2014/12/20  13:48

YS-11EBを作る「第四章」  飛行機模型

第四章 バンダイのYS-11改造(主翼編)


エンジンパーツを装着するために、

主翼上面パーツを指定寸法どおりに切断します。

はたして、合うのか?・・・一抹の不安はありますが、

どうせパテがいるよねと覚悟をします(笑)
クリックすると元のサイズで表示します

レジンパーツもエンジンナセル前部中後部基部主翼の一部の

2分割になっていますので、接合部を平らにして仮組をします。

後部ナセルパーツが若干変形しているせいか、前部のパーツがまっすぐに

付きませんので、補正しています。

キットの主翼下面パーツのナセル部分との合いもわるいので、

左右のレジンパーツが同じになるように慎重に削りあわせます。

クリックすると元のサイズで表示します 

ただし、下面主脚収納フェアリングのそりあがり部分はおおきな

隙間ができますので予めパテを仕込んでおきます。

 

キットではスロッテドフラップが可動式になっていますが、

「あげ」位置で固定します。     隙間はどうする??
クリックすると元のサイズで表示します

 

結局オリジナルを芯にして外側に出る部分の上下面にプラ板を貼り

隙間の幅近くに揃え、主翼内側の出っ張りを全部カットし、改造フラップを

はめ込みそれによって生ずる、上面下面の翼表面の多少のうねりは


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

接着剤で抑え込み、固着後に整面してます。。なので、ちょいとばっかり

主翼は薄く上がるように思いますが、そのほうがカッコよいかも(笑)

 

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ