2011/1/12  21:10

テープで仮組みをしてみた  飛行機模型


進行中の1/48 E−2C ホークアイ(航空自衛隊 早期警戒機)です。
士の字になるのはもう少し先ですが、重心位置を確認する為に組んでみました。

キャノピーを組んでしまうまではまだ補正のチャンスがありますから、確認は大事です。

クリックすると元のサイズで表示します

主要パーツがテープでこれくらい留っててくれれば、合口はよいのかな?

肝心の重心は多少余裕がありそうです。
組立順と塗装順は工夫がいりますね・・・
何も考えずに、マスキングと塗装の体勢でムリするか・・・・



それにしても・・・・・・・重い!!



※1月13日現在の重量は 389g  リンゴ1.5個分 也 (爆)
0

2011/1/9  18:35

パンチコンパス  ツール

ご存知のかたはご存知かもしれませんが
小径用のサークルカッターです。

商品名を「パンチコンパス」といいます。

クリックすると元のサイズで表示します
相当の小径の丸が切れますので、重宝しています。
刃は普通のNTカッターの刃を一枚折って装着しますので、怪我に注意です。
もともと製図用とかではなく、多分、紙に孔があけばOKという程度の道具のようですので
刃のセットや、スライド部分のガタに注意をしないと、丸くなりませんので
コツが必要です。

パッケージの紙がどっか逝ってしまってますので、
品番などはわかりませんねm(_ _ )m

「ウメモト」とモールドがありますので、なんかのてがかりになりますかね。。。
これは、画材屋さんで買ってきてもらったもので
お値段は¥600ほどです。

0

2011/1/7  21:30

亀に似てるが亀ではない  飛行機模型


KINETIC48 航空自衛隊E−2C Hawk-eye 50周年塗装機です。

なにをしているかというと、

シリモチをつかないようにオモリを仕込んでいるところです。
クリックすると元のサイズで表示します
これから取り付くはずのパーツを全部乗っけました(亀みたいw)。

その結果こんなにもオモリが・・・・・・・
クリックすると元のサイズで表示します
まだ足りん・まだ足りんと追加しましたので、はてさて
何グラムになったやら・・・・・
15gの鉛を4個+α と充填材の重さになります。

この機体は、レドームやその基部、垂直尾翼が4枚もある尾翼部分が
かなりの重さになりますので、全部乗っけて調子を見るのが不可欠

過去作のフジミ1/72E-2Cです。
クリックすると元のサイズで表示します
機首にオモリを仕込む段階で、レドームの重さは見積もりましたが
尾翼の重さをなめていました・・・・orz

しかし、エンジンナセル内に脚庫がないキットのいい加減さのおかげで、
幸いにも若干のスペースが・・・・・

そこに小さいおもりをぎっしり詰めてクリア〜(^^♪ 

一応、学習能力があるのだ・・・・(爆)

 

0

2011/1/5  13:36

このごろのお仕事  飛行機模型

年末年始休暇も追加一日の本日を残して終了

そんなおり、とうとう風邪をひいてしまった orz  ・・・・あぁ〜あやっちまった。
薬のせいか、少々「ぼぉ〜〜」となっている。

暫く完成品はご披露できませんが、がんばってます(自己満足)

クリックすると元のサイズで表示します
ハセガワ72トラッカーそろそろ塗装に入ります
デカールが古いので、表面加工が必要です。

クリックすると元のサイズで表示します
オルファ・サークルカッターの最小カット径改善
軸側の肉厚を削りました。
これで、5.5Φの丸が切れます
特にいま必要なわけではありませんが、思いつきで・・・

クリックすると元のサイズで表示します
F-14トムキャットのレジン製シート
フェースカーテンハンドルはキットパーツ流用します
このごちゃごちゃを上手く塗り分ければ・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
同じくF-14トムキャット用のデカールです
キットにもVF-111のシャークマウス付属しているですが
ハセガワデカールの常として、すでに黄ばんでいるので
さんざ迷った挙句コレにしました
ホント金喰いネコですわ・・・・追加¥2150
準備完了方針決定迷わず進められます(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
E-2C空自50周年塗装機の主翼です。
折り畳みができるようになっているのですが、
レギュレーションは展張です。
翼長は510mmの大物になります。
今日は機首オモリの成型でもやりますか・・・・・

残された時間は・・・・・・4ヶ月弱也

 

 

0

2011/1/2  10:22

キーワードは石坂浩二  ツール

新春二日目から、早速 駄文を供します(笑)

年末の出勤時、
電車内の広告で赤いふちのメガネをかけたオジサンが微笑んでおりました。

「だれこれ・・・石坂浩二? なんだこのメガネ・・模型・・ルーペ?」
「おお〜!!模型用のメガネだ!!」「なになに神田通信工業?ハズキ・ルーペ?」
「¥10260!?たっか〜・・・・」 

出社そうそう、仕事もせずに早速ググってみますれば・・・たくさん載っています。

「広い視界・1.6倍(2.5D)だと?・・・・なんだ2.5って  まあいいか・・」
「おお、値段は一万を切っているし、送料無料」 「よし、こうた!!」

と自分としては、即断即決の男買いであります。 

早速アマゾンユーザーの娘にたのむと、キーワード「石坂浩二」で、ルーペが
出てきたのには、のけぞりました(爆) 

「ぼち」っとやってもらいまして、
娘には¥9500を即金で支払い、後は届くの待つばかり。。。。。(笑)

                    ・・・・・で5日ほどで届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

ハズキ・ルーペであります。
とうぜん石坂浩二とおそろいのルージュレッド(爆)

フチなしなので、視界は広いです。
レンズの質か、明るいです。
軽いです。
フィット感はすばらしいです。

し、しかし・・・・・これといって近くのものが大きく見えるという実感はありません。

ここで、あの2.5D という数字の意味がピ〜ン!ときたのであります。

いわゆる、シニアグラスでいうところの+2.5度・・・・・
手持ちに2.5のものがありますので、比較しました。

前述のアドバンテージはありますが、焦点距離は同等でありましたorz。

まぁ、高くて、カッコいい老眼鏡を買ったということで・・・・・・・                                    


                なお、この使用感はななに屋個人のもので、
                多くの人が実感するものではありませんないと思います。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ