2018/11/16  21:49

英国のハヤブサ  飛行機模型

Royal Air Force

Westland Whirlwind

      Airfix 1/72

イギリス空軍双発戦闘機 ウェストランド ホワールウィンド(またはワールウィンド)です。

プラモデルとしては1/721/48とも作る人も多く(自分の感覚ですが・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

 

さぞかしの量産数と思いきや、なんと驚きの112機・・・・

どうもエンジンがだめだったらしいが、1000馬力級の液冷エンジンでしょ? 

ロールス・ロイスともあろうものが。。。。 1000馬力級双発となれば単座複座の

違いはあるものの、この時期どこでも失敗作を誕生させていますが、なんなんだろうね。

クリックすると元のサイズで表示します

 

小さく細くまとめられた単座機でエンジンナセルが大きくて大馬力双発戦闘機に

見えますが、稼働率や使い勝手がイマイチで、大決戦のバトル・オブ・ブリテンでは

お呼びがかからなかったらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

さて、キットの組立てに関しては脚カバーのパテ埋めだけで、それほど手間な

く組立てられますが、主翼の後縁付近は、キレイに均してやる必要があります。

 

プロペラの表現を透明プラ板で作ってみましたが、もう一ひねりですかねぇ〜・・・

クリックすると元のサイズで表示します

スタンドはネオジム磁石を使ってみたくて、機体側にビスをねじ込み、スタンド側に

ネオジム磁石を乗っけてありますが、磁石大きすぎ・・・・スマートに結合するなら、

ネジ穴にステーの真鍮棒を直に差し込めるようにしたほうが「吉」なんだろう。。。

その、ネジ穴の位置もいいんだか、なんだかなぁ〜。。 ナセルで隠している

つもりなのですが、ちょっと前すぎるか・・・・ 最初は尾輪のあたりにしようと

思いましたが、そこまで磁力が強力か?  という不安が・・・・

磁石の径をもっと小さくしてみるか・・・・



寒いので出渋っていましたが、いよいよ明日はホームセンターへ行くか(+_+)

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ