いつも喜び、 絶えず祈り、 すべてを感謝する。 そのような日々を過ごしたい。

2021/11/23

迎賓館赤坂離宮  芸術・歴史

明治という時代をより深く知るためには、
いろんな角度から見ていく必要があると思います。

日曜カルチャーの11月は、「迎賓館赤坂離宮と京都迎賓館」というテーマで
元内閣府迎賓館館長…安藤昌弘氏がお話してくださいました。

第1回は「迎賓館赤坂離宮と明治の近代化」というテーマで、
赤坂離宮が明治の近代化、文明開化の総決算ともいわれるゆえんについてのお話。

1899年〜1909年 東宮御所として建てられた。
建築家 片山東熊(英国人ジョサイア・コンドルの直弟子)の総指揮のもと
著名な学者、芸術家、技術者が集められ、国の威信をかけて総力をあげての建築。

昭和天皇は、東宮時代に、ここに住まわれ、関東大震災を経験なさったという。
なぜ、あの豪華で巨大なシャンデリアは、落ちなかったか。
それは、天井裏にその秘密が隠されていた。
公園のブランコの原理で、三角に組んだ鉄骨が屋根裏に作られていたという。

建築様式は、ヨーロッパのものを取り入れても、
地震の多い日本では、それに耐える工夫がいる。
その叡智と努力に頭が下がる。

かつてフィリピンの外交の役人たちが、ここを見学して、
日本がこの建築物を建てるのに、20年でその技術を習得し、
かつ、石材、煉瓦など、日本では手に入らない多くの資材を調達した・・・・
と、館長である安藤昌弘氏が語ると、それまで、私語をしていた人たちが、
しーんとなり、真剣に説明を聞いたという。

ヨーロッパ列強から、馬鹿にされないように、植民地にされないように
日本という国の指導者たちが、涙ぐましいほどの心血を注いだことを思うと、
ありがたく思います。

ただ、その富国強兵がいきすぎて、軍国主義に走ってしまった
その過去も忘れてはならない。

美しい迎賓館は、両手を広げるような形で、賓客を迎える。
安藤昌弘氏は、その形が好きだとおっしゃった。


 クリックすると元のサイズで表示します

  迎賓館赤坂離宮  内閣府のHPからお借りしました
0
タグ: 歴史

2021/8/26

良きサマリア人  山本芳久 東京大学教授  芸術・歴史

カルチャーラジオ歴史再発見より

********引用*********
「愛の思想史」(6)

講師 東京大学教授…山本芳久

第6回「聖書と愛(3)旧約聖書と新約聖書」。
イエスは新約聖書において、旧約聖書に由来する「隣人愛」の教えを
改めて重要な教えとして呼び起こしたうえで、
その教えに新たな解釈を加えました。
イエスが説いた新たな愛とはどのようなものだったのか、
ルカ福音書第10章のたとえ話「善きサマリア人のたとえ」を手がかりに解説します。
***************************

山本芳久先生は、哲学者と紹介されているが、
キリスト教についても、とても深く理解しておられる。
4回にわたって、旧約聖書と新約聖書から、その「愛」の教えを紐解いてくださっている。

その3回目は、良きサマリア人について。

イエスを、論戦で罠にかけようとした律法学者に対して、
聖書の一番大切な教え 「神を愛し、隣人を愛する」ということを、
良きサマリア人のたとえを用いて、話されたイエス。

「あなたも行って、そのようにしなさい」というのは、
困っている人の、「隣人になりなさい」ということ。

まさに、そうです。

それは、「敵をも愛する」につながる。

ユダヤ人が差別していた人たち、見下していた人たちは、たくさんいる。
イエス・キリストは、あえて、そのような人たちと交わり、導かれた。

ユダヤの律法の指導者や、祭司たちには、面白くなかった。
自分たちの地位、名誉、権力が、ゆるがされるかもしれない。

キリストの教えは、単純で明快。
神を愛し、すべての人(あなたの隣りにいる人)を、愛しなさい。

聖書を読んでいるだけ、知っているだけの者ではなく、
そのみ言葉を、行う者になりたいと、切望しています。

でも、弱く、妨害を打ち破る力もないことが、しばしばあります。


クリックすると元のサイズで表示します

   虹の空 (親愛なる教え子 杉浦譲治君からお借りしました)

   約束の虹、、、ノアの箱船を思います。
   素敵なお写真をいつも、ありがとうございます。
0
タグ: 歴史

2021/8/3

『能から紐解く日本史』  芸術・歴史

この本も、カルチャーラジオから、図書館で探したものです。

著者は、大倉源次郎という 能楽小鼓大蔵流十六世宗家。

なんと、この本は2021年3月31日初版。

めでたい席で謡われる「高砂」
その中に「言の葉草の露の玉。心を磨く種となりて」という言葉があるそうです。
700年近く続くこの伝統芸能から、学ぶものは多いと思います。

和歌で、「言の葉」言葉が貴ばれるのは、
聖書のヨハネによる福音書の「初めに言葉あり」に通じる。

京都太秦にある広隆寺(太秦寺)を建てた、秦河勝が猿楽を伝え
それが世阿弥の能楽に引き継がれていった。

能の衣装の柄と、ペルシャの更紗文様と似ていることなど、
探っていくと、興味深い真実が見えてきそうです。

色彩のついた写真だったら、もっと素晴らしいだろうと思います。

じっくり読んでみます。


クリックすると元のサイズで表示します


  キバナハス (「よしみが行く」さんからお借りしました)

   黄色い蓮、初めてみました。
0
タグ: 歴史

2021/7/15

氷川まりこ 伝統文化ジャーナリスト  芸術・歴史

カルチャーラジオ 芸術で、
氷川まりこさんの能楽についての講義を聞いています。

7月から始まった講義です。
好きな時間に、無料で聞ける文化講座。
これは、恩恵・恩寵のようです。

以前にも、氷川まりこさんの講座をお聞きしたような気がしますが、
とても深い知識、理解があり、
知らなかったこと、疑問に思っていたことを、
分かりやすくお話してくださる。

私の断片的な知識を、構築してくださる。
そのような講義です。

コロナ時代に入って、外出制限、ランチ制限?、などがあり
今まで交流していた人たちと、対面で会うことができにくくなりました。

でも、ネットを通して、いままで交流することのなかった
知らない人たちと、音声で、画面で、つながれる。。。。

別の次元の世界が、広がったともいえます。

本を読んで、想像する世界も、ある意味異次元ではありますが、
ラジオや、テレビ、パソコン、スマホといった、
誰でも自由につながれる環境ができた。

しかし、気を付けないと、洗脳されるかもしれない!

正しく見極める目を、持ちたいと願っています。


クリックすると元のサイズで表示します

  レインリリー 初めて見ました。 
   レインツリーを連想します。

    (「よしみが行く」さんからお借りしました)」
2
タグ: 歴史

2021/4/1

保坂正康 昭和史を語り継ぐ会  芸術・歴史

ラジオアーカイブスでの解説は、とてもわかりやすく、教えられる。
保坂正康さんは、昭和史を語り継ぐ会を主催しておられる。

宮本常一の第3回を聴いて、
民俗学は、人々の声を聴くことから始まっていることを確認した。

こちらが、真摯に向き合えば、信頼してもらえて、
その人から「美しい物語」を聴くことができる。
この美しいというのは、正直なお話という意味。

人々の中に語り伝えられていることから、文化の歴史を知る。

この聴くということについては、
最近出版された、いとうせいこう氏の『福島モノローグ』がある。
*****内容について******
「忘れたいことがある。忘れられないことがある―
―福島から語られる「いま」の声は、死者の声を響かせながら、
未来へと向かう。『想像ラジオ』の著者による、21世紀の『苦海浄土』。
********

石牟礼道子さんの『苦海浄土』も、水俣病の患者さんへの聴き語り。
あまりにも有名な本ですが、辛くて読んだことはありません。

村上春樹さんも、地下鉄サリン事件の被害者の方々と向き合い、その声に耳を傾け
60人の証言集『アンダー・グラウンド』を出した。

また、オウム真理教の信者への聞き取りもして『約束された場所で』という本もある。

この2冊は、読みました。

保坂正康さんは、先の太平洋戦争を体験した人たちに、聴いている。
その手法の基礎を、宮本常一さんの書物から学んだという。

ただ、近年、正直に話してくれなくて、作っている人もいるらしい。
それを見極める目を持ちたいともおっしゃっていた。

体験者の声を聴き、歴史の真実を探る。

地道な忍耐のいる作業である。

宮本常一の深く広い視野から確信をもって語られる言葉。
保坂正康の穏やかな語りから、多くを教えてもらいました。


クリックすると元のサイズで表示します

  千鳥ヶ淵の桜   杉浦譲治さんからお借りしました。
            ありがとうございます。
   美しい桜、春です。
0
タグ: 歴史



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ