2015/1/18  21:24

買っちゃいましたTU-22M  飛行機模型

TU-22 M”BACKFIRE”C

 

先日となり街の模型店で発見して、購入見送りのブツですが・・・


やっぱりウチにきちゃいましたぁー()
クリックすると元のサイズで表示します

                      イタレリ箱になっていますが、根っこはどうやらエッシー

ソビエト連邦時代からの中距離爆撃機で、このタイプは

胴体に一基の長距離対艦ミサイルを装備した、さながら

ソ連版一式陸攻?・・・はるか洋上の米艦隊を攻撃します。

 

ソ連の米海軍空母機動部隊に対する戦術は対艦ミサイルの

飽和攻撃だったはずなのに、一発しか装備しないのはなぜだ・・・・

雲霞のごとく多数機を繰り出したとしても、

AIM-54フェニックスの歓迎の嵐をすり抜けて何機が射点までたどりつくか・・・

こんな点でも一式陸攻だな。。。

 

このタイプはTU-22として最新のタイプで、エアーインテークがMIG-25

というかF-15イーグルなどによく似た形になっており、エンジンも強化型です。

クリックすると元のサイズで表示します

カタチ的にはその前のインテークが好みなのですが・・・・・

 

キットはどちらのタイプどころか“BLINDER”とよばれているTU-22までもが

同時に発売されていたはずで、模型店の棚には3個が並んでいたのを

見ているのですが、その当時は(ソ連機など)好みではなかったので、

買う気などありませんでしたが・・・・

このところ、MIG-21とかに手を出したりするのはどうしたんでしょうね()

 

キットは非常にザックリな出来で、マス目のような直交モールドは

ほんとかいなと思うほどのものですので、すこしは手を入れるようです。

クリックすると元のサイズで表示します 

そんな前提でネットの作例を見ていたら・・・・・

 

どうやら、そんな生易しい修正量ではないようです。

胴体のタッパがたりないらしい・・・・・

胴体の全長が足らないらすい()

機首形状もなんだかなーらしく太くするみたい。。。

主翼の根元の形状が違うみたいね。。。

インテークの形がおかしいらしいし・・・・

 

そのまま作るのが幸せなのかもね

どーみてもBackFireなんだし。。。。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ