全方位型音楽家、鶴来正基のブログです。石川県金沢市出身。メイン楽器はピアノ、キーボード

2007/8/30

LGO  *
昨日今日と、Life Goes Onの録音。
Moonriders岡田徹氏主催のアコーディオンバンドが本格的に活動再開。
今回はメンバー全員が曲を書き下ろし、皆それぞれの作風、色とりどりの世界。
早くも名盤(?)の予感、完成が楽しみ。


クリックすると元のサイズで表示します
Life Goes On のアコーディオン隊。

2007/8/24

マルイボウル  
中野の丸井本店が26日で閉店する。建物は取り壊しテナントビルになるらしい。
ここで買い物をした事はないが、5・6階にある「マルイボウル」が長年に渡って我々のボウリング大会会場だったので少なからずショックである。
投げ納めということで、いつものメンバーが集まりここでの最後の大会を開催。ゲームの後はレーンの前で記念撮影。しみじみと。

2007/8/21

世田谷のスタジオ  *
午後から若林さんのリハーサル。一緒に演奏するのは初めて。
面白い曲を書く人だと思う。23日まではその独特の譜面を読むコツを忘れないようにしないと。
夜は別件のレコーディング。偶然リハスタジオのすぐ近くのスタジオで。
2曲のピアノ録音で、スタインウェイとベーゼンドルファーを1曲ずつ弾かせてもらってなんとゴージャスな。じっくりと作業をして24時に終了。

2007/8/20

@第一生命ホール  
遂に生で観てしまったEGBERTO GISMONTI。
ずいぶん前に岸野雄一さんからCDを借りてハマっていたのだが、それが生で聴けるとは。
今日は、前半は10弦ギター、後半はピアノのそれぞれソロ演奏。
最初に知ったのがアコーディオンとTR-808が中心の壊れテクノだったので、これほどの達人とはつゆ知らず。
が、今日最初に感じたのはすき間の無さ。一音鳴らして余韻を感じる箇所がない。なんらかの音が常に鳴っている。
まあそれもお国柄と思えばなんとか大丈夫。近代音楽の後ろでブラジルのリズムが鳴っている状態を楽器一つで表現した、と言ったらまとめ過ぎか(笑)。
例の壊れテクノを生で聴きたかった気もする。でもすごく良かったけど。
終了後は、KO-KO-YAサエ嬢&ブラジルつながりの方達と建物内の居酒屋で軽く飲み会。

2007/8/13

同窓会は楽し  *
帰省しているstac氏から同窓会の様子が写メールで送られて来る。
女子とのツーショットが2枚。
一枚は学年一の美女、Mさんとの写真。卒業以来お目にかかっていない、が、ピンぼけでいまいちよく分からない。もう一枚はKさん、ここんとこ帰った時にちょくちょく会っているが、粒子が荒すぎる心霊写真の如きが送られてきてギョッとする。

2007/8/12

暑い日は続く  *
暑い日が続いている。梅雨時の不快感はないが長時間屋外にいるのは辛い。
自宅で仕事をしているので、幸い出かける用事はほとんどない。
今ミックスをしているトラックは、おそらく誰もが知ってる曲のリメイク。その歌入れを、先日都内のスタジオで行った。一等地にあるこのスタジオは矢沢永吉さんがオーナーなのだが、ご本人が受付にいらっしゃるというわけではなかったw。

明日から地元の金沢では同窓会が目白押しのようだ。



2007/8/8

虫  *
マンションの通路にひっくり返っている蝉は、なぜ近付くと急に復活して暴れ出すのだろう。両側の壁にぶち当たって往復しながらのたうち回るので、しばらくそこを通れなかったりもする。

十年ほど前、友人の部屋に行ったら、天井に大きなゴキブリがとまっていた。その友人は虫が大の苦手だったので、全く手が出せないでいる。自分はまかせておけとばかりに、台所から中性洗剤を持って来て、下から天井の標的目がけて噴射した。うまい具合に命中したのでしばらく様子を見ていた、が、真下に立っていたのがいけなかった、洗剤まみれの力尽きたゴキブリが突然落ちてきてシャツの背中に滑り込んだ(悲鳴)。

いろんな事が積み重なって、少しずつ虫への恐怖心が芽生えてきているのかもしれない。子供の頃は平気、というかむしろ好きだったのに。

2007/8/2

エアコン  *
エアコンの効きが悪くなって、フィンが氷結するという症状が出ていたので修理を頼んでおいた。今日の昼前に、とても丁寧な応対のテクニカルサービスの人が到着し、室内外の機械をチェックしてもらったところ、室内機の方にほんの僅かなガス漏れが発見された。
滅多に壊れる箇所ではないので、交換する部品の取り寄せに2週間ほどかかるとの事。
しかし、漏れが非常にゆっくりなため、とりあえずしばらくは、少なくなったガスを充填する応急処置で大丈夫らしい。(ガスを入れ始めるやいなや部屋がぐんぐん冷えだしたのには感動した。)
このエアコンは4年前の引越しの時に買った品物。製品保証期間が過ぎた場合は、修理代や出張料がかかるはずだが、なぜか今回は全て無償でとおっしゃる。なんと次回に交換する部品代までも。
こちらは大変助かるし結構だが、それにしてもなぜだろう。
滅多に壊れない箇所の、すぐには発見されにくい故障なので、初期不良として扱うという事なのだろうか。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ