全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2010/10/31

FBM  
FRENCH BLUE MEETING。今日も天気はすっきりしないが、沢山の人で賑わう。目的がはっきりしたイベントなので、天候の影響が比較的少ないようだ。それにしても、発案者である総指揮の戸谷さんのフットワーク、素晴らしい。

クリックすると元のサイズで表示します
フランス車関係のグッズを中心に沢山の店が出ている。St.Jamesのパーカーを安く売っていたので購入。

クリックすると元のサイズで表示します
出演者一同。左からツルギ、バルタン・シルヴィ(トーストガール)、サカイレイコ、田ノ岡三郎。

2010/10/30

FBM前夜祭  
長野県の車山高原にてFRENCH BLUE MEETING。二十三年前にフランス車愛好家数人によって始まった集会が今や長野県を代表する観光事業になっている。ライブイベントに出演のサカイレイコさんのピアニストとして参加。他の出演者も以前から知り合いなので合宿のような感じ。今日は前夜祭。

クリックすると元のサイズで表示します
到着してすぐに昼食が出される。鹿肉の天ぷらバーガーに牛乳、栄養ドリンク。楽譜はゲンズブールの『唇によだれ』。

クリックすると元のサイズで表示します
本番前の夕食。昼とはうってかわって(笑)なんと豪華な。これに加えて蓼科牛のステーキも。大満足。

クリックすると元のサイズで表示します
前夜祭深夜はレストランの二階がクラブ状態に。ここでもミニライブが行われる。アコーディオンを演奏する田ノ岡三郎さん。手前は地元の父娘DJユニットの機材。自分でもやってみたくなった。

2010/10/29

カンターレス2  
カンターレス2。代官山『晴れ豆』にて。
今回はギターのマスト氏も参加、アルベルトがパーカッションを担当出来る曲が増えてアレンジの幅が広がった。
今日も沢山のお客さんに来てもらったが、その中に約30年ぶりに会う高校のブラスバンド部の後輩が二人来ていた。一人は最近掲示板に投稿してくれたフルートの「三日月」さん、もう一人がアルトクラのしまちゃん。まったく予想していなくて(と同時に心のどこかで予想していた気もする)、すっかり大人っぽく(大人なのだが)なった二人にただ驚くばかり。もっとゆっくり話したかったし、また近いうちに集まれればいいかなと思う。二人とも今でもバンドやアマチュアオケで楽器を続けているそうで何だか嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します
写真はクラウディアblogから拝借、リハーサル風景。おそらく曲は『カンタ・コラソン』。

2010/10/28

ライブ前日  
カンターレスのリハーサル。行きの車のラジオで流れていた「たむらぱん」の『ラフ』、これはすごい。

クリックすると元のサイズで表示します
終了後、皆で食事。ネパール風小龍包のモモ。

2010/10/26

強力管楽器隊  
クリックすると元のサイズで表示します
The Boomレコーディングにてホーンセクションのダビング。倉ちゃんとルイス。

2010/10/23

見つめる人  
クリックすると元のサイズで表示します
nAo Live@inishmore。店への入口。

2010/10/19

rehearsal@inishmore  
クリックすると元のサイズで表示します

2010/10/16

遷都1300年祭  
奈良、平城京跡にて遷都1300年祭イベント。「まほろばステージ」での「在日コリアンデー」、chi-jaさんのライブで演奏。共演のサムルノリや朝鮮古謡の演奏にも感動。

クリックすると元のサイズで表示します
まほろばステージ。留め具以外は全て木で出来ている。贅沢な造り。


クリックすると元のサイズで表示します
同じステージでは「せんとくん」のショーも行われた。

クリックすると元のサイズで表示します
ショーの後、足早に会場を去るせんとくん。

クリックすると元のサイズで表示します
子供達にも大人気。

クリックすると元のサイズで表示します
ライブの後、お客さんに頂いたアイスクリームを食べているところを、さらに別のお客さんに撮られた写真、の写真。プリントしたのを手渡され、無言で去って行かれた。

そういえば「まんとくん」を見かけなかったがどうなったのだろうか?

2010/10/14

南米のお茶  
クリックすると元のサイズで表示します
イリアス公演中、飛鳥さんがマテ茶を楽屋に常備していて、時々飲ませてもらったのがおいしかったので自分でも購入してみた。専用の木製容器とボンビーリャという金属製のストロー。

2010/10/9

IT'S A BEAUTIFUL DAY 2010  
朝霧JAM2010。加藤登紀子さんのステージで演奏。

クリックすると元のサイズで表示します
転換中、ステージからの眺め。集落のようなテント群。演奏が始まるとそこから沢山の人が集まってくる。

クリックすると元のサイズで表示します
予想以上の悪天候。テント楽屋も水が入り込んで床(というか地面)に物が置けない。寒さがそれほどでもなかったのがせめてもの救い。

クリックすると元のサイズで表示します
キーボードの細井豊さんのセッティング。ペダル多過ぎw。しかしこれらを巧みに操作することで豊かな表現が生み出されている(と思う)。サスティンペダルは無造作に、しかも信じられない事に左側に置かれている。

一ヶ月近く前、『イリアス』休演日に一度リハーサルをしたきりだったが、何とか大丈夫だったようだ。
雨の中、濡れながらもお客さんが目一杯楽しんでいる。屋根付きの舞台で申し訳ない気持ちにさえなった。
ところでイリアスといえば、カっサンドラ役の新妻聖子さんがたまたま今日観に来ていてバックステージで再会する。
公演中とずいぶん印象が違ったかな、と思う。「役が抜けた」ということなのだろうか?
彼女も素晴らしいシンガー、また何かでご一緒出来ればと思ったりもする。

2010/10/3

大千穐楽  
『イリアス』大千穐楽。
稽古が始まったときにはどのように手をつけたらいいのかよくわからなかったが、いつの間にか形になり、本番中にも姿を変えながら最後の公演を終えた。公演の数だけバージョンが出来たという感じだ。

クリックすると元のサイズで表示します
公演を終えて宿への帰り道。快適な阪急電車でご機嫌の飛鳥さんとヤヒロさん。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ