いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2022/1/7

七草がゆ  自然

七草がゆは、体にいい・・・と思うのですが、
家の者は、あまり好まないので、今年はやめました。

無病息災の願いをこめた慣習なのでしょうか。

年賀状だけの友達から、今年は届かない・・・ので、
とても心配しました。

今日、古い住所録から、電話番号を調べて、電話すると、
年末から、私に電話をしたくて、電話番号を探し回っていたけれど
見つからないので、1月になってから、年賀状をだしたよ・・・という返事。

久しぶりに、友の声を聴けて、とても嬉しかったですが、
会って話せないのは、やはり物足りない。

そして、今日の夕方、その友達からの年賀状が届いたのでした。


またもう一人、年賀状は来なかったけれど、お電話をくださった友がいて、
どういうわけか、今日は、二人の大事な関東の友達と話すことができました。

お正月、、、というのは、やはり、区切り。
ご無沙汰している人たちと、細い細い糸が、かろうじてつながっていることを
確認できる、大事な時のように、思いました。


クリックすると元のサイズで表示します

 お正月にふさわしい、聖句を送っていただきました。

 (野口勝利さんからお借りしました)

1

2021/11/11

メタセコイア並木  自然

1年2か月ぶりに、琵琶湖へ行き、旧友たちと会いました。
1泊の旅。
4人で、ほぼ毎年こうして会えることの幸せを、感謝しました。

天気予報は、2日とも雨。
まあ、どこへ行けなくても、会えたらいいよねと思っていました。

ところが、だれの功徳か?1日目はとてもいいお天気になりました。
それで、急遽、滋賀県高島市にあるマキノ高原へ行くことにしました。

宿泊地の彦根から、高速道路で1時間。
友人が運転してくれたので、とても楽でした。

実はそこは、数日前、ある人から、琵琶湖といえば、
メタセコイア並木がある、とても素敵なところへ、行ったと、
聞いたばかりでした。

四季を通して楽しめる場所。
レストランや、カフェ、産地直送の売店なども整備されていて
平日でしたが、多くの人が来ていました。

観光バスも何台かいて、中学生らしい団体が、記念撮影をしていました。

メタセコイアは、セコイアの木が、変形したものだとかで、
まっすぐに凛々しく立っている姿は、清々しいものでした。

両側に木々が生い茂り、緑のアーチの下を車で走る。
とても素敵なところでした。

美味しいものも、たくさん食べて、
いっぱいおしゃべりをして、
いい旅でした。

ありがたい、小学生のころからの友達です。

クリックすると元のサイズで表示します

  メタセコイア並木  私が撮りました
2

2021/11/2

『樹木たちの知られざる生活』 ペーター・ウォールレーベン著  自然

ペーター・ヴォールレーベン著
『樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声』

またもや、高橋源一郎の飛ぶ教室より

この本は、直感的に、購入すべきと判断。
kindleで注文しました。

まだ、読んではいませんが、
幼いころに見た、「森は生きている」と同じだと思います。

人間は、地球上で、唯一の知的生物と、おごっているかもしれませんが、
動物や植物、樹木、森、、、、、
助け合って生きているのでした。

動物の本能、、、と言いますが、
植物にも、生き抜くための知恵が、与えられているのでした。

我々、人類は、もっと、もっと謙虚でいなければならないと教えられます。

「蟻のところへ行き、、、学びなさい」と
聖書の箴言にあるとおりでした。


クリックすると元のサイズで表示します

  銀杏の木 (親愛なる教え子 杉浦譲治君からお借りしました)

   関西も、紅葉が、ぼちぼち始まりました。
   いつも通る並木道の木々も、色づき始めました。

   関東は、いかがですか。
   いつもお写真をありがとうございます。

1

2021/10/22

虹を見ました!  自然

秘かに、いつも、心で待っている、虹を、
久しぶりに見ることができました。

夕方4時半ころ、黒い雲が垂れ込めて、雨もパラパラ降っていました。
ちょうど沈む太陽の光が、虹をこっそり見せてくれました。

車に乗っていたのですが、だれかに声をかけられたような気がして
右の窓をみると、左半分の大きな虹が見えました。

思わず、虹だ!虹だ!と口ずさみながら、車を走らせました。
右折すると見えなくなり、、、、あーあ、と思っていたら、
今度は、正面に、こっそり虹が現れました。

また、右折して駐車場に車を止めると、
いまにも消えそうな虹が、また、右の窓から見えました。

さようなら、またね!と言っているかのように
みるみる、薄くなって見えなくなりました。

でも、虹を見ることができた日は、
とっても、しあわせな気持ちになれます。

このところ、虹を見ないな・・・と思っていた時
うれしい虹でした。

クリックすると元のサイズで表示します

   コスモス (野口勝利さんからお借りしました)

   秋桜の季節ですね。
   いつもありがとうございます。

1

2021/10/9

神を信じるキリスト者  自然

本日10月9日(土)〜10月15(金)までは、
SDA天沼教会の秋の講演会 第2部です。

講師は、近藤光顕先生
天沼教会主任牧師で
三育学院大学東京校舎チャプレン。
三育学院カレッジ神学科教授。
牧師になる前は、大学の農学部で学んでおられました。

第1部の山本哲也先生の講演を受けて
進化論のメガネを外して、神を知る、
というテーマです。

キリスト教の世界観を、分かりやすくお話してくださってます。

自然を通して、神を知る。
落葉するには、意味がある。
秋の紅葉を美しいと思う、人の感性。
自然によって、癒されると、感じる心を与えられている人間。

金木犀の香り、、、花言葉は、謙虚、謙遜。
蛍の光の、光の不思議。
アリの組織の精密さ、絶妙な役割分担。

知れば知るほど、不思議な自然界。

宇宙、自然、生物の成り立ちを、偶然とする進化論。
それを、神の創造物とみるときに(信じるときに)
世界は、変わって見える。

明日は、「歴史の舞台裏で」です。

とても興味深いので、ご覧ください。
夜7時〜8時です。

クリックすると元のサイズで表示します

   金木犀 bing.com/imagesさんの画像をお借りしました。

    花言葉が謙虚、謙遜、気高い人 10月7日の誕生花

    金木犀の香りは、どこからともなく香ってきて
    秋の気配を知りますね。
    近くのお家3軒のお庭に、咲きます。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ