いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/8/25

残暑  自然

夏、8月なのに、梅雨のように雨が続いていました。

でも、今日からまた、残暑厳しくなるような快晴。

甲子園も、いよいよ8強が出てくる。

パラリンピックも始まった。

「普通」とは、なんだろうと思う。

いつもの夏とは、違う。

感染拡大、医療崩壊、、、、
予測されていたことが、現実になっている。

こういう時にこそ、希望の光を見つめないと。
笑顔を忘れないようにと願う。

作った笑顔ではなく、善人になろうとするのではなく、
自然体で、笑顔、親切が、内からあふれでる、、、、
そんな人に、わたしはなりたい。


クリックすると元のサイズで表示します

 ひまわりと栗の木 (「よしみが行く」さんからお借りしました)

  大きな栗の木の下で、、、笑顔で踊りたいかも。
  
  気持ちが広くなるような、素敵なお写真をありがたいです。
1

2021/5/24

梅雨入り  自然

季節が、年々少しずつ変化している。

梅雨入りと言えば、6月であった。
しかし、5月にもう梅雨入り。

5月は、薔薇の季節、
風薫る5月と言われたものです。

花々は、それでも健気に、今年も同じように咲いている。
木々の緑も、日ごとに輝いてきた。

でも、雨が降る夜は、冷える。

青い空に浮かぶ白い雲を
1日中、ぼんやり眺めていたい。

星降る夜空を、仰いでいたい。

木の香は、スーパーの駐車場にいても、香ってきた。

自然は、なくなってはいない。

では、なにが無くなったのだろう・・・・


クリックすると元のサイズで表示します


  電車の窓から、菜の花を見ていたい
  いすみ鉄道に乗って。。。

   (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   鶴瓶の家族に乾杯を見て。
1

2020/1/20

未明の三日月  自然

いまの時期に、未明の空に三日月を見ることができると知りました。

まだ暗い夜明け前の空、小さい光が輝く。
三日月だった。

次の朝は、雲がかかった三日月。
ぼんやりした光。

こうして静かに見守っていてくれる三日月の光。

千葉の友人は、自然の中でたくさんの星を見ることができると手紙に書いてきてくれた。
彼女が実家の栃木に帰ると、それ以上の無数の星が空一面に輝いていたという。

子どもの時に、キャンプに行って、松林の上に輝くたくさんの星を見て
とても驚き、畏怖の念を覚えたことを思い出す。
星って、こんなにたくさんあるのだ。

いつか船に乗って、自分の周りを星が囲む・・・・
そんな経験をしてみたい。

海に浮かぶ船を、まるで覆っているかのような星。
そんな写真を見たことがありました。

みなさんの夜空は、どれくらいの星が見えますか。

2階のベランダに出て、星を見るのが好きです。
でも、ほんの少しの星しか見えません。
ちょっと寂しいです。
0

2019/9/20

「茶のある暮らし」 千宗屋  自然

「日日是好日」の本と映画から、「好日日記」(森下典子著)を経て、茶の湯の季節感がいと慕わしく、
目下思案中なのが、
武者小路千家の宗匠 千宗屋のインスタ歳時記 「茶のある暮らし」
講談社の実用BOOK  2018.11.22 初版

図書館から借りてきたのですが、小さい本で、写真がいっぱい。
定価2700円

買うべきか、買わざるべきか、、、、

1月から12月まで、その月に行われる季節に合った茶会のこと
毎月 その月の花、茶、お菓子のたくさんの写真。

季節を自然の草花から、お茶や茶室のしつらえ、お菓子から感じる。
五感を通してしみじみ味わう。

簡単な英語の説明も随所にある。

歳のせいでしょうか、、、、日本的なものに強く惹かれます。

草花の美しい映像に魅せられた「かぐや姫の物語」
そこから派生して、いま図書館で面白い本を発見。
『竹取物語の作者・空海が「かぐや姫」に隠し込んだこの国の巨大秘密』
小泉芳孝 竹取翁博物館館長 著  発行 ヒカルランド   2018.11.30
 
 帯には、「封印されてしまった縄文以前の歴史のパンドラの箱を開ける!
      縄文以前の歴史とは「ムー」である。
      かぐや姫から琉球古墳・徳之島(蓬莱さん、エデン)へ超知の旅

いま、縄文ブームだとテレビで言っていました。
縄文土器などを作ったりすることもできる。
縄文時代の甕(カメ)には、子どものころから奇妙な愛着を感じていました。
懐かしいというか、太古の記憶がよみがえる?ような。

茶花に魅かれることと、野の草花を描きたいという思いと、
輝かしいという意味の、かぐやに魅かれる思いと、、、、

秋の月の美しさが、そのような想いを引き出すのでしょうか。
0

2018/12/4

異常気象  自然

この異常な気象は、なにを暗示しているのでしょう。

12月というのに、日本の多く地点で22度、沖縄は29度。

自然がおかしくなっている。
スケートリンクの氷が溶けている。。。

新巻鮭は冷たい風が必要だというのに。

地球の温暖化は、ずっと問題になってきた。
2015年から気温が急上昇だとか。

私たち人間には限界があることを
謙虚に認めなくてはならない。

地球は、世界は、どうなっていくのでしょう。


暗くなってから、雷が鳴って、激しい雨が降ってきた。

極端な気温の変化に、どう対処していけばいいのか。

週末は寒くなるとか。

みなさん、どうぞ体調管理に気をつけてください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ