2011/3/23  22:04

三陸海岸大津波  

このたびの震災を機に再読しています。
悲惨さの印象は残っていましたが、数字的なものやエピソード的な箇所は
ずいぶん忘れてしまっています。

クリックすると元のサイズで表示します

2004年の文庫だから、三陸出張の際地震に遭遇し、
そのあたりに買ったものようだ・・・・・・・

このなかには、津波の評価がちゃんと書かれていると思う
そしてなによりも教訓が書かれていると思う
国土交通省の役人が調べた災害とはちがう事実が書かれていると思う
明治29年の災害の様子を読むと今回と驚くほどそっくりだと思う
500年に1回ではなかったのだと思う


そして、その出張で宿泊した民宿の安否を気にかけていましたが
ネットで写真が拾えました。
クリックすると元のサイズで表示します

倒壊もせずに健在のようですし、土砂や流木もないようですので
多分無事・・・・・だと思います。  投稿者のかたに感謝です。


さきほどアマゾンを見てみましたが在庫切れで、中古本もプレミア値段です。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ