全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2010/4/25

崖ながけ  
クリックすると元のサイズで表示します

2010/4/22

祐天寺  
祐天寺『FJ's』にて金子飛鳥さんとのライブ。
アメリカ在住の飛鳥さんは昨日日本に帰って来たばかりで、今日11時からうちで一回きりのリハーサルをする。
お店は名前から分かる通り大御所キーボーディスト深町純さんのお店で、夕方到着するとそこにご本人がいらっしゃって、リハーサル中は音作りを手伝って下さる。楽器はCP80という、今では考えられないものが置いてあり、アコースティックなライブに向かないのではと心配していたが、触ってみるとものすごく弾きやすい。MIDIが取付けられピアノ音源に繋がれており、本体の音と混ぜ合わされて特に打鍵の後の減衰が気持ちいい。

クリックすると元のサイズで表示します
CP80。

飛鳥さんのオリジナル曲を演奏するのは今日初めて。「広い」感じがする。時おり不思議な和音が出て来て興味深い。
自分の曲も何曲が演奏したが、とても「歌って」弾いてもらい、メロディが最大限に引き出されたように思う。


クリックすると元のサイズで表示します
同じく祐天寺の「かき小屋」。まぐろのオブジェ。

2010/4/17

個展  
横浜で一月に行なわれたジャズ寄席でアートワークを担当されていた宮崎文子さんの展覧会を観に行く。
国立新美術館の近くの湘南台マイギャラリーにて田中ゆかりさんとの二人展。二人は対称的な作風なのでどちらの作品かがすぐにわかる。宮崎さんのは暗めだが慣れるとすんなりと入ってくる。その中の一つの作品に妙に惹かれてしまう。沢山の手がピアノを弾いている版画で、自分の部屋のピアノのそばに飾りたくなった。
夕方は原宿の『SEE MORE GLASS』でバンドウジロウ氏とマツヤマアキオ氏の二人展を観る。ここは普段はいわゆる「森ガール」の溜り場というか聖地だそう。今日は両氏によるライブもあり、満員でゆるい感じながら盛り上がっていた。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~seemoreglass/

2010/4/7

表現  
深夜、テレビの通販番組をつけていたらアクセサリーの紹介をしていて、司会者が、
「このダイヤとプラチナの組み合わせは、黄金コンビですからね」と言っていた。
貴金属の良さを別の貴金属で表現していいのか。どうもすっきりしない。

2010/4/6

業界用語  
実家の水道を開栓する必要があったので企業局に電話する。料金の事を訊ねると、「29日以下ですと5リューベーまでは基本料金が半額です」とおっしゃる。
ちょうど4月29日あたりの話をしていたところだったので、なぜ「29日以前」と言わず「29日以下」と言うのかがわからなかった。ひょっとして「以下」というのは「以降」の意味で使っているのだろうか、そもそも「リューベー」って何だ、などと疑問が頭をかけめぐる。
よく聞いてみると「29日」というのは使用期間の事で、29日間以下なら基本料金が半額、それを超えると通常の額という事らしい。今話していた日付と数字が同じなので混乱する。「29日間」と言ってくれれば誤解がないのだが。
そして「リューベー」、水量の単位のようなので「1リューベーは何立方メートルですか?」と訊ねると「1リューベーは1立方メートルになります。」とおっしゃる。
それならなぜわざわざそんな変わった呼び方をするのだろうと思いつつ電話を切った後で,「リューベー」は「りゅうべい」、即ち「立米」の事だと気がついた。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ