全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2009/10/26

HAWAIIAN BLUES  
原宿のスタジオでSANDIIさんの録音。ハワイアンだけど何処かブルースっぽい曲。

クリックすると元のサイズで表示します
作曲の山内雄喜さん所有、ダブルネックのウクレレ。

2009/10/21

朗読会  
知人に誘われて、千駄木の書店『古書ほうろう』へ「カタリココ」を聴きに行く。
早く着いたので、よみせ通りでもんじゃ焼きを軽く食べてから会場に向かう。
大竹昭子さんが案内役のトーク&朗読の会で、今回は作家の黒川創さんがゲスト。
全くの予備知識無しで向かったが、話もわかりやすく興味深い。ものを書くという事についての話が中心で、自分のやっている事に置き換えてもずいぶん共感出来た。しかし時間が長過ぎて、休憩ありとはいえ、八時からの会が十一時をまわっても終わる気配が無く、段々集中力が途切れて来た、客からの質問コーナーではペンネームの由来とかつまらない質問も出始めたので、途中退席。

休憩時間に『新潮日本文学アルバム〜内田百聞』を購入。黒川さんの作品朗読は面白かったのでそのうち何か読んでみようと思う(途中退席のためその場で買うタイミングを逃してしまった)。

2009/10/20

GLAM CHANSON NUIT    
クリックすると元のサイズで表示します
新宿ゴールデン街劇場にて。

2009/10/17

合掌  
C.C.LemonホールへThe Boomのツアーファイナルを聴きに行く。
同期を多用したアレンジが効果的。サポートの人数は少ないが、音の隙間が心地よかった。

家に帰ってネットで加藤和彦さんの死亡を知り、ただただ驚く。
以前、加藤さんが音楽監督を努めた舞台にピアノで参加した事があって、彼の『ヨーロッパ三部作』が大好きな自分は、打上げの席で加藤さんに向かって「三部作はCD化されて音が変わってしまった。妖しさが無くなってしまった。」などと話した。酔ってた勢いもあっただろう、ずいぶん勝手な感想を言ったものだったが、加藤さんは気を悪くされる風もなく話を聞いて下さった。
そして、別れ際に「じゃあ今度『妖しい音楽』を作りましょうよ」とまで言って下さった。

一緒に作る事はかなわぬ夢となったが、自分なりの『妖しい音楽』は作り続けようと思う。

2009/10/4

祭  
近所の神社のお祭り。普段は閑散としているが、今日はたくさんの屋台と人で賑わう。

クリックすると元のサイズで表示します
祭囃子は”生演奏”。市の無形文化財。

クリックすると元のサイズで表示します
昔ながらのゲーム。道具も年季が入っている。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ