2014/4/3  23:26

MIG-21を組立てる  飛行機模型

Trumpeter 1/32 MIG-21M

 

ラダー、フラップ、エルロン等の動翼が別パーツになっています。。

各パーツ、後縁は貼りあわせではないのに、分厚い出来・・・・

なんのためにこんなパーツ割にしているのか理解していない証拠だな。。

 

主翼は主翼で、ぺらっぺらな出来で、「これでホントに飛ぶのか??」

揚力ってこんなもんで発生するのかいな?といった

翼断面ですな┐( --)┌ヤレヤレ…

 

多くの例漏れず、開状態で作れるものは閉めちゃダメって原則が

ここでも働いていました。

 

あわない

あわない

あわない

開けてつくろうとしても、それはそれで問題がありそうですけどね・・・。

 

この際、これで正解ということで、後ろを振り返らずに「前へ!!」

 

キャノピーもそろそろ合わせておきましょう。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 

 

塗装も調べてみると、箱絵の配色とは違っているようです

市販の完成品ではこうなっている・・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 

なかなかよろしい。      好みである    ()

 

 

付属のデカールには翼面の国籍マークに白ふちがないみたいです 凸(-_-メ)

 

スクラップブックから持ってきましたが

これはフジミ72RF-4Cのデカールか??

 クリックすると元のサイズで表示します

ただの十字なら白フチを塗装でなんとかする気にもなろうが、これ 無理!

順調に行ってるつもりなの だ が・・・・

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ