全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2013/1/29

緑の家  
クリックすると元のサイズで表示します
緑の家発見。

2013/1/19

大阪  
大阪Chove Chuvaで松田美緒さんのライブ。入りの時間より早く着いたので途中のカフェで一服。

クリックすると元のサイズで表示します
カフェの中に秘密の階段が。

2013/1/13

本日のディナー  
ベジタリアンフーズを食す。

クリックすると元のサイズで表示します

2013/1/2

キツネ色  
玉ねぎ等を「キツネ色になるまで炒める」とよく書かれているが、キツネは滅多に見ない。
そう思って調べてみたら、キツネといっても色々種類がいるわけで、写真で見る限り玉ねぎで出せそうな色をしているのはホンドギツネとアカギツネくらい。ホンドギツネはわりと濃い色をしていて、これを玉ねぎで再現するとなると相当炒めねばならず、むしろ「飴色になるまで炒める」という表現が当てはまるだろう。つまりキツネ色はアカギツネ色という事のようだ。
今では「飴」も多様化しており、キツネも普段見かける物ではないので、かなり昔から言われている調理の表現なのだろう。しかし今ひとつわかりにくい。例えば「柴犬の色になるまで炒める」とかはどうだろう。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ