoss 1/48

ロシア航空宇宙軍、戦闘爆撃機SU-34  グズグズやっていましたが、ようやく

塗装工程に移りました。   下面終了で上面3色迷彩の2色目が終了です。

・・・で、 これが3色目のマスキング・・・いつもの通り、拡大コピーからマスキングテープ

トレースして写し取り、カットして貼りつけるという作業を地道に2日間かかりました。

ともかく、側面の迷彩がないのは、やりやすい。。

クリックすると元のサイズで表示します



3
色目の塗装状態です。
クリックすると元のサイズで表示します

もう少し緑に振りたくて、混ぜたら予想よりも濃くなってしまい、補修しました。

明日には、なんとか塗装終了といきたいもんです。

 

1

2019/2/9  21:18

TwinMustang 1/72  飛行機模型

USAirforce

F-82G TwinMustang

       TAKA 1/72

ムスタングを2つくっつけて、全天候戦闘機(夜間戦闘機)にしたのが、

このツインムスタング、 メーカーは「TAKAsuzushoとしか表記がない、

住所も電話番号もない。

※その後の情報では、倒産後オオタキの人が立ち上げたメーカーということでした。
 ネットで拾える、その他の製品には、戦車や複葉機、昆虫のキットもありましたが、
少数で、どれもマーケットを刺激するまでにはいたらず、数年で解散したようです。

これは、ヤフオクでも手に入ります。 アルカンシェルもこのツインムスタングと同じ

もので、これもヤフオクで手に入ります。。。。おひとついかが??
・・といっても、本家のモノグラムのほうが、出品も豊富のようですので、そちらが吉

でも、多分スペシャルホビー版のほうが、(レーダーなし?)いいカンジかも。。。。

ワタクシの長いプラモデル歴でも、覚えのないメーカーです。
クリックすると元のサイズで表示します

キットのほうは、時代のせいなのか太くクッキリ大雑把の凸モールド
クリックすると元のサイズで表示します

「モノグラムの半島製劣化コピー版」という記事もあるのですが、

手持ちの70年代初期と思われるモノグラム、フロッグ、エアフィックスP-51

モールドと比べても、大雑把・・・・

もしかしたらそれ以前60年代のシロモノなのか??  モノグラムとレベルの作例

NET上で見ることが出来たましが、作りはこのTAKAのものとよく似ています。

箱にはmade inJAPANと印刷されていますが、どういった経緯なの?

・・・なんか不可解。。。。  この氏素性のわからないキットがずっと気になって

おりまして、「どーせヤクザなキットだろ?」と思いながらも、今般ちょっと

ワケありで着手しました。
クリックすると元のサイズで表示します

まぁ〜一応ムスタングには違いないが、いいのコレ?あってるの?とか思って

調べたとしても、直すつもりもないまま一気に完成しました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 既存のP-51H型をくっつけた改造ものだと思っていましたが、HF型の設計

を流用しながらの新作というのが妥当な解釈らしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

双胴二人乗りのコンセプトで、B-29B-36の護衛戦闘機として計画され、

戦後には陸軍の予算不足から、エンジンをアリソンに換装の愚を犯し、

生産、配備に大幅な遅滞をまねき首無し機体が並んだそうです。

A-36アパッチの頃から、ムスタングはアリソンエンジンとは、相性が悪いようで・・・・

なお、このF-82G型はP-61ブラックウィドウの後継として、海兵隊の

F-3Dスカイナイトなどとともに、B-29やB-50護衛の夜間戦闘機として、

朝鮮戦争で使われました。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ