全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2013/1/2

キツネ色  
玉ねぎ等を「キツネ色になるまで炒める」とよく書かれているが、キツネは滅多に見ない。
そう思って調べてみたら、キツネといっても色々種類がいるわけで、写真で見る限り玉ねぎで出せそうな色をしているのはホンドギツネとアカギツネくらい。ホンドギツネはわりと濃い色をしていて、これを玉ねぎで再現するとなると相当炒めねばならず、むしろ「飴色になるまで炒める」という表現が当てはまるだろう。つまりキツネ色はアカギツネ色という事のようだ。
今では「飴」も多様化しており、キツネも普段見かける物ではないので、かなり昔から言われている調理の表現なのだろう。しかし今ひとつわかりにくい。例えば「柴犬の色になるまで炒める」とかはどうだろう。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ