全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2010/12/31

今年最後のランチ  
自然食に特別関心があるわけではないが、単純においしいのと体調が良くなるのとで時々食べている。知人に借りたデジタルピアノを返す用事もあってセンター北のナチュラルハーモニーにてランチ、大晦日も営業。
祖師谷大蔵の『キヨビスカ』が亡き今となっては、最近は吉祥寺の「もんくすふーず』か、ここかといったところ。

クリックすると元のサイズで表示します
写真はビュッフェ分でのちにメインディッシュが出てくる。車で来る事が多いので滅多に飲めないが、日本酒等もおいしい。

2010/12/18

九州ツアー〜熊本〜  
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します






熊本へ向かう途中、サービスエリアの動く人形。トナカイがサンタを浴槽に沈めているふうにしか見えない(もちろん煙突なのだが)。


クリックすると元のサイズで表示します
熊本では”ロック番長”のお店で演奏。

クリックすると元のサイズで表示します
終演後は常連のお客さんと番長(写真右)のセッションが。みんなが楽しそうでこちらも嬉しくなる。

2010/12/17

九州ツアー〜大分〜  
14、15日は東京で仕事があったので神戸の後は一旦帰京。それもあり昨日の音楽会に参加する事が可能になった。
あらためて『僕らのしぜんの冒険』のツアーのため飛行機で大分へ。みんなは昨日のうちに四国からフェリーで大分入り。

クリックすると元のサイズで表示します
大分空港の荷物受取所の回転台にはこのような物が。

2010/12/16

fj's  
クリックすると元のサイズで表示します
fj'sにて『深町純さんに捧げる音楽会』。金子飛鳥さん主催。投げ銭は御花代に。

出演:金子飛鳥&フレンズ
金子飛鳥(ヴァイオリン) ナターシャ・グジー(ヴォーカル、バンドゥーラ)
佐藤芳明(アコーディオン)鶴来正基(キーボード)、吉野弘志(ベース)
渡辺亮(パーカッション)岡田浩安(ケーナ、サンポーニャ)

セットリスト
1、白い翼              飛鳥/ナターシャvo/鶴来

2、バンドウーラソロ           ナターシャ

3、hugh         飛鳥/ナターシャ/岡田

4、やぎの踊り           飛鳥/岡田

5、パサカージェのメドレ          飛鳥/岡田/佐藤

6、イリアスのテーマ       飛鳥/岡田/佐藤/鶴来
ーーーーーーーーーーーーーーー
1、半分の月             飛鳥/吉野

2, 小さな小さな映画   飛鳥/佐藤

3 . Oblivion 飛鳥/吉野/佐藤

4、 カヴァティーナ           飛鳥/鶴来
  
   ビリンバウsolo〜          亮

5、Dance of Death          飛鳥/吉野/鶴来/佐藤/亮
  
   森のperc solo-〜          亮

6、I wish you peace   飛鳥/吉野/鶴来/佐藤/亮/岡田   
 ーーーーーーーーーーーーーーーー
[アンコール]
1.アヴェマリア         ナターシャvo/鶴来
2. Earth Turns Eternal 飛鳥vo&vn/吉野/鶴来

2010/12/11

名京阪神ツアー  
クリックすると元のサイズで表示します
大阪nu thingsにて。メンバーやスタッフやお客さんと。センチメンタルシティロマンスの細井豊さん(写真左)も大阪でオフ日だったので聴きに来てくださった。

2010/12/7

トリオ  
今月29日に行われる久保田洋司君のライブのためのリハーサル。今回初めてご一緒するコントラバスの増田琴美さんと3人で。少人数で音量もそれほど出さないのでうちでやる事になったのだが、コントラバスはやはりでかい。今までにも何度かうちにコントラバスを持ち込んだ事があったつもりだったので、こんなに大きかったかと不思議に感じたが、よく考えてみるとピッコロベースだったりサイレントベースだったのを思い出した。
久保田君はthe boomの『no control』ツアーでご一緒して以来。
けっこう作り込みながらも順調なリハーサル、今日一日で全曲さわる事が出来た。

2010/12/4

木管楽器の日  
金沢から戻り。今回は電車での往復。強風のため電車に若干の遅れ。
昼過ぎに東京に到着。高校時代に吹奏楽部で一緒だった「三日月」さんのフルート演奏を聴きに西新宿のムラマツホールへ。会場に着くとコンサートは始まっていたが三日月さんの演奏には間に合ったようだ。一人1曲ずつの演奏、演奏前には司会による紹介があって、いわゆる発表会の様な形。
高校の時は合奏だったので個人の演奏をじっくり聴く機会はほとんどなかった。今回ピアノだけを伴奏に舞台の中央に立って吹く姿を正面から見るのはこちらも緊張するし照れくさくもある。凛とした演奏、ピアノと息も合っていて気持ちがいい。聴いているうちに、この空気感は昔と変わっていない、と気づいた。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ