いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2020/7/28

「情報とポエジーをめぐる旅」 西垣通  

NHKラジオの「文化講演会」を、聴き逃しサービスで聞きました。
演題は「情報とポエジーをめぐる旅」
講師は西垣通 東大名誉教授

1948年生まれの西垣教授は、いわゆるコンピューターが造られて間もないころ
東京大学の工学部で学び、現在の東京大学大学院の「基礎情報学」を立ち上げた人物。

文理融合という新しい言葉が聞かれるようになった。
文学部と理工学部、両方の知識を持つ人として注目されたのが
西垣通教授。

その原点は、子どものころ友達が入っていた、東京少年少女合唱隊に入ったこと。

ー音楽こそ宇宙の秩序を体現するものだーと体感したという。
それは本格的な西洋音楽を歌うことによって、幼い魂に刻まれたことであった。
例えば、バッハの平均律クラビーアの旋律。
  ヴィヴァルディの調和の霊感を私は思い出した。

日立製作所に就職して、スタンフォード大学へ留学。
情報処理、OS,ネットワーク、データベースなど進んだ欧米の基礎知識を学ぶ。

1986年明治大学の助教授になったとき、同僚であった名だたる文学部教授と親交があった。(大岡晋など)
その後、文学を学ぶためフランス語を習得、というのもすごい。

ランス大聖堂(ノートルダム寺院)のゴシック建築を見ていた時に、突然
悲しみの聖母(スターバト・マーテル)の旋律が流れたという。
それは東京少年少女合唱隊で、何度も歌った曲。
 悲しみの聖母は、もちろん十字架につけられた息子イエス・キリストの死を悼む・嘆く母マリア。その悲しみが切々と歌われる。
論理だけではなく、情がなくては真理ではない。
ということを悟ったと西垣さんは語られた。

コンピューターのプログラムと、楽譜は同じに見えるという。
論理的で、流れるような旋律。
そこに調和がないと、そこは間違っている箇所。

 音楽家は楽譜を読むと、頭の中で音楽が流れるという。

重要なことは、「論理」に「愛と哀しみ」が共にあるべき。

「現在、AIなど人工知能の開発が進んでいるが、
一人一人の人間がデータとして扱われるのはいけない。
人間の尊厳が守られなければいけない。」
ということを強調しておられた。

リベラルアーツという言葉をよく聞く。
その意味は、ウィキペディアによると

******
リベラル・アーツ(英: liberal arts)とは、 ギリシャ・ローマ時代に理念的な源流を持ち、ヨーロッパの大学制度において中世以降、19世紀後半や20世紀まで 、「人が持つ必要がある技芸(実践的な知識・学問)の基本」と見なされた自由七科のことである。
具体的には文法学・修辞学・論理学の3学、
および算術・幾何(幾何学、図形の学問)・天文学 ・音楽 の4科のこと。
******

自由7科=文法学、修辞学、論理学・算術、幾何、天文学・音楽
ここに、音楽が入っている意義は、大きい。

何かの番組で、見た目も人間の女性にそっくりに作ったソフィア?とかいうAIに
人類をどうしたいか?と質問したところ、
人類を滅ぼしてやる!とAIが答えた。
それでその研究は中止した。
ということを聞いた。

AIに心、魂を造ることはできるのか?
それは、道徳的であり、慈愛に満ちたものであるか?

2045年、知識という点では、AIは人間をはるかに超える。
人間が制御できない時が来ると言われている。

深刻な問題が、次々に私たちを襲ってくる。





0
タグ:   

2013/9/30

彦根城  

秋の琵琶湖の旅

毎年秋に幼馴染4人で一泊の旅をしています。
去年は琵琶湖の湖西、今年は湖東。
観光よりも会っておしゃべりをするのが目的。
9月29日(日)、彦根城の近くの「たねや」という有名な和菓子屋さんで待ち合わせ。
昼食をそこの2階でいただきました。

彦根城はあまりに広いので、「玄宮園」というお城の庭園だけを見ることにして歩きました。
映画のロケでよく使われるとか。琵琶湖の水を引いて、山水の庭園。
茅葺きの御茶室や、江戸時代の耐震構造の家などを見て、携帯で写真を撮り、
ぐるっと回って外へ出ると、ちょうど「お堀をめぐる屋形船が今から出ます」という呼び込みの声。
4人で、どうしよう・・と相談の結果、乗ることにしました。
それはかつて井伊家のお殿様が使っていたものを復元したとか。
私たち4人のほかに、先におじいさんとその息子娘の大人4人と孫3人の家族が同船。
船頭さんと案内役の男性。所要時間は45分。
ゆっくりお堀を進みながら、諸大名が請け負ったという石垣の説明や、
いろんな映画のロケに、どこが使われたとか、エキストラで出たことなども話してくださいました。

水戸から友好のために送られたという黒鳥が2羽船のあとをついて来たり、
心地よい風に吹かれながら、気持ちの良い時を過ごしました。
お城の周りをぐるっと歩くことはとうていできませんが、
船から天守閣を眺めたり、厩(うまや)の白壁を見たり、堪能しました。

ホテルは、30日の午後2時までの滞在ができるプランで、のんびりすることができました。
夜は日本料理を2時間かけていただき、満腹。
そのあと広いロビーのラウンジで若い女性がグランドピアノを弾いていました。
私たちはピアノのすぐそばの席へ案内されました。
ほかのお客さんの誕生日とかで、ハッピー・バースデーを歌ってくれて、みんなでお祝いしたり、リクエストも受け付けてくれることがわかり、
私は「追憶」をお願いしました。
生演奏の弾き語りは、ぐっときました。
友達のYMちゃんは、カーペンターズの「イエスタディ―・ワンス・モア」をリクエスト。
懐かしい私たちの青春時代の曲。
よく知っている曲をたくさん演奏してくださいました。
さすがプロ、楽譜も見ないで英語で歌ってくれます。
お名前から、フィリピン系の女性のようでした。

今回の旅で、面白いことがありました。
「たねや」さんの化粧室で、見知らぬ女性が友達のYMちゃんに「どこから来たの」と声をかけてこられました。
「名古屋です」と答えると、なんとその人も名古屋の人でした。
しかも、幼馴染と4人でおしゃべりが目的の旅に来たとか。
そして偶然にも私たちと同じホテルにその日、泊まる事が分かりました。
どこを見るということもなく、会って話すのが楽しみという同族でした。

きっと宿でも会うだろうと思っていたら、
お風呂やロビーで3回も顔を合わせることになりました。
私たちよりも少し年上の人達でした。

女性は、他の人が作ってくれた料理を、上げ膳据え膳でいただき、ひたすらおしゃべりをすることが、至福の時。
同じような女性群は、きっと全国にいることでしょう。

健康で、毎年4人が顔を合わせることのできる幸せを、
今年も心から感謝しました。
気持ちよく送りだしてくれる、それぞれの家族にも感謝せねばなりません。

また来年会うことを楽しみに、1年がんばりましょう・・というメールが帰宅後に届きました。

幼稚園のときからの幼馴染、、、大事にしたい友達です。



彦根城の画像 - 観光名所の写真
彦根城 (トリップアドバイザー提供)

春の彦根城 屋形船  フリー素材

クリックすると元のサイズで表示します

彦根城   フリー素材

クリックすると元のサイズで表示します

玄宮園と彦根城    フリー素材
0
タグ:   

2013/5/7

湖北  かくれ里  

この連休は、みなさんいかがお過ごしでしたか。
私は大勢人の集まるところは、あまり好きではないので、連休は毎年、家にいることにしていました。

ところが、今年はどうしても琵琶湖の北、湖北の隠れ里へ行ってみたくなりました。
宿は3月に押さえました。5/5と5/6。
山を少し登ったところにある、ひっそりとした庵。
食事はいまいちでしたが、家族的な人数で雰囲気が良かったです。

お祖父さんの喜寿を祝ってか、老夫婦と息子娘の3家族、小さい孫たちが5人。
子供たちの騒ぐ声が、なんだか家族旅行を一緒にしているような気持ちにさせてくれました。

琵琶湖は近くて、よく行きましたが、湖北はずっと遠いような気がしてなかなか行く機会がありませんでした。
友人から白洲正子の『かくれ里』という本や、井上靖の『星と祭』を教えてもらい、何年か前に読み、いつか行ってみたいと思っていました。

奈良の飛鳥園の撮影した国宝「十一面観音像」も見てみたいと思っていました。

天気予報は曇りでしたが、なんと二日とも快晴。いい気候でした。
バイクのツーリングの人の多いこと。
オープンカーにも、一番いい季節。


長浜市の渡岸寺にある「十一面観音像」は、お堂に祭ってあるのではなく、
耐火式の蔵のような建物に安置してありました。

その昔、戦乱で大火に見舞われた時、村民はこの観音様を土に埋めて守ったとか。
左手に持った水差しに蓮のつぼみはなく、
後ろにある光背も消滅。台座もなかったそうです。
しかしそのおかげで、十一面観音像の後ろを見ることができました。
頭の後ろには顔が1つ。明らかに笑っているとしか思えない顔。
通常は見られないものです。

木の柵で囲ってあるだけで、ぐるっと周囲を回って拝観することができるのです。
もちろん、入るときに靴は脱ぎます。
説明の録音の女性の声が、見学者が集まると始まります。
それが終わると、ボランティアらしきお爺さんが、簡単に解説してくれて、質問にも答えてくださいます。
私は3回、説明の録音を聞きました。
お爺さんにもいくつか質問をしました。

一木造のこの観音像ができたときは、木目の見えるまま、金箔が貼られたのは鎌倉時代だそうです。
その立ち姿の美しいこと。妖艶とも思える腰つき。流れる衣の線。
柔らかな表情。
一番上に乗っているお顔も観音様というのは、珍しいものだとか。
この顔があることで均衡が保たれて、1メートル90センチの容姿が見る者を慰める。
決して威圧的ではなく、差し出された右手は、人々を救済したいという思いが現れているそうです。

こんなに間近で、親しく?拝見することができるとは思ってもいませんでした。
私は拝むことはしませんが、他の人もほとんど拝んだりしてなくて、展覧会で彫刻を見るのと同じ感覚でした。

私がいた時には、一人だけ女性が像の前に座って拝んでおられました。

この十一面観音像に会うことができて、来た甲斐があった、と思いました。

他にもたくさんの観音像があるようでしたが、他は見る気持ちがしませんでした。


余呉湖で昼食を、、と思ったのですが、あいにく食堂は閉鎖されていて、多くの人はお弁当を持ってきていました。
釣りをしている人たちや、ハイキングの途中の人、キャンピングカーを引いている車もありました。
静かで穏やかな湖でした。


次の日、かくれ里と呼ばれる、菅浦へ行きました。
この日も快晴。
湖の近くを車で走りました。景色のいいところでは止まって写真を撮ったり。
時間の制約がないので、気ままにゆっくり走りました。

つづらお・・という言葉どおりの入り組んだ岬をめぐりました。
鳥が水面すれすれに飛び、餌をとっているのも見れました。
ここは時間がゆっくりながれている。

展望台の標識がありました。
ほとんど対向車もなく、バイクが後ろから追い抜いていくばかり。
途中で、サルの親子にも会いました。

奥琵琶湖パークロードと名付けられていて、展望台にはたくさんの車やバイクがあり、たくさんの人が休憩していました。
お土産はここで買いました。
竹で編んだ小さい籠のセットを思わず買ってしまいました。

元来た道を下り、いよいよ菅浦と標識のある道へ。
しばらく行くと、三方、行き止まりの看板。
大木をぐるっと回ると、なんとそこは「須賀神社」
裸足で石段を登らないといけない・・とガイドブックにあった神社です。
ところがよく見ると、かなり上のほうまで舗装してあり、階段ではありませんでした。
階段は無理と諦めていたのですが、思い切ってその平らな道を登りました。
ゆるい上りです。そして「心洗」と書いてある手水場へ着きました。
ここからは土足厳禁。しかしスリッパが用意してあり、ここで靴を脱いでスリッパを借りました。
石を組んだ階段が20段くらいありましたが、手すりが真ん中にあるので、それを持ってよじ登りました。

とても小さな、しかし清々しい神社でした。
淳仁天皇を祀ってあるそうで、菊のご紋と桐の紋が鴨居に彫ってありました。
すぐ後ろの建物には、鈴のついた太い紐が下がっていて、ここでお参りするようでした。
街灯も設置してありました。

家人と私のほか、誰もいなかったのですが、降りていく途中で1組の男女とすれ違いました。山でよくするように互いに挨拶をしました。

湖岸に面したところに白い藤の花房の棚があり、とてもいい花の香りがただよっていました。
藤の花の匂いかどうかは、分かりません。

湖水が岸を打つ波の音が聞こえるばかりで、人は歩いていません。気配もありません。
時折、荷台に物を積んだ地元の人の軽トラックが通るくらいです。
集落へはよそから来た車は入れないようです。

手つかずの自然・・・これからも守ってほしい。
バスが2時間に1本しか来ないところ。
このままずっと変わらないでいてほしい。

この次は、「つづらお荘」に泊まって、竹生島にかかる月を見たい。です。



クリックすると元のサイズで表示します

渡岸寺  国宝  十一面観音像

ウィキペディアにあったのをお借りしました。
0
タグ:   

2013/1/14

スコットランドのアイラ島とアイルランド  

昨年の暮れから、なぜか村上春樹の『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』というエッセイを読みたくてなりませんでした。

今日、やっとその本を手に取ると、いやに古い感じがしました。
装幀が変わっていていい雰囲気だったので、本屋さんですぐ初版を買ったのでした。
奥付を見ると、1999年12月15日とあります。
14年も前になるのでした。(信じられない)

丁度この本を手にしたときは、四日市キリスト集会所へ出席していたころで、
インストラクターとしてアメリカ人の夫婦が来てくれて、その夫の名前はアイラでした。
アイラ島は、シングル・モルトの聖地・・・
菜食主義でお酒もたばこもしないクリスチャンの彼は、自分の名前がつけられている島に、あまり好感を持てない様子でした。

今はどこにいるかしら・・・とアイラ夫妻のことを思い出しました。

この本は、村上春樹の夫人陽子さんの撮った写真と、春樹さんの文章で構成されていて
まるでアイラ島とアイルランドの旅のお供をさせていただいたような気分になりました。

私はお酒は飲みませんが、地酒のようで、職人さんたちの心意気、誇りを持って働いておられる様子はとてもいいです。
そして12分くらいかけて飲んでは考えているあのおじいさんに、私も会ったような気分です。


今年初めての三連休、成人の日、私は14年前に読んだ本を、また読むことができました。
それにしても、やっぱり村上春樹のもののたとえようは、心憎いばかりでした。
映画俳優や、音楽がさりげなく出てきて、魂をくすぐります。

友人から、『近代日本の百冊』で、村上春樹は『羊たちの冒険』が選ばれていると聞きました。この本も、何度読んだことでしょう。

新刊も楽しみですが、20年、30年も前に読んだ本を、繰り返し読むという楽しみにも
ようやく目覚めた私です。

みなさんは、何度も読む本、何冊くらいありますか。


好奇心が旺盛で、アマゾンへまた今年も走りそうですが(もう走っていますが)
積読はストレスになるので、読む時間を削りだして今年も読書に励みたいです。

今日から始まる新番組「ビブリア古書同の事件手帖」に期待しています。
昨日は「とんび」に泣きました。



クリックすると元のサイズで表示します


青空と白雪  見事ですね。心が洗われます。

northland-art-studioさんからお借りしました。
ありがとうございます。

0
タグ:   



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ