いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2022/4/5

「ノーサイドゲーム」から社会貢献へ  スポーツ

ラグビーのにわかファンになったきっかけは、
「ノーサイドゲーム」でした。

その中で、元日本代表チームのキャプテンをしていた
廣瀬俊朗さんは、何か社会貢献したいと、言っておられた。

それを今、実現しておられることを知った。

******三菱地所のネット記事より*****
丸の内からラグビーを盛り上げるべく、
2018年に立ち上がったラグビーコミュニティ「丸の内15丁目PROJECT.」は、
2021年にバーチャル大学「DAEN UNIV.(楕縁大学)」を開校。
ラグビーを起点にさまざまな社会課題について学べる同校の学長を、廣瀬さんが務める。


廣瀬 スポーツのチカラで、いろいろな人やコトとの距離が縮まるんだなと、改めて実感できましたよね。
特にラグビーという競技に関して言えば、対戦相手からレフェリー、お客さんにいたるまで、関わる全ての人をリスペクトする精神が根底に流れているのもポイントです。
それもあり、誰かのためになりたい、役立ちたい、という気持ちも強い方が多いので、社会貢献と結びつけやすいのかなと。


試合の得点数が、がん治療研究の寄付に。三菱地所が目指すのは、ラグビーとまちづくりによる「共創」でした。
*********

有言実行、、、これからも、がんばってください。


クリックすると元のサイズで表示します

  薔薇の花 (野口勝利さんからお借りしました)

   もうじき、薔薇の季節がきますね。
   楽しみです。
   いつもお写真をありがとうございます。


0

2022/3/26

2022年 春の選抜高校野球大会  スポーツ

何か、楽しい話題はないかなあ、、、と思った時に浮かんだのが
春の選抜高校野球大会。

今日は雨で順延されましたが、
今までにはない出来事、
コロナ感染で前日に大会出場を辞退せざるを得なかった
京都国際高校。
その無念を、「いたたまれない気持ちです」と、思いやりつつ、
「全力プレーでがんばります」と語った、滋賀の近江高校は、
ベスト8に残った。

また、広島商業は、やはりコロナ陽性者が複数出たことで、途中棄権。
大阪桐蔭は、不戦勝になった。
広島商の思いを胸に、大阪桐蔭もベスト8に。

今まででは考えられない事態が起こっている。

もう2年もコロナ感染症対策が行われ続け、
マスク生活が普通になっている今。

この先、世界はどのように変化していくのだろう。

いつになったら、ウクライナに平和が戻るのだろう。

ただ高校野球大会が開催され、
大相撲も、観客を入れて行われている。
人数制限や、コロナ対策を取りつつも、
コンサートや演劇も行われている。

2020年に、突然、春の選抜高校野球大会が中止され、
出場を予定されていた高校球児たちの涙を思うと、
少しだけ、改善されてきているのかなと思います。

普通の生活、当たり前の平和、、、
それが奪われる。
どのように備えたらいいのだろう。


まん延防止が解除され、久しぶりに教会にも、みなさんが集まりました。

山に逃れ、隠れて礼拝をしなくてはならない時代があった。
そのことを思うと、まだ、日本は守られていることに、感謝せざるを得ない。

いつかまた、山に逃れなくてはならない時が来ると言われている。

テサロニケ第一の5章の言葉を、
いつも喜びなさい・・・喜んでいいのだよ。
絶えず祈りなさい・・・祈っていいのだよ。
すべてのことを感謝しなさい・・・感謝していいのだよ。

そのように読んだらどうだろうと、伊藤裕史牧師は語られた。

恐れ怖がるのではなく、すでに世に勝っておられる
イエス・キリストを信じ続けたい。


クリックすると元のサイズで表示します

  枝垂れ梅 (野口勝利さんからお借りしました)

   関西も桜が開花してきました。
   今日、満開に近い桜の木も見ました。
   準備万端だった桜のつぼみが、開きました。
   花に慰められ励まされます。
0

2022/1/4

箱根駅伝  スポーツ

いつごろからだろう、お正月に箱根駅伝を、家で観戦するようになったのは。

子どもたちも大きくなり、実家へ里帰りすることがなくなってからだろうか。

今年も、2日3日、若者たちが疾走する勇姿を見た。

マラソンは、唯一私が、がんばれる競技でした。
あとは、いまいち。

走り終えて、「楽しかった!」と笑顔を見せる選手。
倒れ込んで起き上がれない選手。
まだ走れそうな余裕を見せる選手。

この箱根で走ることができるマラソンランナーは、限られている。
当日のエントリー変更は、当たり前。

自分の力以上に走れる選手と、自分の力を出し切ることができなかった選手。

今年は、どこも、途中棄権がなかったのが、せめてもの救い。
脱水状態で走れなくなった選手を見るのは、辛い。

青山学院が初優勝をしたときの驚きから、
今回で6回目の優勝。
しかも大会新記録を更新。
復路も大会新記録。

また、区間賞の記録更新もあり、
前評判通り、今年は、選手のレベルも高く、激戦。

2022年も、力の限り、走って、
自分のできることを、精一杯させていただきたい。
そう思える箱根駅伝でした。

クリックすると元のサイズで表示します

  朝日 (親愛なる教え子 杉浦譲治君からお借りしました)
    
    いつもありがとうございます。
    今年も、お写真をお借りします。
    どうぞよろしくお願いいたします。
0

2021/8/15

甲子園 晴れました   スポーツ

夏の甲子園 2020年は開催されず、
2021年 山崎育三郎の大会歌の独唱で始まった。
良かったね、、、と思う間もなく、雨で3日間順延。。。

どうなることかと心配していました。

本日、8/15(日)午後から日差しがさして、
阪神園芸が、51分でグラウンドの排水・整備を完了して
ノーゲームになっていた帯広農業と明桜の、再試合が始まりました。

あと、何日あるのか、、、、、
なんとか天候が保たれますようにと祈るばかりです。

九州北部や広島、そのほか大雨の災害が大変な地域の人たちのご苦労を思います。

自然災害とコロナウィルスという疫病
早くこの災害が終息するようにと、祈ります。

私たちは、いま、何をするべきなのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

  オリヅルラン (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   よしみさんのところは、水害は大丈夫ですか。
   いつもお写真をありがとうございます。
0

2021/7/22

高校野球 米子松陰高校と境高校  スポーツ

去年はできなかった夏の高校野球選手権大会

中学のころから、毎年夏は高校野球が楽しみでした。

コロナ感染で、ひどいことになっているオリンピック。
そのような中で、爽やかで、清々しい球児たちのドラマ。

みなさまも、よくご存じと思いますが、
米子松陰は、学校関係者から陽性者が出たことで、
出場辞退に追い込まれた。

主将の西村虎之助(こうのすけ)君のツイートは、
多くの人たちを動かした。

境高校の井上翔太君は、部員と相談して、そのツイートを拡散したという。
もし、自分たちがその立場になったら・・・・と考えた。
相手を思いやる気持ち、本当に貴い。

試合は、9回に逆転して2‐3で、米子松陰が勝った。
両校の選手とも、涙。

境高校を、称賛する声も多いという。

正々堂々と戦う。

スポーツマンシップのなんたるかを、高校生たちが見せてくれた。

勝ち負けよりも、尊いものがある。

コロナの2021年の夏
忘れられない、美しい姿を見せていただいた。

米子松陰高校にもがんばってほしいけれど、
境高校を、これから注目して応援していきたくなりました。

君たちは、素晴らしい!!

クリックすると元のサイズで表示します

 ドラゴンフルーツって、こんなに綺麗なのですね。
 見せてくださって、ありがとうございます。

  (「よしみが行く」さんからお借りしました)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ