2015/3/26  22:50

Twinotter  飛行機模型

Canada Rescue Unit

を作るならこれも並べたほうが、見映えがします。

 

DHC-6 Twin-otterです。

クリックすると元のサイズで表示します 

DHCでも青汁ではありません()

 

実機は製造中止から20年以上もたってから、エンジンを換装して再生産開始とか

2008年の再生産からすでに400機も売れているのだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

もともとは、レシプロ単発のオッターというのを、ターボプロップ双発にしたので、

ツインオッターなのだそうですが・・・・・・・

 

数年前にも作っていますが、もう一度やってみましょう・・・
クリックすると元のサイズで表示します

前回はいただきものの、デカールがないジャンク品でした。

今回は中古品ながら、一応デカールも付いています()

使えるか?・・・と言われれば、「さ〜ど〜〜でしょ〜〜」とまもとに心もとない()

再度の挑戦ですので、前回の反省点を直しながら作れればと思いながら。

クリックすると元のサイズで表示します

👆いまここ

操縦席の窓は、やはりマッチボックスなので実機とかなり違います。

フロントガラスが平面すぎて、さらに小さい

サイドウィンドウも小さくピラーも太く実感をそこねています。

 

パーツの状態では、主翼が妙に垂れ下がっていますので、

写真を眺めて、修正しています。

 

内部には、簡単な操縦席があるだけで、客室は床も椅子もありません

 

前回同様な面倒はつきまといます。。

エンジン回りの汚れ目立たない用の黒塗装

側面の窓のマスキング()・・・・・やはりダメ()

 

そして、なによりも黄色の塗装ですね〜〜。。。。

 

キットはとっくの昔に廃版になっていましたが、5〜6年前に

レベルから再販されていまして、値段も倍くらいになっているのですが、

この度入手しました。。
昨今の模型高値状態で感覚がマヒしましたか///Orz
クリックすると元のサイズで表示します

デカールもプラ材質も普通のプラモデルのようですので期待しましょう

これがダメでももう一回やれる?  やるの?? うう〜〜ん

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ